高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

再審請求はどこへ向かっている?

前回の記事に自分がおかしいと思う事は書いてあるので今一度見ていただきたいのですが、未だにバスのスリップ痕とされた絵について明確な話が出てきません。

また一番有名な支援者Blogの記事も何かしら書きにくくなっているようにも思えます。
高知白バイ事故=冤罪事件確定中 

いったい裏で何が進んでいるのでしょうか?
電話すれば済む事ではありますが筆者のlittlemonky737さんや片岡晴彦さんとも最近は連絡をとってなく、状況が私としても全く掴めていないというのが現状です。

前回記事にも少し触れましたが、スリップ痕が本物であると認めれば片岡さんの言い分も認めてやる的な?司法取引とも言える裁判官の提案があったとか?今もそのように理解していますが、どういうことなのかその意図がわかりません。

現在の自分はヘタに連絡を取ってないからこそ中立な記事が書けるとも言えます。
だから今一度書きますと、ハッキリ言えることは軽四貨物自動車のタイヤ(14.5cm)よりも幅の狭いタイヤを7トン以上もあるバスは履いていないという事実は譲れませんから、警察が現場検証して書いたタイヤ幅12.6cmはデッチアゲであるというのも事実ということになり譲れませんね。
むろんこのBlogにはずっと法務省I.Pからの閲覧履歴があることから、検察側は「マズイなぁ」とは思っていたんでしょうけどね。小学生の算数でわかりますから。

スリップ痕が警察のデッチアゲであることを皮肉にも科捜研が証明していたわけです。

それでもアレはバスのスリップ痕だとする提案を、片岡さんが飲むかどうかは知りません。

ずいぶん以前に、高知県警や関連組織がこのBlogを見に来ていた頃に私は書きました。
こんな稚拙な図面を押し通してもすぐに嘘だとわかる、今なら偶然同じところについていた他の車両のつけた痕跡と見誤ったとでもすれば騒がれずに済むのに・・・・と。
しかし権力ある側だから結果は思うように作れると、稚拙なお絵かきを本物だと押し通した結果、未だに世の中の笑い物になり騒ぎは収まる気配もなく警察の信頼は失墜し、結局はこんなゴミみたいなモノを本物だと認めてくれないか?とまで言わせることにまでなってしまった。まぁそれを言う方も言う方であるが・・・・

140303-52.jpg



他の冤罪事件もしかり、「誰でもわかるようなありふれた捏造を押しつけられ刑務所に入れられるようなことがアチコチで起こっているんだな」とつくづく思う。


しかし、この「高知白バイ事故」の再審請求、いったいどうなって行くんだろう?



<参考になるブログ>

高知白バイ事故=冤罪事件確定中
    高知白バイ事件の経緯・経過の内容が一番充実している

なぜ交通事故で冤罪や捏造が?(K察&司法監視委員会)
    自動車工学に精通し事故の矛盾などを科学的データから詳しく解析
    御用鑑定士の解析が実に幼稚に見えるほど事故の真実に迫っている

雑草魂2
    事故の被害者、片岡さんのブログ



  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。