高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

”無実の人は、無罪に”運動

去る3月23日(水)13:30~14:30
高知市帯屋町グリンロードにて、日本国民救援会高知本部の支援者の方々と共に「高知白バイ事件再審開始を求める」署名、チラシ配布を行なったそうです。

チラシと言えば、当時スクールバスに乗っていた生徒達がこんなチラシを作って配布していましたね。
(以下赤文字は当時の内容を引用し文字の大きさを加工しています)

高知県の皆さんへ

2006年3月3日、当時中学3年だった私達は、スクールバスで遠足に行ったさなか、春野町で事故に遭いました。その事故は、私達が乗ったバスと白バイが衝突するという事故です。白バイに乗っていた機動隊員の方は亡くなりました。

その後、バスの運転手さんは業務上過失致死罪の容疑で起訴されました。しかし、警察側の主張する事故の形態は、私達が体感したものとは大分異なるものでした。警察側は動いているバスに白バイがぶつかり、バスが急ブレーキをかけ停止したとしていますが、実際にバスに乗っていた私達は、事故当時、急ブレーキなど体感していません。

しかし、今年6月の高知地裁の判決は有罪判決でした。警察側がブレーキ痕の写真を証拠として提出したのです。ただ、その証拠写真を運転手が見せられたのは、事故から8ヶ月も経った後の取調べの時でした。また、実況見分の際に運転手本人にブレーキ痕を確認させなかった事、支援者の協力により行った、バスを使った走行実験では、そのようなブレーキ痕がつかなかった事などから、証拠写真が捏造である可能性は十分考えられます。このことは瀬戸内海放送で放映されました。

そして、10月5日の高松高裁でおこなわれた控訴審では、弁護側が新たな証人や証拠の提出を申請したにもかかわらず、「地裁で十分に審理済み」と却下されました。

こんなことでは、高等裁判所の存在意義すらわからなくなってしまいます。

今回この事故に関して、警察にしても、裁判所にしてもおかしな点がたくさんあります。今後このようなことが起こらないためにも、きちんと事実を明らかにして、この事実を多くの人に知っていただく必要があると思います。

そして、私達は真実はどこにあるのかということを、しっかりと見つめていかなくてはならないと考えています。

                         仁淀中学校卒業生一同  2007年10月20日


裁判の経緯など大人に聞いて書き、先生がアドバイスした部分もあるでしょうが、彼らが急ブレーキを体感していないというところは譲れない事実でしょう。
なぜなら、あのスリップ痕とされた長い痕跡がつくぐらいの急ブレーキがかかれば、寝ていても目が覚めるし起きていても怪我をしてもおかしくない程の急制動なのです。
大型バスなら路外から道路中央付近へフル加速で発進し急ブレーキをかけないと、あの長さの痕跡を付けるのは困難ですし、それ以前にその速度になれば急ブレーキ時にはABSが作動するので、タイヤロックは一瞬でそしてABSにより断続的となり、あの絵のようなべったりと長い痕跡は付かないんですよね。
そして最後の停止地点だけは黒さが増したとしても、証拠写真のように横にズレるはずもない(相当お絵かきがヘタ(苦笑))

そんな稚拙なニセモノの証拠ニセ証人(対向してきたという白バイ:辻褄の合わない証言=偽証)、それらを採用し、生徒達20余名の主張や証人台に立った第三者の民間人の証言等を嘘つき呼ばわりし却下した裁判官。

とんだ茶番裁判ごっこにより権力のなせる技でチカラを悪用し体裁だけ繕い、法の下に押さえつけ無罪を有罪にしてしまうのですから、警察も検察も司法も腐っていると言われても仕方ないでしょう。

更にこの一大茶番、組織犯罪に地元のマスメディアも加わってるから、片岡さんの署名のBlogにもあるように県外の方が知ってて激励されたと・・・・、そう地元のマスコミは田舎ポチの飼い犬なので忠実に事件をできるだけ小さく小さくし、めったに報道しないので事件の起きた地元の高知県民が知らず県外の方々がこの事件を知っているという妙なことになっているんです。

茶番劇団一同様、判決がどうこうではなく私の言ってる事は間違ってませんよね?
まぁそう思ってくださってもお立場上「そうだ」とは言えませんでしたね、御愁傷様です。


お手数ですが応援クリック御協力ください。(法務省IPの訪問者も協力よろしく)
  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016年04月01日(Fri)20:46 [EDIT]


Re: タイトルなし

いつも貴重な情報ありがとうございます。

udon | URL | 2016年04月01日(Fri)21:21 [EDIT]