高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スリップ痕の捏造天国:高知?

マジっすかぁ~??

高知:白バイとスクールバス衝突事故の1年後、奇しくも同じ国道56号線上・・・。
別の事故の驚く目撃証言があるらしい。記事引用元→こちらです 読んで驚きました。

(以下一部分引用)
「事故後2時間ほどして現場を通りかかるとパトカー一台と数人の警官が通行規制をして、白バイを押したり引いたりしてスリップ痕(S字型)の上にべったりとタイヤ痕を塗りつけていたので、あんなことをしていたら現場検証ができなくなるのにと思いました」とのことです。
(以上、引用でした)

ホントにやるんですかぁ?こんなこと。フィンガーファイブもビックリ捏造天国!(古っ)

ぬはぁ~、これが本当ならムチャクチャですなぁ、呆れてモノが言えません。
この事故に関しての情報提供をいただける方を探しているようです。 → こちら

まあ、これらの事故などから学ぶと、まずは自己防衛を考えて、事故にあったら自分なりに検証し証拠を残しておくことですね。写メでも使い捨てカメラでもメモでもスケッチでも何でも残す。そして起きた事を時刻を克明に残す。目撃者を確保して身元を聞いておくなど。それらを警察に任せてっぱなしではいけないということです。自分で現場検証して裁判を起こしてやる!ぐらいの気合と意気込みで現場検証をしておくことです。

なぜならば裁判になって不服があり再審請求するには新しい証拠が必要となるわけだからです。そんなもん一般民間人が持ってるわけがない。だって現場検証させてもらってないわけだし。・・・しかしそれで泣き寝入りするしかないのが現実なんですから、自分でやっとくしかない。でもおいそれと証拠は出さない(笑)

世の中
人民は弱し、官吏は強し ・・・まったく昔と変わってないんです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありえそうで怖い

片岡事件を見てきたので
どうしても不審な目を持って県警を見てしまう。
こんな話も有りえそうで本当に怖いですね。

私が考えている自己防衛手段としては、
警察でハンコ(署名押印)押す時は必ずコピーをもらう事
出来ないと言うのなら押さない。
実況見分書、供述調書が後で改竄されないとは言い切れない。また時間経ってから見せられてもはっきりとは言えないがある物はあるで終わってしまう。
特に事故を起こし、朦朧とする意識の中とはいえ
後に必ず響くので同じ物を必ず入手する(出来るんですかね・・分かりませんが)
事故を起こしたら、必ず写真を撮る事
フィルムが望ましいが、昨今のデジカメの普及により
裁判官もフィルムじゃなくとも証拠採用する前例を見たので
JPEGでも十分証拠となり得る可能性大(笑)。
接写、望遠、必ず二種類撮る事、当日のその付近の道路状況(植え込みが短くなったりしますので)、道路痕跡も大切、見えない物も写真でなら見えて来る可能性もある。
警察任せ、保険屋任せ、人任せでは、、危険極まりない。
自分に責任がないと思っていても必ず撮る事。

そして最後に信じあえる友人を持つ事。ですかね。
自分だったら片岡さんの様に人に囲まれたかな・・・
自信ないんですよねw 

niyodojin | URL | 2008年09月25日(Thu)23:03 [EDIT]


niyodojinさん
ホントに自己防衛というものを本気で考えなければならない時代に
なってきましたよね。え?高知だけ???・・・・とも言えない。

niyodojinさんも万が一、同じことになれば皆が協力してくれますよ。
 

kochiudon | URL | 2008年09月26日(Fri)09:03 [EDIT]