高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

弁護士も見れないネガを見れる高知新聞

高知新聞ネタついでに過去記事を今一度お読みください。
ちょっと注目度がUPしているので2010年3月15日のものを再掲しときます。
これによると 高知県警と高知新聞の癒着 が推察されます。

(もし違っていたら、あの時の飲酒運転もみ消しは自分じゃなく関連企業のヤツのことだと抗議したみたいに、どこいらへんが違うと御指摘を願えますか?事実に基づいているので無理でしょうが)

(以下、過去記事)

高知白バイ事件、今までいくつもの報道機関が取材に来たが、先日はとうとう?イタリアのテレビ局までもが来てしまい、四国の田舎で起きた事件は、いよいよ世界の事件へと発展しようとしている。片岡さんを支援する私たちにとっては非常に歓迎すべきことであるのだが、その一方でここまで騒がれるとは思わず予定が狂ってしまった方々もいると思う。

そんな中 地元最大手の報道機関である 高知新聞 は?
「高知白バイ事件では、警察が証拠を捏造はしていない」
というスタンスでいるらしいことがわかった。     (乱暴者の世界より引用)

まずは一度このBlogをジックリとお読みになってください。→ 乱暴者の世界
このBlog「ポチの告白」映画上映の舞台挨拶のため先日高知に来られていた高橋玄監督のもので、高知新聞社会部副部長とのやりとりが生々しく書かれている。(2010.3.12以降を参照)

もちろん私はそこに立ち会っていたわけではないから真偽の程は断定できないが、Blog筆者(高橋監督)が嘘を書いてるとは思い難いのである。ましてや有名ジャーナリスト寺澤氏も同席していたし、少なくとも言葉の表現は多少違えど主旨は違ってないと思うわけで、これを読んでかなり腹が立った。もちろん高知新聞側の態度にである。

高知白バイ事件をそういう目で見ていたのかと改めてわかった。

じゃあいったいあれだけ土足で踏み込むような取材をしながら、実際は何をしに来ていたのだろう?と疑念を感じざるを得ない

高知新聞は熱心な?取材をしていたと聞く。
卒業後、バスへ乗っていた女子生徒が1人暮らししている所へ夜に行き連れ出し裏道へ隠した車の中で取材したのは有名な話。
未成年の女子に対して不謹慎ではないのか?案の定御両親はカンカンだったと聞く。
その他、熱心な取材の様子は直近の支援者さんが書いてくれるだろうから割愛しといて・・・

そうそう私とも会ってます。片岡さんが収監される前の夏に高知市内で激励会をし、高知新聞の2名をある方が呼び出し、それに応じて来てくれたよね。
その時の1人の記者は「飲酒運転を警察にもみ消してもらったのは俺じゃない、関連企業の同姓の人と間違えているんだろう」と某支援者(笑)さん相手に必死で釈明抗議していたね。
結局、関連企業の某君は警察に飲酒をもみ消してもらったのは事実ということか?(笑)
そうそう、その関連企業といえば、Mプロディーサーというのが私(kochiudon)に依頼してきて、私が提案した企画内容で取材先へもすべて私が連絡し段取りしたものを丸ごとチャッカリ放送したっけ(笑)結果その番組は結構良い反響があったが、放送後にこちらから携帯にかけても電話にさえ出ない。こいつらそんなのばかりかと思ったね。

オっと、話が脱線してしまいました。

その時の、更にもう1人の記者が副部長だったわけで「私は担当じゃないのでよく知らない」と、あくまで付き添いとして来たということで終始聞き役に回り正座を崩さずにしてたのを覚えています。
100315-53.jpg
まぁ、真正面に座っていたんだから忘れるわけないが。

その後は、なぜか担当になったのか?実験検証に来るようになりましたが・・・・

2009.11.23 の朝 事故現場で走行検証をしたときも来ていましたね。
100315-51.jpg
           (真ん中の大きな人は他社の記者さんです)

このときも高橋監督のBlogの言葉を借りるなら
「支援者の人たちが言ってる証拠のねつ造なんて、漫画のような話ですわ」
                            (乱暴者の世界より引用)
そういうバカにした目で見ていたんですか?

おまけに高知競馬場へも移動し、実験を最後まで見てくれながら
100315-52.jpg
「片岡さん支援者の人たちは、県警が証拠をねつ造したと言っているが、その物証(警察側が開示した証拠)を覆せないのだから・・・・」   (乱暴者の世界より引用)
というスタンスで何を見に来ていたのですか?

覆す為に事実はこうなんだと何度も実験をし、データを提出しているじゃないですか。この日もあなたの目の前で実験し事故鑑定士が説明をしていましたよね。
これらの実験で検察主張の時速10kmでは絶対にあんなスリップ痕はつかないと結果を出しているのに覆せないのは、ヒラメ裁判官が証拠採用しないわけで、普通の常識を持った人間なら「支援者が嘘だと言ってるなら、そして現物のバスも出せるんだから裁判所が主催して時速10kmで1.2mのスリップ痕がつくことを実証して見せれば簡単だろう」と言うでしょうよ。

それを何だって?
「生徒たち全員に取材して証言を聞きましたよ。いいですか?3人がバスは止まっていた、3人がバスは動いていた、あとの生徒はわからないと言ってるんです。これではバスは止まっていたとは言えないでしょう」
                         (乱暴者の世界より引用)

それってさ、言い換えれば3:3なら五分五分、バスが走っていたとも言えないのでは?

そして私が一番腹が立った極めつけは・・・・
ネガの存在について石井君に「あなたが見たのか?」と聞くと
「自分ではないが、ふたりの記者が確認した」という。

                         (乱暴者の世界より引用)
じゃあ、そのネガにスリップ痕が、おたまじゃくし痕が現れたり消えたり、また現れたりしているのを確認しているということだよな?そうか確かに見たんだ。

ところで・・・・・

被告側も弁護士も見せてもらえないネガを、なんでそこいらへんの新聞記者が見れるんだ?あれだけ弁護士が要求しているのに隠し続けているんだぜ?

高知新聞、ここはハッキリさせてもらいたいね。

今さら間違いでしたなんて言い訳はないよね?見たんだろう?そんなに県警と仲良しならネガを借りて見せておくれよ。正式に開示請求しても見せてもらえないんだよね。

片岡さんの支援者の皆さん!高知新聞の記者が簡単にネガを見せてもらったそうなので、我々も開示請求すれば確実に見ることができるはずです。

そうでなきゃ高知新聞と高知県警の関係って疑わしいってことだよね。

あ、そうそう本日たまたま頂いたコメントにこんなのありましたよ。
高知新聞のこと書かれているみたいだよ。 → 高知新聞社の異常報道 ~ 真実を隠す

 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大波

いつもお世話になります。高知県警と高知新聞の癒着関係!勉強になりますw

おかげさまで、拙記事「高知新聞による泡沫候補報道に見せかけた「白バイ事件隠し」 ~ 県民よ騙されるな!高知新聞は愚民政策で先頭を走っている。」が、1日1328アクセスをはじき出しました。ありがとうございました。

http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/08/post_ebb5.html

アクセス急増の影には、県警の閲覧協力があったようですw

http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/08/1132821_889b.html

これからが本番ですね・・・

kochi53 | URL | 2010年08月06日(Fri)01:24 [EDIT]


生徒さん全員にバスが動いてたか止まってたかを取材して聞いたその高知新聞の記者さんは、
ある生徒には【友達はみんな動いていたと言っているけど君はどう?(ソースはhttp://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-17.html)】という聞き方をしてるので、
他の生徒たちに対しても どういう聞き方をしたか分からないので、3対3という数字が公正な数字なのかどうか疑問です。

(・ω・) | URL | 2010年08月06日(Fri)01:35 [EDIT]


kochi53 様
日々お疲れ様です。何もできませんが心から応援しています。
アクセス解析によると某大学のおかげも含め凄い閲覧数となり、結果多くの人たちにこの問題を見てもらえたのは大きな収穫でしたね。
継続して情報発信を粘り強く行なうということの価値が改めてわかりました。

そして必ず嘘にはほころびができること。(我々ではない反対の立場の・・・ホレ、コソコソ見にきてるあんたらだよ!)
 

kochiudon | URL | 2010年08月06日(Fri)11:09 [EDIT]


(・ω・) 様
普通なら誘導尋問ということですが、検事でも弁護士でもないただの新聞記者ですからやりたい放題だったと思いますよ。
ただ子供を甘く見ていたというのが間違いの元でしたが(苦笑)

しかし検事でも平気で取調べで誘導しますからね~。
生徒「バスは止まっていました。」
検事「じゃそこへ来るまでは動いてきたということだね?」
生徒「そうです。(当たり前じゃん)」
検事「ではバスは動いていたと・・・・」    ぉいぉい!
 

kochiudon | URL | 2010年08月06日(Fri)11:17 [EDIT]


『おまけに高知競馬場へも移動し、実験を最後まで見てくれながら』

この実験は事実とかけ離れた実験であることに気がついておられるのでしょうか? バスの前方に白バイと同程度の重さの物体、もしくは白バイを置いて検証すればブレーキ痕の後も異なると思います。

ステラ | URL | 2010年08月10日(Tue)22:20 [EDIT]


ステラ 様
おっしゃるように実験は現実とすべての条件が一致していないのは誰もがわかっています。この実験はABSの作動状況を検証する上では有効です。
衝突する物体があった場合でもバスの両輪が接地しておりブレーキ系統に損傷がない限りは物と絡み合おうが絡み合うまいがABS作動する状況(速度)なら作動し、警察が証拠として出した長さや形のスリップ痕はつかないということがハッキリしているようで、当然その鑑定書も提出していましたが裁判所が却下しただけ。逆にあんなスリップ痕がつくという証明は一切なされていません。机上の判断だけです。
(専門分野については私に言うより事故鑑定士さんなどに聞いてみたらいいと思います。)
  
というか、この記事の主旨は違うことなのですが・・・・その内容には御反論はないということでよろしいでしょうか?
 

kochiudon | URL | 2010年08月11日(Wed)11:55 [EDIT]


>この記事の主旨は違うことなのですが・・・・その内容には御反論はないということでよろしいでしょうか?

kochiudon様。丁寧に御回答を頂きましたので反論はありません。ただ、貴方が書かれた本文の文章を読んで感じたことをご質問いたしましたので、それが本文趣旨と異なるものでした申し訳ありません。

ステラ | URL | 2010年08月12日(Thu)18:12 [EDIT]


ステラ 様
素直な御感想だったという件、承知しました。私も御質問に端的に答えれば良かったですね、失礼しました。

>この実験は事実とかけ離れた実験であることに気がついておられるのでしょうか?

改めてお答えすれば
「気づいた(承知した)うえで行なった実験で現場と同じ痕跡がつくか?という単純なものではなく、他に幾つか分析検証したい事があったということです。」
 

kochiudon | URL | 2010年08月12日(Thu)20:44 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年08月12日(Thu)23:37 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます様

いつもありがとうございます。^^
 

kochiudon | URL | 2010年08月13日(Fri)07:16 [EDIT]