高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

事故当日に有罪は決まっていた

高知白バイ衝突死事故は、事故のあった当日からスクールバス運転手が有罪というシナリオが作られていました。

被告は午後2時34分に事故に遭い、午後3時4分に現場で逮捕されて所轄署に連行され、翌日に取調べをされています。
ところが高知県警が警察庁に出した報告書では、まだ裁判はおろか取り調べすらしていない事故当日にスクールバス運転手の一方的な過失により事故が起こったものとしているのです。
あまりにも手際の良すぎる処理に驚きます。

裁判で検察が主張した通りに状況を考えてみると、
1. 白バイが時速60kmで走行していて、
2. 55m向こうに道路へ進入してくるバスを発見し、
3. 3.3秒間、回避も停止もできず、まともにバスと衝突。

(警察の書いた筋書きを当事者であった警察官の目線で見たらこうなるのです)

当事者であった警察官は余所見をしていたのでしょうか?
まさか回避できない程度の技術レベルの隊員だったわけはないでしょう、
大型二輪免許持ちなら100%事故は起こらないレベルの状況ですからね。

警察の言い分が正しいとしたら常識的には「余所見あるいは身体に急変が起きて回避停止ができなかった」というのが正しい見解です。そうなると余所見の可能性もあるわけで一方的過失をバス運転手に問えなくなるのです。
 

それをスクールバスの運転手の過失だけを強調し、取り調べもせず(当然ながら調書もあるわけがない)勝手に警察の都合のいいように結論づけて合計10箇所へ報告書を提出しているのです。(日付に注目:事故当日です)

220923-51.jpg

そして、別紙には・・・・・
220923-53.jpg

というように御丁寧に書かれている。
実際には事故から約1時間後に残念ながら当事者の警察官はお亡くなりになっているのだが、その主因となる傷病名は書かれていない。
すなわち当日の外見からわかる負傷の状況からこの文章を書いたということになるので、事故が起きてまだ時間はさほど経過していない時であったのか?そして死亡せしめたではなく傷害を負わせたとしか書かれていないのは、よほど慌てていたのだろうか?(生存中の1時間以内に書いて提出したの?)
 

こうやって事故当日に描かれた警察のシナリオに従い内密に事は進められ、スクールバスの運転手が驚愕の捏造証拠を初めて見せられたのは事故から8ヶ月も経った日のことであった。
 
刑事裁判開始後、簡単に言いなりになると踏んでいた検察側は被告側から思わぬ抵抗を受け、慌てて公判中に怪しげな証拠を追加して作成している。これがずさんな合成写真や、時間が経って濃くなるおたまじゃくしスリップ痕などである。
そんなやっつけ仕事だから、誰が見ても違和感を感じるものでしかないし、証人尋問でも辻褄の合わない目撃証言になってしまったのである。
そんな検察のいいかげんな証拠や供述に被告側は無罪判決を確信していたのだが・・・・

あとは皆さん御承知の通りです。

奇しくも同じ高知県人の村木さんは見事に無罪を証明し、検察の犯罪を白日の下に晒してくださいました。しかしながら同じ高知県民でも検察犯罪によって刑務所へ放り込まれた人がここにいるのもまた事実なのです。
 
   
 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

もし仮に事故形態が刑事訴訟で認定されたデッチ上げの事故形態と仮定した場合について考えてみたので、
LM様のブログの私のコメントhttp://littlemonky767.blog102.fc2.com/?mode=m&no=86&m2=res&cr=160d138c9ebddcc04fe9808c2836dc64をぜひご覧ください。
刑事訴訟で認定されたデッチ上げの事故形態でも無罪の可能性があるのではないでしょうか?
私は専門家ではないので分かりませんが、ヒラメ裁判官ではなくてマトモな裁判官が判断する場合は無罪と判断する可能性はないでしょうか?
再審請求では、片岡さんの言う真実の事故形態とスリップ痕様のものはバスのタイヤ痕ではないので警察の捏造というメインの主張をするのと同時に、
補助的な主張としてシバタ裁判官の刑事訴訟で認定されたデッチ上げの事故形態でも無罪という主張もしておいたほうがよいのではないでしょうか?

(・ω・) | URL | 2010年09月23日(Thu)19:33 [EDIT]


(・ω・) 様
警察の主張通りの動きであればバスの過失が大きいと考えられますが白バイの過失も0ということはないでしょうね、少なくとも前方不注意は免れませんので0:100ということはないと思います。(私見です)
ただ実刑というのは???執行猶予付きぐらいが妥当かと、これは弁護士、報道関係者、新聞記者、関わってない警察官らもそう思っていたようですね。
 
事実は違うと言って異論をとなえることが「反省の色がない」というふうにとられたら控訴する権利も失われたも同然で何もできなくなります。
 
もちろんスクールバス側の主張が事実だとなれば限りなく過失は0に近いと思いますし、無罪判決が出てもおかしくないでしょうね。
 
再審請求でどのような主張を出していくのかはわかりませんが、弁護士さんら関係者もこちらもごらんになっていますから(・ω・) 様の御意見も読まれているでしょう。
 

kochiudon | URL | 2010年09月23日(Thu)23:38 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年09月24日(Fri)00:34 [EDIT]


kochiudon様

先ほどの私のコメントに貼ったリンク先の私のコメントも読んでいただけたでしょうか?
もし仮に白バイが第一車線を走っていて白バイがブレーキをかけても止まれない近くに来てるときにバスが横から急に飛び出して 直進中の白バイを横からハネとばしたのなら、バスに大きな過失があります。白バイは事故を回避できませんから。
ところが、刑事訴訟で認定された事故形態はそのような事故形態では全くないわけですね。
白バイは第二車線を走行していて交差点の約55メートル手前でバスが(車道の手前で一旦停止から)低速で道路(交差点)を横断しはじめたのを発見できたのに、バスが低速(時速5キロから10キロ)で道路を半分以上横断したところで、交差点内を低速で横断してるバスに白バイが白バイ側黄色点滅信号を無視して減速もせずに時速60キロのままで変形四叉路交差点に進入して衝突。
白バイが優先(道路)側でバスは路外からの進入で仮に道路交通法違反があったとしても、白バイのほうに大きな過失があると思います。
なお、バスに仮に道路交通法違反があっても、業務上過失致死傷における過失があるということにはなりません。
要するに、白バイが第二車線を法定速度の時速60キロで前さえ見て走っていたなら誰もが事故は発生しなかったと思うでしょう?
白バイが通常の注意をはらって走行していれば、つまり前さえ見て走行していれば事故は発生しなかったのです。
これすなわち、バスの運転手が危険を作出したと言いにくくなりますし、衝突の原因は白バイにあると言いやすくなります(因果関係の問題)。

以上、シバタ裁判官の刑事訴訟で認定されたデッチ上げの事故形態でも白バイに大きな過失があり ヒラメ裁判官ではなくてマトモな裁判官ならバスは無罪と判断する可能性もあるのではないかという私の私見です。
私は素人ですので正しいかどうか分かりません。
何人かの専門家に確認したほうがよいと思います。1人の専門家に聞いただけで判断するのは危険です。

私の私見追加
バスが停止していても、突然バスが目の前に出現して停止したなら、白バイは衝突を回避できませんから、バスは有罪。
バスが低速で動いていても、白バイが前さえ見て走行していれば楽々衝突を回避できた場合は、バスは無罪。

(・ω・) | URL | 2010年09月24日(Fri)05:48 [EDIT]


(・ω・) 様
もちろんリンク先も拝見しました。
私もシロートですので誤った推測をしている部分も多いにあると思います。(ゆえに私見としました)

確実なのは警察の主張通りの事実ならば、バス運転手が道路上にそのタイミングで出た場合は本線を走ってきた車両の正常な運行を妨げたことは間違いないので道交法違反について問われる事は確実でしょう。
そしてこれを起因に事故が起き、云々と状況は変化するわけですが、業務上過失××について有罪か無罪かは私には判断いたしかねます。
ただ白バイの立場としては充分に回避または停止できる速度・距離だったのに回避・停止をしてないことから過失0ということにもならない(すなわち100%バス運転手の過失で裁いたのはオカシイ)のでは?というのが私の私見ということです。
 
私もシロートですので、これ以上の意見交換については更なる知識が足りませんので控えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。m(_ _;)m
 

kochiudon | URL | 2010年09月24日(Fri)09:20 [EDIT]


Re: 胸部

匿名 様

非公開での御質問でで答える場所(直メールなど)がなく、また本文をどこまで引用してお返事してよいのか困りましたが、本文を引用せずに私のできる回答を書かせていただきます。

2つの御質問
一番目の件については私は知りません、推測ですがそれについては正しい装備をしていたと考えます。
二番目については公開請求において警察側から出されたものですので内容の真偽の責は警察側に有ります。
 

kochiudon | URL | 2010年09月24日(Fri)09:34 [EDIT]


(私の1つ前のコメントの続きです。)

警察検察はバスが急に横から飛び出して優先道路を直進中の白バイをハネとばしたバスの過失100の出会い頭衝突だとデッチ上げたかったのだと思います。
白バイが第一車線(歩道寄りの車線)の歩道寄りを走行していて車道の手前で一時停止していたバスが右を見ずに突然発進して優先道路を直進中の白バイを横からハネとばしたバスの過失100の事故と警察はデッチ上げたかったのだと思いますが、
第一車線で衝突したとするとバスは白バイが衝突して慌てて急ブレーキをかけたという設定ですから、バスが反対車線の手前まで前進して白バイをそこまで引きずることは、有り【え】んわけです。
ですから衝突地点はバスが道路を半分以上横断したところで、白バイは第二車線を走行していたとせざるを得なかった。
ところが、白バイが第二車線を走っていると、白バイがブレーキをかけても止まれない近くまで来てからバスが発進してもバスの前面が第二車線に行くまでに白バイはとっくに通り過ぎて走り去っているので、バスと白バイが衝突することは有り【え】んことであります。
バスと白バイが衝突するには、白バイが前さえ見て走行していれば楽々衝突を回避できる遠くにいるときにバスが発進しなければ第二車線で衝突することは有り【え】んわけです。
以上、会見を開いて言い訳してた黒岩元交通部長の口調をマネしてみました。
白バイがブレーキをかけても止まれない目の前に突然バスが出現したのなら白バイが優先道路を直進してたのですからバスの過失が大きくなりますが、白バイが楽々衝突を回避できる遠くにバスが出現したのに衝突すると白バイの過失が大きくなります。

(・ω・) | URL | 2010年09月24日(Fri)09:47 [EDIT]


(・ω・) 様
第一車線、第二車線のストーリーはおっしゃるような感じだと私も思います。結局は警察側が事実を偽り、嘘の辻褄合わせに終始しているので有り【え】ん事だらけになっているんですよね。

>白バイがブレーキをかけても止まれない目の前に突然バスが出現したのなら白バイが優先道路を直進してたのですからバスの過失が大きくなりますが、白バイが楽々衝突を回避できる遠くにバスが出現したのに衝突すると白バイの過失が大きくなります。

「白バイが楽々衝突を回避できる遠くにバスが出現したのに衝突すると白バイの過失が大きく・・・」この過失の大小に関して私はちょっとわかりかねますので意見を申すことができません。
 

kochiudon | URL | 2010年09月24日(Fri)10:37 [EDIT]


バスが右折地点で右折待機で停止していても、路外から道路に進入したバスが他の車両の正常な交通を妨害しています。
それでなぜバスの過失がゼロあるいはゼロに近くなるかというと、他の車両は道を塞がれても前さえ見て走行していれば安全に停止できるからです。(バスの後ろも通れるし)。
この前さえ見て走行していれば楽々停止できる状況で白バイがバスに衝突しても、バスが道を塞いだことと白バイがバスに衝突したこととに因果関係がないと判断されるからです。
これはバスが停止してなくて低速で道路を横断中に白バイが衝突した場合も同じことが言えると思います。
この場合も白バイが前さえ見て走行していれば楽々衝突を回避できる状況でバスに衝突すると白バイの過失が大きくなると思います。
白バイが時速60キロで前さえ見て走行していれば、バスは白バイに衝突したくても衝突できません。
衝突するかしないかは、白バイがどちらでも楽々選べたのです。
白バイは法定速度の時速60キロという警察検察側の設定ですから、白バイが前さえ見て走行していれば衝突しません。白バイは前を見ないで走行するか前を見て走行するかどちらでも自由に選べたのです。
白バイが衝突することを自ら選んで衝突したのです。
白バイの過失大だと思います。

(・ω・) | URL | 2010年09月24日(Fri)10:47 [EDIT]


(・ω・) 様
おっしゃるように、警察側主張通りの状況であっても事故になるか否かは白バイ次第であったのは事実ですね。
 

kochiudon | URL | 2010年09月24日(Fri)10:52 [EDIT]


元検弁護士が自分(元検弁護士)のブログのコメント欄にモトケンのハンドルネームで投稿してますが、この元検弁護士(モトケン)は正しいコメントをしてると私は思います。
↓↓↓
http://www.yabelab.net/blog/2007/10/31-172959.php
No.56 モトケン さん| 2007年11月 1日 20:01

>No.55 死刑囚 さん
>テレビに出ていた生徒さんの一人が「ずーっと待っててそろそろ行けるかなと思った頃に白バイが、まぁ、当たって来たんです。」と話していました。

この供述が信用できるとしますと、運転手は無過失である可能性がかなり高くなります。
衝突時点においてバスが動いていたか停止していたかは、白バイから見てどの程度手前で進路前方にバスが存在することが認識可能かという点に関係する事実であり、
停止していたとした場合、さらに停止してから何秒後に衝突したかが問題になります。
その時間が長ければ長いほど過失は認めにくくなります。
仮に過失を認めても、因果関係が怪しくなります。

No.60 モトケン さん| 2007年11月 1日 21:16

>No.58 じじい さん

思いっきり簡単に言うと
「ぶつけた」のではなく、「ぶつけられた」という関係になるからです。
なお、道路交通法違反があるからと言って、直ちに業務上過失致死傷における過失があるということにはなりません。
本件で、白バイと十分な距離を置いて交差点に進入したのであれば、道交法違反にもならない可能性があると思います。
要するに、バスが白バイが安全に停止できるだけの距離をおいて交差点に進入したのであれば、
バスの運転手が危険を作出したと言いにくくなりますし(過失の問題)、衝突の原因は白バイにあると言いやすくなります(因果関係の問題)。】

(・ω・) | URL | 2010年09月24日(Fri)11:51 [EDIT]


シバタ裁判官の刑事訴訟で認定されたデッチ上げの事故形態でも、白バイ隊員がずっとよそ見をしていても衝突する1秒前に白バイ隊員が前を見れば衝突は容易に回避できた。
バスは時速10キロでバスの前面が道路を約半分横断したときに白バイが時速60キロで衝突。
まだ道路は約半分しか塞がってないから、白バイ隊員が衝突の直前になってから初めて前を見ても白バイは容易にバスの前を通過できた。
バスが1メートル進むあいだに白バイは6メートル進む。
ウサギがカメに わざわざ ぶつかりに行くことはない。

(・ω・) | URL | 2010年10月10日(Sun)23:31 [EDIT]


バスの前面右部に付いてた黒点に付いて、とても参考になる記事があります。まだご覧になってない人は、ぜひご覧ください。
↓↓↓
ttp://hachiman-kumori.blog.so-net.ne.jp/2008-11-28


さて、シバタ裁判官は、バスの前面右部に付いてた黒点を白バイの左ハンドル痕だと根拠もないのに決めつけて、白バイの左前部とバスの前面右部が衝突したことにしたようですね。
検察側主張のバスと白バイの速度はバスが時速10キロで白バイが時速60キロだから、
もし仮に検察側の言う事故形態でシバタ裁判官の言うバスの前面右部と白バイの左前部が衝突したと仮定しても、
バスが飛び出して横から白バイをハネ飛ばしたのではなくて バスの目の前に突然白バイが出現してバスに白バイを衝突させにきたという感じですね。なにしろ、時速60キロと時速10キロですから。

(・ω・) | URL | 2010年10月11日(Mon)19:15 [EDIT]


私の1つ前の投稿に貼ったURLの頭にhが抜けてしまいました。ごめんなさい。
携帯からご覧の皆様は頭にhがないとリンクにならないので申し訳ないですが もう一度貼ります。

バス前面右部の黒点は何?
↓↓↓
http://hachiman-kumori.blog.so-net.ne.jp/2008-11-28

(・ω・) | URL | 2010年10月11日(Mon)19:36 [EDIT]