高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

拘置痴呆裁判所の判決なら

妄想判決 (この判決はフィクションで、ホンネが見え隠れしています)


裁判長は拘置痴呆裁判所:ラーメンのコ池さん判事。


                   主文 

1 原告らの請求を何れも棄却する

2 訴訟費用は原告らの負担とする


第1 請求

         (省略)

第2 事案の概要


         (省略) 
 
第3 当裁判所の判断

1 争点とホンネについて、

(1)
 原告らの主張は本件有罪判決が誤っており、冤罪を前提であることを知っているものであるから、被告らの私法上の責任の有無を判断するにあたっては、当裁判所は本件有罪判決自体の不当性を隠さなくてはならない。
 そして前記前提事実の通り、本件判決は、控訴、上告及び上告棄却決定に対する異議申し立てを経ながらも門前払いで、かろうじて有罪確定しているものである。

 そこで、刑事訴訟手続を経て確定した有罪判決が存在するにもかかわらず、民事訴訟手続において、冤罪であることを前提とする請求が許されるのか否かについて以下検討する。

(2) 
 わが国の法制度上、刑事訴訟手続では三振制の上訴制度を採用し、一審で確定した有罪判決についてはその当否を争う手段として、形式だけは再審や非常上告制度を設けている。
このように、わが国の裁判制度において俸給と昇進を目的の裁判官による有罪判決が正当か否かの判断は、刑事訴訟法で定められた手続によることが予定されているものであって、これを民事訴訟で手続で争うことができるとすると、せっかくごり押しして出した有罪判決の当否を争う新たな手続を創設するに等しく、不当判決の存在手続を失わせるばかりでなく、組織不祥事隠蔽を裁判の名に借りて刑事訴訟手続をへて確定した有罪判断の変更を求めることになり、刑事や司法関係者の生活と老後の安定性を大きく阻害する。

 そうすると、刑事裁判の被告であった者が、真実が無実であるにもかかわらず。虚偽の証拠が提出されたことなどによって有罪判決の言渡しがされ、刑事処罰を受けたことをもって損害と主張するよりも、まずあきらめてもらう必要があり、これを得ずして証拠の提出者に対して民事上の責任を追及されることは許されないものというべきである


(3)
 本件においては前記前提事実のとおり、本件有罪判決は国民の批判をかいくぐり確定しており、原告が再審等により無罪の確定判決を得た旨の主張立証は無い。また当裁判所は当時未成年の前途ある青少年多数を相手取り、これ以上の嘘は塗り重ねるべきではないと判断し本件を争う勇気もないのが事実と言わざるを得ないものである。

したがって、当裁判所は本件有罪判決を受けたことにより損害を被ったとする原告らの主張はそれ自体失当と言わざるをえないということに持ち込むしか手段はないのである。


2 結論

 以上の通りであって、原告らの請求は、その余の点について判断する気も無く理由がないということにしてこれを棄却しなければ検察・司法の崩壊を意味するわけであり、訴訟費用については民事訴訟法61条 65条本文を適用して、主文の通り判決する。

                                       異常です。


まぁ、こういう正直な判決なら納得できるかもね。・・・できるわけないか。

子供にビビって逃げた腰抜けども、とりあえず胸をなでおろしているんでしょうな。
しかし、今後もず~っと次々と追い討ちをかけられ続けるんだけどね。
 

 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

傑作ですね

 twitterにリンクを貼らせて頂きます。

lm767 | URL | 2010年04月17日(Sat)01:37 [EDIT]


m767 様
これがホンネでしょうね。
今後も逃げることしかできないですからね。
それとも自滅覚悟で手を出して・・・・来れないでしょう。
かといってこちらも警戒は怠っていませんけどね。
 

 

kochiudon | URL | 2010年04月18日(Sun)22:20 [EDIT]