高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中央分離帯の死角:質問がありました。

先日の記事のコメント欄より「中央分離帯の死角」について意見をという御要望を藤島利久様よりいただきましたので、失礼して私なりの意見を書かせていただきます。
また説明参照の為に上空からの画像を引用使用させていただきます。
081019-2.jpg
               (ご質問の引用は青字。)
「中央分離帯の死角」で、赤い楕円形の位置に白バイがいれば、バスからは見えません。更には、バスが中央まで出て止まっている位置にいれば、白バイからは完全に死角になります。

おっしゃる通りでAマークをつけました以南(画面下)は死角になります。
(この死角については検察主張の衝突形態とは全く無関係なので、被告主張のバスがセンターライン手前で停止していた場合という前提で考えます。)
このA地点は私が実走してみて交差点より約145mあります。この先からバスの出てきた地点が見えるようになりました。またB地点から中央分離帯の植え込みが低く刈られています。
これが2006.03当時には刈られてなかったのかも知れません。・・・・というのは対向の白バイ隊員が地裁での証言で植え込みの間からチラチラ見えるヘッドライトで速度を時速60kmだと視認したとの証言があるからです。また右車線からの視界は98mだっというのも当時は植え込みの背が高かったということを裏付けることにもなりますが、その真偽はわかりません。いつ刈ったのかは土木事務所?に聞けばわかるのかな?これがもし当時も低く刈られていたのなら白バイ隊員の証言は嘘になります。

100Km出していた白バイは、バスの後部を視認して、瞬時にバスの左側車線(レストラン側)をすり抜けようとした可能性が高い(白バイ視点からすれば自然とそうなる)。その時、随行車(校長車)の先端が見えたので、バスの後方が塞がると見て、慌てて右にハンドルを切り、制動を失って突っ込んだ。
・・・と、今のところ考えています。


私の推測は少し違っていまして、A地点から時速100kmの場合5秒ちょっとでバスの位置に到達します。
この間、いくらなんでもずっと余所見をしていたとは考えにくいですね。この点は一致すると思います。では仮にバスとの間に他の車両が全くいない場合、速度を落とさずにバスの後方(前方でも同じ)を抜けようと考えるでしょうか?バスの向こうがどうなっているかわからない状況では、正常な者であれば必ず減速をすると思います。それ以外のケースなら急な体調の変化(例:脳出血など)による意識の障害(意識喪失など)があったということも考えられないわけではないと思います。

で、回りくどくなりましたが、先日にも記事に書いているのですが、見通し100m以上の場所で止まっているバスに激突する可能性のひとつとして・・・白バイの視界を妨げる他車の存在があったというのが今の私としては最有力な推測です。
一見無茶な追い越しですが、走行会で受賞するほど腕に自信があり、かなり攻めた走りを日頃からされてると評判の高(低?)かった隊員さんということもあり、有り得ないことではないなと考えています。

それと以前に思っていたのは、走行している他車がなく白バイの速度は140km/hぐらいは出ていた(日頃地元の住民が見ていた速度)として、対向車線の同僚白バイや気になる車両を見るため振り返ったことで前を見ない一瞬ができた。この場合145mを3.7秒で走りますから、1秒余所見すれば致命的になります。1秒のロスと制動への反応時間0.5秒を引くと2.2秒で140km/hから減速し停止or回避しなければならなくなります。そうなると右車線を走行していた場合、バスの前部3mほどしかない右(バスの前方)に避けようとするでしょう。(左(バス後方)はバスの長さ6m+校長の車でほとんど壁に見える)
ただこれは何の証拠もない単なる憶測によるものです。

長々と書き失礼しましたが、私の意見はこんな感じです。
 
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

事故現場走行実験 白バイの視点
http://jp.youtube.com/watch?v=oej7yoB35Rc


mx | URL | 2008年10月20日(Mon)08:26 [EDIT]


mx様  YOU TUBE リンクありがとうございます。

kochiudon | URL | 2008年10月20日(Mon)10:11 [EDIT]


御礼と使用許可願い

kochiudonさん、リクエストにお応えくださり感謝します。

私もこれから、現場にもう一度行ってきます。県警職員を告発した事件での「証拠固め」です。反対車線を走ってきた「別の白バイ隊員」の視点で撮影をしたいと思います。夜にまた、書き込みます。

それから、貴方が掲載している資料について、私に使用許可を下さいますよう、お願い申し上げます。なお、使用する際は、全て「支援者からの提供」とさせて戴きたいと思っています。

藤島利久 | URL | 2008年10月20日(Mon)13:25 [EDIT]


藤島利久 様
こちらこそありがとうございます。
私の記事につきましては、片岡さんを支援する目的をもって
良識の範囲内で引用していただくことは何ら問題ありません。
ただし内容の信憑性等につきましては、事実に基づいて慎重に検討し
書いているつもりですが、あくまで個人的な見解であることを御承知おき
ください。

また藤島様以外の方が引用しても同様ですが、当方の記事の引用が起因と思われる
苦情や弊害等があっても当方はその責を負いかねます。

 

kochiudon | URL | 2008年10月20日(Mon)13:37 [EDIT]


昨日の報告など

昨日は帰りが遅かったので、スイマセン。

>B地点から中央分離帯の植え込みが低く刈られています。
これが2006.03当時には刈られてなかったのかも知れません。・・・・というのは対向の白バイ隊員が地裁での証言で植え込みの間からチラチラ見えるヘッドライトで速度を時速60kmだと視認したとの証言があるからです。
また右車線からの視界は98mだっというのも当時は植え込みの背が高かったということを裏付けることにもなりますが、その真偽はわかりません。いつ刈ったのかは土木事務所?に聞けばわかるのかな?これがもし当時も低く刈られていたのなら白バイ隊員の証言は嘘になります。<

この部分大事ですね。国土交通省の出先で確かめます。

昨日現場で、南北両方の走行映像を撮ってきました。証言白バイ警官の「視界」が狭いことに驚きました。何かを証言できる要素はありません。この点を加えて、貴検証も加味し、「県警と徹底抗戦」の記事をジャンジャン書きたいと思います。どうもありがとうございました。今後ともヨロシクお願いします。

藤島利久 | URL | 2008年10月21日(Tue)08:31 [EDIT]


藤島利久 様
お疲れ様でした。北からの走行(目撃白バイの視線)は意外と視野が狭いと
私も感じております。
果たして立木や植え込みその他視線を奪われる邪魔な要素が多い中で、
白バイとバスだけを特定できるか?といえば大きな疑問が残るところです。
事前なにも知らず、たまたま見て確実に判別ができるか?といえばNo!でしょうね。
 

kochiudon | URL | 2008年10月21日(Tue)09:14 [EDIT]


今、ビデオを整理しています。

いろいろありがとうございました。今晩、ココ↓に途中報告を書きます。明日にでも見ておいて下さい。
http://www.news.janjan.jp/living/0810/0810179612/1.php

藤島利久 | URL | 2008年10月21日(Tue)18:15 [EDIT]


藤島利久 様
ありがとうございます、承知しました。

kochiudon | URL | 2008年10月22日(Wed)08:57 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高知県警よ 「追突事故 基本は追突側の過失が100%となるが」 ウィキペディア(Wikipedia) 100/10

自動車と自動車の場合 ・信号機のない交差点 優先道路側、または道路幅の広い道路を走行している自動車に過失割合が減算される要素となる。 見通しの悪い交差点では、左方優先が原則となる。 ・センターラインオーバー 直線道路でのセンターラインオーバーは、オ...

高知県警、犯罪を犯しているかも - 白バイとスクールバス事故 2008年10月23日(Thu) 00:38


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。