高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

オタマジャクシは裁判官の子?

今さらわかりきったことを?という方は見なくて結構ですが、寝ても覚めてもオカシイものはオカシイのですから、何度でもオカシイと言わせてもらいます。

ブレーキ痕の一部濃い部分(オタマジャクシ様のブレーキ痕?)について、裁判官はステキな見解を示してるのは御存知の通り。今一度裁判官の発言と画像を見比べてみよう。

■高知地裁 片多裁判官

 ブレーキ痕の一部濃い部分は、事故でバスまたは白バイから流出した液体が
 タイヤの前輪に入り車両を撤去した際に出現したものである。


■高松高裁 柴田裁判官

 液体は白バイから流出したものであると思われる。

さすが高裁、バスまたは白バイ?と曖昧な地裁とは違って明確に白バイのものだと断定しています。さてそれを踏まえて検察が証拠写真として出した画像を見てみると・・・・・。
081002-325.jpg
どうやって止まったタイヤの下だけに液体が染み込んだのでしょうね?
特に向こうの左前輪のところまでは2m以上あるんです。周辺は何ら液体で汚れているようには見えません。水鉄砲のようなものでピンポイントに狙ったとしても飛沫が散って周囲を汚さないことは難しいでしょう。しかも路面は右下がりになっていて、流出した液体はすべてタイヤと反対のほうに流れているのです。30人弱の目撃証言だけでなく、ニュートンの万有引力の法則も間違っているとでも言わんばかりの裁判官の判定です。

私にはどうやったら、こうなるのか理解できません。きっと偉い裁判官さんは、この原理がわかっているのでしょうね。私ら凡人の言葉で言えばそれは屁理屈とも言いますが。

しかも濃い痕跡、何度も書きましたがスリップ痕?から明らかに内側へズレて狭い!
ここでバイクがバラバラに分解したかのような擦過痕、法則性が無く見た瞬間に偽物とわかる。
こんな笑い飛ばされそうなチンケな画像が有罪の証拠ですと・・・・・・呆れません?
 
よくもまあこんな画像に割り印が押せたものだね。心が痛まないのだろうか?
やっぱ500万も弁当代に使ってたら、美味しさに良心も麻痺してるのか・・・・・
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どんなことでも真実は一つ!
心にいつまでも負い目を持ってたら、苦しいでしょうね。
早く軽くなりたいでしょうね。
ほんの少しの勇気を出せば、かる~くなれます。
まだまだ人生は長いんだから・・・。

もとp | URL | 2008年10月03日(Fri)01:22 [EDIT]


もとpさん
そうですよね、今からでも遅くない、人間の心を取り戻して欲しいものです。
老い先が短い者らの保身の為に、まだ先の長い部下が命令されてやっているのでしょうが、いけないものはいけないという勇気を持てなければ腐った組織のままで残り何十年いるうちに一緒に腐る、そしてつまらない人生になるでしょう。

kochiudon | URL | 2008年10月03日(Fri)09:06 [EDIT]


内部告発・・・

県警のなかに内部告発する
勇気のある警官はいないかな~

どうして片多も柴田もこういう矛盾だらけの
画像を信用したんだろう
自動車事故の専門家に意見を聞けば偽物と
すぐにわかる写真なのに・・・・・・・

特に片多の
>ブレーキ痕の一部濃い部分は、事故でバスまたは白バイから流出した液体が
>タイヤの前輪に入り車両を撤去した際に出現したものである。
は かなり苦しい

いっけん | URL | 2008年10月03日(Fri)14:19 [EDIT]


いっけんさん
まっことですよね、どうしてこんな作り物バレバレのものが有効になるのか・・・。運転免許を持ってるかどうかも怪しい人に交通事故を裁くだけの経験と知識があるのかも疑問。検察との癒着構造が冤罪を生んでいるのも否定できませんね。
片多氏のムチャクチャな理論が社会で通用するわけが無い!
そんなに県警が怖いのか?よほど接待してもらってるのか?
まずは常識を身につけるお勉強でもしてもらいたいものですが、それよりとりあえずは交通裁判から外れていただかないと次の被害者が生まれます。

高知県民はもし不幸にして事故に遭遇し裁判になったら、裁判官を選ばしてもらいましょう。(できんか?)
不幸にして・・・・たら、間違いなく有罪にされます(汗)
 

kochiudon | URL | 2008年10月03日(Fri)15:23 [EDIT]


>しかも濃い痕跡、何度も書きましたがスリップ痕?から明らかに内側へズレて狭い!

これはですね、ずーっとバイクに横から押されていたものが漸くその圧力から開放されて、フッと脱力状態になって少し浮き上がった状態になったのでそうなったんでしょうね。


>液体は白バイから流出したもの

これはバスのタイヤと同じ水性の液体だったんですね。ちょうど飛び出した方向が低く、バスの前輪目掛けボーリングのスプリットを取るような感じでピッ、パシュッとなったのです。確かに周辺にも飛び散ったのですが、なんせ高知は南国ですから、タイヤの下に潜り込んだものを除いては直ぐに蒸発してしまったんです。次の日に全く影も形もなくなっていることが何よりの証明になっています。



という説明はオカシイと誰でも判ります。


判決理由は、この説明と大して違わないと思います。

i_2_me | URL | 2008年10月03日(Fri)21:17 [EDIT]


i_2_me さん 笑わせないでください(バカウケ)

>フッと脱力状態になって少し浮き上がった状態

そういえばどこかで似たような事を書いてた輩がいたような(笑)
よくもまあ想像力豊かだと感心しますよね~。

>バスの前輪目掛けボーリングのスプリットを取るような感じで
 ピッ、パシュッとなったのです

なるほど!それには気づかなかった・・・・って、ありませんから!(爆)

しかし仮想研の鑑定だけに、裁判も仮想が飛躍しすぎですねえ。
誰一人なるほどと信じる人はいないでしょうに・・・・。
犯罪者どもめ!
 

kochiudon | URL | 2008年10月03日(Fri)22:35 [EDIT]