高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛媛白バイ事故民事の現場視察

  
 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m


愛媛白バイ事件について御存知ない方は、下記のBlogおよび関連リンクを。

愛媛県松山市白バイ事故・・母です
白バイ隊員の自爆事故により冤罪を受けた息子・・・・・


概要を言えば、高知白バイ事件のお隣の愛媛では白バイとスクーターによる衝突事故が起こっていました。刑事事件で有罪になったスクーターの少年(山本さん)でしたが、事故形態に疑念を抱いた母親による懸命の検証と訴えにより見事に真実を暴き逆転無罪を勝ち取ることができました。しかしながら民事訴訟ではおおかたの予想を裏切る不可解な判決により、逆に白バイに対して損害賠償の支払いを命じられ控訴をしていました。そして、その民事控訴審にて高松高裁が現場を視察するということで、先日2月22日に視察が行なわれたといういきさつです。

注:当記事の引用元は主に高知白バイ事件・片岡晴彦さんを支援する会公式ブログからであることをお断りしておきます。またBlog中の写真2枚も引用させていただきました。 

20110222232951976.jpg

2011022300093787c.jpg

さて写真にある3つの丸印について、

警察主張 赤丸で衝突して白丸まで衝撃で大型スクーターが飛ばされた。
山本主張 赤丸で衝突して水色の丸まで衝撃で大型スクーターが飛ばされた。

それでスクーターの写っている写真の位置の特定が争われ山本さん側の主張が正しいとされ、県警(国)側代理人は門柱の有無を主張して食い下がっていましたが、それは認められなかった。・・・・とあります。

これは当然でしょうね。

まず警察主張の門柱とスクーターの写っている門柱では高さが違います。
塀の高さと門柱の高さを比べれば一目瞭然です。
110223-51.jpg

県警(国)側代理人は門柱の有無を主張して
食い下がっていた。

こういうのを無駄な抵抗というのでしょうが、写真を見てわからんのかね?
ハッキリ言わせてもらえば、あまり利口じゃありませんね。それでもとにかく
ここと主張しなければならない愛媛県警側の台所事情があるのは間違いない。
 

門柱だけじゃなく塀の文様も一致してますしね、山本さん主張の位置で間違いありません。

110223-53.jpg


さて、ここで気付いたことがあります。

一番上の丸が3つ書かれている現場写真はいつ撮影されたものでしょうか?

おそらく視察当日に写したものではないかと思うのですが・・・・・・

もし当日あるいは最近に撮られたものであるならば・・・・・・

愛媛県警が証拠をもみ消そうとした作為が浮上してきます。

(撮影時期の確認ができてませんので、確認後追記を予定しています)

追記: 確認がとれましたので、次の記事にて書きました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白バイ国賠訴訟松山の現場視察
 2004年11月に松山市で松山西署の白バイと市内の男性=当時(16)=のオートバイが衝突し双方が負傷した交通事故をめぐり、男性が国や県などに約345万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、高松高裁の杉本正樹裁判長らが22日午後、事故状況確認のため現場の別府町の市道交差点を視察した。
 杉本裁判長は冒頭、原告、被告双方の弁護団に「事故現場や白バイとオートバイ、目撃者の位置状況などを自分の目で確かめる」と説明。原告側はオートバイが倒れた場所▽白バイがサイレンを鳴らした場所からの交差点の見え方▽白バイが事故処理時に動いた地点―の確認を追加で要請した。裁判長らは原告、被告側双方の説明を受けながら、さまざまな角度や距離から現場を約30分視察した。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20110223/news20110223227.html

愛媛新聞に載ったようですね。

jph | URL | 2011年02月23日(Wed)22:17 [EDIT]


jph 様
愛媛では新聞に載るだけでも高知よりはマシですかね(苦笑)
しかし視察の時の県警(国)側代理人の喰い下がりようは
恥ずかしいですね。立場上やむなくでしょうが・・・
 

kochiudon | URL | 2011年02月24日(Thu)16:42 [EDIT]


現場現実主義

ご無沙汰しています。

白丸と青丸の位置は明らかじゃないですか。ブロック塀の後ろに見える茶色の柱と家屋の位置関係から青丸(山本さんの主張)の方が正解ですよね。ブロック塀が削られて茶色の柱がよく見えます。

誰が見てもすぐ分かる事でも警察は意固地になって「我を通そう」とするから、どんどん信頼を失っているのです。公権力で強引に言い分を通そうとする不遜な態度ですね。検挙じゃなくて謙虚になって欲しいものです。

そんな警察のアホさ加減にやっと気がついたのか、裁判官が現場を視察するというのは画期的じゃないでしょうか?高知の白バイ事件もカタタやシバタ裁判官が現場を視察すれば違った判断がされたかもしれません。現場現実主義は大切です。

愛媛白バイ事件も取り上げたいのですが、ただいま忙しくて手がつきません。一段落すれば、現場を見てみたいものです。

監視委員長 | URL | 2011年03月02日(Wed)20:51 [EDIT]


監視委員長 様
ホントに誰が見てもどちらが正しいか一目瞭然ですよね。
ここで意地を張る意味がわからん、どんどん信頼を失っていますね。

検挙→謙虚  ナイスです!!!

次の記事にて書いてますが、この塀の行方を見に行ってみたいものです。
 

kochiudon | URL | 2011年03月02日(Wed)22:09 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。