高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真実の目撃者がいた!

「事故の瞬間を目撃した人もいるんですよ。 その人はバスの反対側から事故の瞬間を目撃しているんですよ!」

ついに記事になりましたね。この話を初めて聞いたら驚くのも当然でしょう。私も初めて知った時は驚きました。じゃあなぜ?裁判で証人として呼ばなかった?・・・・これも当たり前の疑問です。ひとつの理由は支援者さんのBlog記事を読んでいただければなるほどと思うでしょう。

しかし最大の理由は・・・・・・こうだったはず。  (いや、考えもしてなかったはず)

「まさか警察が嘘をついたり、事故形態を曲げるはずがない。」
だから検証は警察に任せておけば良いし、幸い生徒さん達は怪我をせずに済んだ。しかしながら不幸にしてお亡くなりになった当事者御遺族の悲痛さを考えれば、少しでも多く御遺族へ事故保険金が支払われるのならば、少々悪者にされて自分への行政処分である運転免許失効(剥奪)が来ても甘んじて受けよう・・・と。

私も正直いって最初は、本当なのだろうか?と疑いました。確かに公僕の不祥事なども見聞きするけど、まさか自分の身にこんなことが起きるなどとは思っていない。
しかもあり得ないことを造りだされるなんて。・・・・よくインタビューでも片岡さんは「造られた事故形態である」との発言をされていましたが、正にその通りだったわけです。

Aさんの見たもの、それを聞いたとしてもあの腐った裁判官は「それは物証ではなく証言であって虚偽という事もありえて証拠能力としては・・・」などと言うのでしょうね。いやそれ以前に今までの裁判同様に話を聞こうともしないでしょうね。もし聞いて認めれば警察・検察・裁判所すべてが嘘をついていたことがバレるわけですから。 今後も絶対に認めようとはしないでしょう。

081117-1.jpg

裁判・警察さておき一番重要な事実は 「まさに事故の瞬間の目撃者がいた」 ということ。

すなわち、この事故の真実は被告の主張通りの形態であり「止まっていたバスに白バイが突っ込んできた」、しかし県警は嘘をでっちあげ、それに検察も裁判所も加担して一県民を冤罪で刑務所へ送ったという警察の確信的犯罪による冤罪事件にほかなならないのです。


おぞましき真実!

-----------------------------------------------------------------------
被告からその話を聞いた(高知新聞)管理職は尋ねた。 「本当ですか。 誰ですか?」

ほほう・・・・その話を聞いて、何か変わりましたかね?何ら変わるどころか県警の腰巾着、金魚の糞のままなんですよね?県外の報道機関は特集まで組んでいるというのに(呆)
だからあんたらも同じ穴の狢だというのですよ、恥を知ったほうがいいですよ。

私が県警をはじめ「腐った組織だ!」と断言しているのは誹謗中傷ではなく「事実」だから。

たとえ形式は裁判に勝ったとはいえ後悔の念に潰されそうになりながら定年退職し、無実で刑務所に送られた方が支払った血税も含まれた退職金と恩給で細々と老後の生活をするんでしょうね。きっと楽しいでしょうね・・・・・。あぁ、みじめな後姿が目に浮かぶ。。。

最後に男を見せる気力はないのか?お前ら土佐人か?本当に土佐の男か?

フン・・・そんな度胸もないか。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

gj

いいエントリーですね。
この第三者の方は雑草魂にも登場しています。
しかし裁判では微塵もその姿は出さないで今を迎えました。
私は使いたかった派なんですが、すでに高裁は終わっていたので、再審の為に隠してきたのかも知れませんね。

ただこの証言の重要な所は隠して来たという事の他に
その証言が非常に詳細でなおかつリアルである事や、事故状況が片岡や生徒の発した物と一致していた事が伺えました。
この人もまた数多いw現場に居合わせた人の中の一人に間違いがないんです。

そしてそれは支援者にまた一つこの事故は私達の考える事故形態に間違いが無いことを証明する物でした。
この方の証言を聞いて帰ってきた片岡さんの様子は確信を持った、そうちょっと前の記事の検察に入る直前の自信に満ちたような顔でした。
「やはり俺は間違っていない」
裁判で負けようとも、刑を受けようとも。
絶対に変わらぬ私達や片岡から見る真実です。

niyodojin | URL | 2008年11月17日(Mon)19:51 [EDIT]


常に考えれぬ悪い方へ

こちらが3と思うが5でも良いと思えば10でくる。
こちらが10と思うが20でも良いと思えば30でくる。

片岡さんは、本当に極悪人を相手にしているんですね。

世界の白バイグミ | URL | 2008年11月17日(Mon)20:30 [EDIT]


津野修悪奉行に、この証人がいることを、出しても、もみ消される可能性があった。
裁判に五万人の物言いがついたのに、裁判もしない。
大相撲は八百長問題でもめているけど、一人の検査役が物言いをつけたら、とりあえずは協議だ。そして、その結果もマイクで説明する。
大相撲以下の最低裁判所だ。

mx | URL | 2008年11月17日(Mon)21:10 [EDIT]


ポチの告白 - これまでに閲覧した検索結果は4 件 - 20:05トピックこの映画『ポチの告白』は、昨今多発する日本の警察犯罪事件の数々の実例をモデルに、良識ある巡査が警察の犯罪機構に巻き込まれながら悪徳に染まり、やがて自滅するまでを描いた、社会派エンターテインメント大作である。 ...
http://www.grandcafepictures.com/pochi/

mx | URL | 2008年11月17日(Mon)21:13 [EDIT]


niyodojin 様
こういう事実があるからこそ、片岡さんや支援者の皆様が自信を持ってきたんですよね。
遅ればせながら私もそれを聞かせていただいてから、確信を持って腐った権力を断罪することができているのです。
批判も多くありましたね。その方々はこれらの話を御存じないから仕方ないこともありますが、非常に残念でたまりませんでした。
 
片岡さんは濡れ衣であっても刑に服しているわけで、刑期を終えれば何ら言われることなく何かを待つこともなく、真実を明らかにすることに向けて活動ができるようになります。
ずっとずっと応援しますよ。
 

kochiudon | URL | 2008年11月17日(Mon)22:06 [EDIT]


世界の白バイグミ 様
いつもコメントありがとうございます。
未だに警察が嘘をつくはずがないと思い込んでいる方も多くいることでしょう。しかしその実態は我が身に降りかかれば即座にわかるでしょうが、そんなことになってはいけないのは当たり前のこと。
今、私たちのしている応援は片岡さんだけの為じゃなく、私達の為でもあり、また私達の活動をいま軽蔑している人達の為でもあるんですよね。
 

kochiudon | URL | 2008年11月17日(Mon)22:12 [EDIT]


mx 様
確かにAさんにお願いして地裁で証人になってもらっていても無駄だったのかも知れません。
そもそもこの裁判は起訴の時点から片岡さんだけを有罪にしようと仕組まれていたのですからね。
一見この裁判、弁護側は作戦失敗だったかに見えますし、片岡さんは刑務所に入れられてしまったのですが、見かたを変えれば証人として出さなかったことが今後のことを考えると案外わるくなかったのかも知れません。(ご家族の方、無神経な発言に聞こえたらすみません。謹んでお詫びいたします)

案外、映画も今後はまさにこの事件をそのまま描いたようなものが出てくるかも・・・
 

kochiudon | URL | 2008年11月17日(Mon)22:25 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年11月18日(Tue)23:20 [EDIT]


内緒のコメント様
こちらこそ本当にありがとうございました。
なるほどなるほど、複雑かつ重要な内容も含め大変
よくわかりました。これからも宜しくお願い致します。
 

kochiudon | URL | 2008年11月19日(Wed)11:26 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高知新聞 「証言を黙殺」。とうとうやってしまった。

高知新聞がやってしまったようだ。 最後の高知新聞取材 その2  取材に来た「管理職」が驚いたことがある。その話しを聞いたとき私も驚いた。  「事故の瞬間を目撃した人もいるんですよ。 その人はバスの反対側から事故の瞬間を目撃しているんですよ!」  そ...

高知県警の冤罪か - 白バイとスクールバス事故 - 坂本竜馬の土佐の高知で 2008年11月18日(Tue) 00:40


片多康さんへ「無罪発見」こそ裁判員の使命 甲山事件元被告・山田悦子さん MSN産経ニュース 2008.11.20

片多 康さんへ。 【裁判員制度】(5)「無罪発見」こそ裁判員の使命 甲山事件元被告・山田悦子さん(57) (1/3ページ) 人を裁くということは、人の生死を決めること。そして裁判員の使命は「無罪発見」にあるということを忘れないでほしい。刑事裁判の鉄則は「無辜

高知県警の冤罪か - 白バイとスクールバス事故 - 坂本竜馬の土佐の高知で 2008年11月20日(Thu) 23:19


影、新たな疑問 スリップ痕の影から時間差を考える 高知県警のお仕事

http://enzaix.jugem.jp/?eid=128 焼肉店の大きな看板の影にはいったためです。太陽光は少し黄色見があり、日陰は空の青さに引っ張られるからです。 http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/41491317.html スリップ痕A:半分青い写真 http://blogs.yahoo.co.jp/li...

高知県警の冤罪か - 白バイとスクールバス事故 - 坂本竜馬の土佐の高知で 2008年11月23日(Sun) 20:53


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。