高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

近況

高知白バイ事件、当時スクールバス運転手の片岡さんのお宅へ当日釣った魚を手土産に持って寄ってきました。
片岡さんと奥さんが笑顔で迎えてくださいました。

実は数日前に最高裁への特別抗告の付帯資料として新たな鑑定書の予備鑑定なるものを少し見せていただいたんですよね。内容の詳細は現段階では公開できませんが、興味深い記述もありながらも、その反面どうも納得できないところもある。そして片岡さんも同様の印象だとのことでした。

いやね、そもそも嘘の証拠を土台にして裁判をやっていることから間違っているんですよね。嘘の証拠を基本にしているから真実が見えるはずが無いんです。
ただね、言い方を変えれば出された現場写真は嘘じゃないと言えるのかも知れません、そこにあった現場を忠実に複写したのだから、そういう意味では確かに嘘じゃない。(それが逃げ道?)
しかし・・・・元々の現場が捏造された嘘なのだから、それを正しく模写した証拠の中身も結局は真実ではなく(嘘)という事になるんですよ。

前回の記事でも書いたように、そもそも警察の出した衝突形態では全く説明ができないんです。辻褄が合わないから一目見て違和感を感じた、だから自分も支援したいと思ったと言っても過言じゃない。もし合理的な現場痕跡であったのならば正直違ったかも知れません。

その原点を抜きにしていくら論議したところで真実は出てこないと思うのです。
鑑定士の方に「そもそもがおかしいでしょ?」と聞いたら、「そう、だから話しにならん」というニュアンスだったと思います。「じゃなぜそこを突っ込まないの?」というところなんですが、どうも庶民にはそこいらへんが計りかねるところ。

この原点であるスリップ痕の位置の間違い、これは専門家でなくともオカシイと思うもので、元運転手の片岡さんがご近所さんに「応援してください」とお願いしたところ、「まだそれで揉めゆうかよ?(現場がオカシイ=捏造だから)とっくに(裁判は片岡さん勝訴で)終わったと思いよった。」とも言われたらしい。
まぁ出された嘘の書類だけを見て判断するのじゃ真実は見えないですからね、こういう裁判自体が完全な手落ちであることは確かです。
これは実際に関わった方達や興味を持って深く調べた者でないとわからないこと。



話しは変わって・・・、日本国民救援会の新聞に片岡さんのインタビューが載ってました。
161212-52.jpg

当時の片岡さんの記憶とは裏腹に予想もしなかった展開に・・・・・
161212-53.jpg

そして今は自分の為の戦いというよりも・・・・・
161212-54.jpg

来年こそは再審やってくれんかな?一瞬で却下されたように一瞬で翻るべきなのです。
あんな幼稚な捏造がまかり通る世の中のままで黙っていられますか?


 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先日は御馳走様でした。
皆で鯛の刺身、のどぐろの水炊き、美味を堪能することが出来ました、「たたかい人」掲載して頂き感謝申し上げます。
今後もご指導よろしくお願いします。

片岡晴彦 | URL | 2016年12月22日(Thu)16:54 [EDIT]


先日は突然失礼しました。
少なかったでしょうが楽しんでいただけたなら幸いです。
長い戦いが続きますが正しい立場ゆえ信念を持って訴えて
いきたいですね。
ただ・・・訴える相手もいい加減に犯罪者に加担せず正しく
なってもらわないと・・・

udon | URL | 2016年12月24日(Sat)20:43 [EDIT]