高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

近況

高知白バイ事件、当時スクールバス運転手の片岡さんのお宅へ当日釣った魚を手土産に持って寄ってきました。
片岡さんと奥さんが笑顔で迎えてくださいました。

実は数日前に最高裁への特別抗告の付帯資料として新たな鑑定書の予備鑑定なるものを少し見せていただいたんですよね。内容の詳細は現段階では公開できませんが、興味深い記述もありながらも、その反面どうも納得できないところもある。そして片岡さんも同様の印象だとのことでした。

いやね、そもそも嘘の証拠を土台にして裁判をやっていることから間違っているんですよね。嘘の証拠を基本にしているから真実が見えるはずが無いんです。
ただね、言い方を変えれば出された現場写真は嘘じゃないと言えるのかも知れません、そこにあった現場を忠実に複写したのだから、そういう意味では確かに嘘じゃない。(それが逃げ道?)
しかし・・・・元々の現場が捏造された嘘なのだから、それを正しく模写した証拠の中身も結局は真実ではなく(嘘)という事になるんですよ。

前回の記事でも書いたように、そもそも警察の出した衝突形態では全く説明ができないんです。辻褄が合わないから一目見て違和感を感じた、だから自分も支援したいと思ったと言っても過言じゃない。もし合理的な現場痕跡であったのならば正直違ったかも知れません。

その原点を抜きにしていくら論議したところで真実は出てこないと思うのです。
鑑定士の方に「そもそもがおかしいでしょ?」と聞いたら、「そう、だから話しにならん」というニュアンスだったと思います。「じゃなぜそこを突っ込まないの?」というところなんですが、どうも庶民にはそこいらへんが計りかねるところ。

この原点であるスリップ痕の位置の間違い、これは専門家でなくともオカシイと思うもので、元運転手の片岡さんがご近所さんに「応援してください」とお願いしたところ、「まだそれで揉めゆうかよ?(現場がオカシイ=捏造だから)とっくに(裁判は片岡さん勝訴で)終わったと思いよった。」とも言われたらしい。
まぁ出された嘘の書類だけを見て判断するのじゃ真実は見えないですからね、こういう裁判自体が完全な手落ちであることは確かです。
これは実際に関わった方達や興味を持って深く調べた者でないとわからないこと。



話しは変わって・・・、日本国民救援会の新聞に片岡さんのインタビューが載ってました。
161212-52.jpg

当時の片岡さんの記憶とは裏腹に予想もしなかった展開に・・・・・
161212-53.jpg

そして今は自分の為の戦いというよりも・・・・・
161212-54.jpg

来年こそは再審やってくれんかな?一瞬で却下されたように一瞬で翻るべきなのです。
あんな幼稚な捏造がまかり通る世の中のままで黙っていられますか?


 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

科捜研の図面が語る警察の嘘

再審請求の高裁棄却理由を読んでいますが、バカげてお話にならない部分も多く辟易しています。まぁそりゃ検察側の嘘の証拠を元に判断しているのでやむを得ないと言えるのかもですが、その裁判官も意図的に片方を支持している事が窺える文章があります。
例えば「新旧全証拠をみても、警察官が路面に不自然な工作をしているのを見たという目撃者の存在はうかがわれない。」

そりゃ証拠に目撃者の存在はないでしょうね。居れば証拠ではなく証言だし、それ以前に検察側はそんな目撃者が居たとしても絶対に記述しない。だから存在がうかがわれなくて当然、二年近くもかけて証拠を読み取ってわかったことがソレ?(笑)
逆に言わせてもらえば「新旧全証拠をみても、警察官が路面に不自然な工作を一切していないのを見たという目撃者の存在はうかがわれない。」というのも成り立つ訳で、裁判官のこの文章は要するに現場で人がいる中で捏造はできないということを強調したいだけなのです。我々はそんな事を読みたいんじゃない、嘘ばかりの証拠の中に矛盾や疑問を感じてもらいたいんですよね。(そんなに難しいことではないですよ、目が曇ってなければね)

でもね、私がシロートとして思うに・・・・・
裁判の中で専門家が色々と難しい理論展開をしているんだけど、そもそもを考えると下記の事って単純かつ一番の問題じゃない?とずっと思っているのです。

2009年07月14日(Tue)掲載の「これも嘘?現場検証図面」を加筆再掲。

おなじみになったスリップ痕、これがどういう状況でついたのか?
現場検証の図面をもとに考えてみる。
20090714-51.jpg
④が衝突の瞬間、⑤が最終停止位置です。

状況を図面から読むと・・・・、
⑤よりもやや右側の位置を走行していた④のバスと右から来た「イ」の白バイが衝突、衝突の衝撃でバスは少し左に押された状態で白バイと共に⑤の位置まで行った。

だからバスのスリップ痕は少しカーブを描いているのですね。

なるほど!と騙されそうな図面ですが間違い。


衝突時のバスのタイヤはどこにあったかよく考えて見ましょう。
正解はa’と b' なんですね。バスは衝突時にa’と b' を通る円弧上のどこかにいたというのが正解です。その中で④の位置が最有力候補というわけ。

ここで物理が出てきます(常識範囲のことですが)、衝突の衝撃というのはどれぐらいの時間、相手にそのチカラを与えるのか?
この事故の場合、持続して押し続けるものとは違いますので、最大の衝撃は衝突の瞬間からわずか0.1~0.2秒のうちに終わるそうです。
では、そういう力がかかるとバスは横に押されることになります。(動くかどうかは別にして)
20090714-52.jpg
大きなピンクの矢印が白バイの推進力です。これがバスに衝突するわけですから、バスの前輪はどう動くのか?(動くとしたらという仮定)

バスが時速10kmで進んでいて、横からチカラが加わると・・・・ベクトルの合成です。
結果は「C」の方向にすべるということになります。(ベクトルの長さは適当に書いてます)
もちろんこれは衝突の瞬間から0.1~0.2秒の間だけの話です。

その後、白バイはバスと絡まりあって(県警発表)バスの進行方向に約3m進んで停止しているということです。
バスは衝突からブレーキを踏みタイヤがロックするまでに2m近く進んでいます。
そして1~1.2mのブレーキ痕をつけて停止。

図面をタイヤとスリップ痕が見えやすいようにしてみます。
20090714-53.jpg
もう細かな説明は不要かと思いますが、ピンクがバスのブレーキ痕、黒い矢印が本来なら横に押されてスリップするであろう方向、そして横にすべるなら赤○あたりにその痕跡がつくところです。

言い換えれば・・・・・・ 
赤〇地点以外にバスが押されて斜めにすべる要素はない


この図面を説明すると、バスは時速10kmで衝突してからまっすぐ(あるいは微妙に右向きに)進み、2m近く空走して(0.7秒後)から、白バイの衝突の衝撃に耐え切れず左に寄りながら1~1.2mのブレーキ痕をつけて停止したということになります。しかも最後は左に寄ることをやめてスリップをしながら直進状態に戻っている。

どう考えても辻褄が合いません。物理をまったく知らないのか?

この図面の落とし穴は「④のバスが走りながら衝突しブレーキをかけると、いかにも⑤の位置に向かってブレーキ痕がつきそうに見える」という錯覚です。いかにも④のバスの先頭位置にタイヤがありそうに思えてしまうのです。

バスの先頭にタイヤがあればこの話もありえますが。
バスのタイヤは先頭から1.7mぐらい後ろにあるんですよね。もしスリップ痕の位置で横滑りさせたいならバスの速度は計算上では時速70kmぐらいになりますな(笑)

まんまと図面を作りながら作者が錯覚したというお粗末な現場検証図面。
これを見て(見たかどうかもわからんが)違和感・疑問を感じなかった裁判官も・・・(呆)



 
国倍訴訟では、スリップ痕の偽装を具体的に説明せよと問題を突きつけた警察側ですが、このトンチンカンな図面の不合理だけで充分でしょうよ。

衝突が起こる、横からのGは一瞬(バスが押されて横方向に滑って路上痕跡ができるならその瞬間)である、しかしバスが滑り始めたのは2m近くも前に進んでから・・・・それはあり得ない

それはあり得ない、だから図面は間違っている。
図面は現場痕跡を元に書いたもの、

ならば現場に手が加えられている。 



ホントに 
それだけで根本的に警察の嘘が露呈してるんですが・・・。


是非とも原点に戻ってひとつひとつを精査してはいかがでしょう?

最高裁IPからの訪問もあるこのBlog、きちんと理解してもらいたいものです。
そして真実から目を背けないでほしい、犯罪者組織の片棒を担いだままでいいの?

 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

 

PageTop

最高裁に「特別抗告提出」

やはり・・・・というのは不謹慎なのかも知れませんが「高裁は棄却」
裁判所はどうしても関わりたくないというのがアリアリですが、元バス運転手さんは即刻
   「最高裁に特別抗告をお願いします!」  と声を発したとか。

そう、簡単にあきらめてたまるか!   です。

私も・・・・
高裁の棄却理由・・・・読ませていただきました。
特別抗告の文書・・・・読ませていただきました。
161024-51.jpg

また新たな戦いが始まります。

とにかく高裁の却下理由がハチャメチャでしたね。抗告の理由書きでもしっかりと突っ込んでおられますが、専門家の判定をシロートが理由も説明できないままに否定却下するという訳のわからんことを平気でやってます。そりゃ納得できんのが普通でしょう。

いかにこの事件に関わりたくないのかがわかりますけど、こんなんじゃますます裁判所への信頼感は無くなっていくばかりですね。
 
高裁の文書でも「衆人環視の中で(スリップ痕の)捏造はできない」というところを強調していますが、それに合理的な説明はありません。

冷静に考えればブレーキ痕があるとされたのは前輪のみ、後輪にない理由は示されていません。通常の場合は(実験した結果の通り)前輪よりも後輪に長くつくのが普通なんです。それが後輪にはスリップ痕が全くない・・・・それはなぜ?となるのが普通なんですが、ずっとその件には触れられていません。

・・・・というか
警察・裁判所にとっては触れられたくない部分なんですよね。

なんで?  そのヒントは衆人環視・・・・まさにそれなんです。


「衆人環視」・・・・これは事実です。 周囲に野次馬がいたことは確かです。

だからこそ! 

歩道(野次馬)に近くて丸見えの後輪位置付近で「ダブルタイヤのスリップ痕4本も並行に描くことができなかった」んですよ。

事故現場を見て誰もが重要だと最も注目するのはバスと白バイが衝突しているあたりですよね。だから白バイの横にあたる前輪の付近で警察官が多数で取り囲んで何かしていても、あぁ現場検証しているなぁぐらいにしか見えません。地面に何かしていてもマーキングだなとか自然に見えますが、一見まったく無関係とも思えるバスの後輪の後ろでたくさんの警察官がバリケードを作って取り囲んで何かしていたら「こいつら何やってるんだろ?」となりますからね。
笑えることに前輪が1.2mなら後輪はおそらく2mぐらい必要になったでしょうね。
そりゃ書けないです(笑)
しかもテレビや新聞写真などで見るに、もともと2m以上断続して描かれていたのという画像なんですから、あれが1.2m(赤の範囲)に縮められた理由も明らかにされていません。
20091201-51.jpg
青部分もスリップ痕にするとバスは発車から6.5mで時速40kmになるから(笑)
ABSブレーキを演出したがやり過ぎ、ホント田舎県警の浅はかさだね。

裁判官も「衆人環視の中で捏造はできない(後輪に関しては)」と言いたかった?
でも後輪の事は触れたら左遷だし・・・・



さて今後ですが、高裁の却下文、特別抗告の内容など、許可があれば順次掲載をしたいと思います。(勝手に載せる訳にはいきませんのであしからず御了承ください。)

ホント、わかりきった幼稚な捏造組織犯罪を相手に裁判という形でやらないと真実が認められないという・・・・実に面倒な仕組みですね。




  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

再審請求の声は届かず(高松高裁)

「高知白バイ事件」高裁には少しは期待もしていましたが結果は「棄却」(10/18付)

高知白バイ事件の流れを追ってくださっているKSB瀬戸内海放送の特集動画の
最新版がYouTubeへUPされています。



棄却文書を読みましたが、関係者の許可が出れば今後掲載したいと思っています。
内容は今までと同様、例えば目撃した隊員証言ではこうであったとか(だからそれが嘘やっちゅうねん)、スリップ痕はバスのものである(バスのタイヤ幅より大幅に狭いの説明できんやろ)、などなど沢山ありますが、そもそも裁判官が判断する警察の材料自体が偽物だと訴えているのですが、それが偽物でないという検証をしようとしないまま、被告側の提出した材料のほうにケチをつけるだけで、結局今までと全然変わりないんですよね。

つい最近のこと、USJが日本人形のお化け屋敷について、世間から「法的には問題ないとしても社会常識として問題がある」と叩かれています。
ところが高知白バイ事件では、その真逆で「社会常識的にあり得ない現象でも司法がそうだと言えばそう決定する」わけで、そういうケースでは社会常識とかけ離れた結果を招くこともあるでしょう。だから一般社会人としては納得ができないということになるのです。
しかしながら法廷は社会常識ではなく物的証拠で判断をする訳で、そこに社会の慣例や常識と言われるものを挟む余地が無くなる。確かに感情に左右されないという意味で公平になり正解かのように見えるのだが、裁判官により物的証拠、証言、社会常識、感情を都合よく使いまわされてないか?と思うのです。
高知白バイ事件の再審請求審の内容を見るに、裁判官の感情が思い切り持ち込まれてるとしか思えない場面が多すぎ、実際に双方の出した証拠の扱い方だけでも裁判官の偏見が顕著に表れているのである。
正しい物と正しくない物の取捨選択の理由が手落ちで、社会常識では通用しない矛盾が多くあるのだが、立場上その説明責任を問われることがない組織システムゆえ、誰もそれが非常識でそして誤りであってもそこで阻止できないのである。そういうケースも鑑み?カタチ上では再審の請求権があるのだが、御覧の通り結果は同じなのです。そりゃ同じ組織の同じ考え方しかない相手に何度チャレンジしても結果が同じなのは想像できますけどね。だから難しいというのも頷けます。

裁判官は感情に左右され結論(判決)を出してはいけない。しかしながらその審議の場ではもっと当事者という人間の目線にも添った見方ができないものだろうか?と思いますね。ただ書類だけを見て答えを出すのに1年も2年も待たせる時間を費やすなら、請求者が求める実験をやったところで何日もかからない。そしてその実験の結果、請求者の言い分が誤っていたと出たのならさっさとそれを理由に却下すればいいのである。そっちのほうが請求者も納得できて話は早いだろうと思う。無駄に時間=税金を費やすよりは、そういうことに税金を使ってもらうほうがマシなのですけどね。

まぁ私が支離滅裂なことをボヤいても何も変わらないわけでして・・・・
今回の却下をうけて、元バスの運転手さんのBlogには、このように書かれています。
     ブログはこちら: 雑草魂2

(10/20の記事より)
  再審請求で事故の事実を明らかにしたい、
  無実を訴えているのでは無い、
  事故の真相を明らかにする為である。

  ここまでくれば、最高裁に特別抗告に持って行きます。
 (以上主旨を引用)

私もできる限り、このBlog等で応援をさせていただきたいと思います。


KSB瀬戸内海放送のホームページでは、シリーズ1回目から33回目までの動画も下記URLから御覧いただけます。

    KSB瀬戸内海放送      シリーズ(高知白バイ衝突死)



  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

やっと高松高裁に動きが?(再審請求)

この話を今書いていいのかどうかわかりませんが、すでにTwitterやBlogに書かれている方がいることから書かせていただきますと・・・・

高知白バイ事件の再審請求に対して、今週うちに
高松高裁から何らかの通知が来るらしい。

どういう結果なのか通知なのか来てみないとわかりませんが注目したいと思います。

まだ高知白バイ事件の流れを御存知ない方は瀬戸内海放送の特集動画を
是非とも御覧ください。

    KSB瀬戸内海放送      シリーズ(高知白バイ衝突死)


またYoutubeでも2編に集約された流れを御覧いただけます。







(以下、自分個人の雑感です)
今に始まったことでもないのですがネット情報を見ていると議論白熱、そして終いには個人の人格攻撃になり、そもそもの論旨を外れていくケースも多く見られます。
自分も胸に手をあててみれば他の方をどうのこうの言える立場でもないのですが、そういう場合に遭遇したら冷静にならなくてはと思うのでそういう議論は避けています。
自分はそもそも議論するなら実際に目の前で対峙しないと本当の議論はできないと考えるタイプで匿名のネットでの無責任なやり取りは嫌いです。だからネット上などで白熱しそうだなと思った時点で避けているのですが、それでもそれは反論できないからだとか勝ち誇る勘違いしている方もおられるようで、またそれがネット上では正しいかのように見られ、また誤解を拡張しているケースも多々あるかと思います。

反面ネット上では収集能力をフルに発揮し現場写真などを綺麗に整理されているのも見たりして感心することも多く、凄い方がおられるんだなと感心することも。
そういう方々もそれぞれ事件の真実に対しての思いが違っていても普通なので、情報の方向が偏ることも仕方ないかなとも思いますが、それにより動かされる方もいるので情報発信は本当に難しいものだと改めて思います。

私は高知白バイ事件は「冤罪」ではなく「警察組織犯罪」だと確信しています。
元バス運転手の方やご家族、当時の生徒など学校関係者、そして亡くなられた白バイ隊員とその御家族関係者などなど・・・・警察組織の威信の為に巻き込まれた犠牲者だと考えます。

事故そのものは本当に単純なものでした。
死者が出たのは非常に残念な事でしたが、事故の目撃者も複数いたことから普通に検証され普通に処理され終わるはずでした。
ところが・・・・一方の方が勤務されている所が警察組織であったことから事故は水面下で妙な方向に動き始めていました。

事故から数カ月後、運転免許の行政処分通知が元バス運転手に届きました。元バス運転手は相手が亡くなっていたことから、追悼の気持ちもあり、運転そのものに過失は無かった(仮に問われても少なかった)と思いながらもその処分を受け入れました。

ところがそれで手ごたえを感じた組織は裏で動き始めました。その時に行政処分に対して不服を申し立てていたら今とは状況は変わっていたのかも知れません。

事故から8か月後、元運転手は検察庁に呼ばれました。そしてあのスリップ痕を初めて見せられたところから事故は事件へと変わって行ったのです。

事故から8カ月後まで見たこともないスリップ痕、それまでTVや新聞も写真やビデオを当日にたくさん撮っていたのにスリップ痕に関しては一切何も報道していなかったのです。普通なら真っ先に「現場に生々しいスリップ痕」のある写真をド~ンと載せるでしょう。

そして裁判へ・・・・・バスの後ろで状況をみていた校長先生の証言は却下、その他一般の方の証言も却下、生徒さんで証言をしてくれるという子も居たのですが出番なし。
未だに生徒さんの証言が「バスが動いていた」となっているという情報が駆け巡っていますね。発言の声が大きい方が正しいかのように見える、それが過ちであっても。
ハッキリと「バスは止まっていた」という生徒さんの発言もあるんですよ。遠くから来る白バイをカッコイイなぁとずっと見ていた生徒さんもいるのです。
警察の調書で生徒さんがバスが止まっていたのかどうか聞かれていた内容がありましたがホント誘導的な質問でした。ところが生徒さんはキッパリ否定しました。それが警察側に不利な証言であったことから裁判での証言としては採用されなかった。その生徒さんは「正しいことが伝わらない」と悔しそうに言っていましたね。

唯一採用された証言は対向車線を走って来て目撃したという別の白バイ隊員1人の証言でした。第三者というだけで信憑性があるとは言えないと、元バス運転手側の複数の証言者の証言をすべて却下した裁判官は身内である白バイ隊員の証言をすんなり採用しました。

その目撃したという白バイ隊員の証言には矛盾があります。その矛盾については過去の記事で私が書いてますが、ホント裁判官って何?と思った瞬間でした。

  過去記事:警察官は目撃していない

                              (今回はここまで)


  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop