高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

県警への質問状の回答期限

先日、被告が県警に送った質問状の記事を書きましたが、支援者さんのBlogにて詳細な文面が開示されました。
その文面には、回答の期限も書かれていました。
img_1072840copy.jpg
え?きょう?正確には昨日じゃないですか。またもや無視ですか?

この質問状は、言い換えれば「一県民が県警に質問をした」ということです。

そうすると県警は明確な回答をするべきでしょう。 (内容は別としても)

県民の声を聞き、真摯に答えるのが地方公務員たる公僕の義務でもあるわけです。

■少なくとも捜査中だから答えられないという手はもう使えません。
■期日までに答えられない場合はその理由を伝えるべきです。
■無視するのは公僕が県民をないがしろにしているということです。

 
さてどうする?

県民を守るべき使命を帯びたその県警の、県民に対する態度がまさに今、問われています。

県警からも新聞社からも熱心に当Blogへも訪問してくれてますから、何が問題なのかはおわかりでしょう?
事実誤認があって、事件は間違いであったと起訴を取り下げる?(その手はあるのか?


*質問状の全文は、高知白バイ事故=冤罪事件確定中 でお読みください。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する