高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

あの時、バスは走っていた?-1-

高知白バイ衝突死事故。KSB瀬戸内海放送の山下記者による著書の本、
「あの時、バスは止まっていた」 は、もうお読みになられました?
まだの方は、全国の書店やAmazonにて発売中です。

さて・・・この記事のタイトルは、本とは全く関係ありません。

まずは写真と解説をごらんください。

1-033.jpg
2-034.jpg
4-037.jpg
6-039.jpg
7-040.jpg
8-110.jpg

この感じだと、片岡さんがバスに乗った状態で写真を撮られる時間が逮捕される15:04までに約9分間あることが推測される。
それぐらいの時間があれば運転席に片岡さんが居てもおかしくないようにも思えるが・・・片岡さんにはその記憶がないのである。怪我人(当時)を救急車に乗せるのを手伝い、生徒の避難を手伝い、そして現場検証が始まるのを待っていたという記憶だけである。写真の不自然さも含め、なぜ運転席に片岡さんが??御存知の通りこの問題は大騒動になった。

この写真群にも不自然な点はいくつかある。まずひとつは一緒に写っている別のバス。

実は、その路線バスに注目した人は複数いたのだが、ある方がバスの運行状況を調べて情報提供してくれたのだ。しかしこれについては裏づけを取る為にしばらくの間は非公開ということで公開を控えていたのである。
そして・・・・・裏づけを取り公式文書も入手。
あの時、バスが走っていてはおかしい。 ということが濃厚になった。

それなら再審請求の時に決定的な証拠として温存という手もあるかも知れないが、現実は?

どんな真っ当な証拠を持って再審請求に臨んだところで裁判官が「却下」と言えばそれまで。

これが日本の司法制度の現実なのである。
 

先日の愛媛白バイ事件の民事判決を見てもわかるように、今の司法は正攻法ではなかなか通用しない腐った仕組みであることがハッキリした以上、こちらも手法を変更するしかない。(もちろん合法的範疇で)
そんな中で一番頼りになるのは国民の皆様の声の結集。一人でも多くの皆さんが、ありとあらゆる手段でオカシイと声を高らかに情報発信をしていただくことなのでないだろうか?

                                      (つづく)

 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちわ
>正攻法ではなかなか通用しない腐った仕組みであることがハッキリした以上、こちらも手法を変更するしかない

まったく同意ですね。
意識の転換が必要だと思います。勝つことを明確にして、その戦略などを見せていくことだと。

hal | URL | 2010年04月08日(Thu)14:26 [EDIT]


hal 様
自分達が意識を変えマスミも動かざるを得ない波紋を広げて
いくことや、世論のチカラを借りて再審をしなければならない状況に司法を追い
込むことが当面の目標となるのかな?今までのように一絡げにして見るのではなく
警察庁、警察、検察、司法と分離して、それぞれの問題点を明らかにし、突いて
いくことが重要だと考えています。
そして地元のマスミは当面アテにしても無駄だということは
ハッキリしているわけですから、マトモな報道機関に取材をどんどんお願いしたい
ですね。(支援団体の活動ですでにその動きになっているのは好ましいことです。)
 

kochiudon | URL | 2010年04月08日(Thu)15:57 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年04月08日(Thu)16:31 [EDIT]


素晴らし労作!!



『あの時、別のバスは走っていた。』

ですね。

kochi53 | URL | 2010年04月08日(Thu)21:45 [EDIT]


これは参った。

路線バスって(笑
でもなんで消しとかなかったんだろ?
描き足しに必死で消す方の頭は無かったのか?

JP2 | URL | 2010年04月08日(Thu)22:02 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます 様
すみません、この画像は拡大しません。
拡大できる場合は(クリックで拡大)と注釈を入れるようにしていますので御了承ください。
尚、これに始まる記事は、後日へつづく予定です。じっくりと行きましょう。
 

kochiudon | URL | 2010年04月08日(Thu)22:43 [EDIT]


kochi53 様
愛媛の判決で司法の崩壊を目の当たりにし、その後ある方とお話を色々とさせていただいたことで、何か違うものが見え始めた気がしています。この路線バスの一件もしかり、公表せずに裏づけが完璧に取れたとしても門前払いを喰らえば全くの水の泡となる。
それよりもこの件はどうだあの件はどうだと間髪入れずに突き付けることで、相手もそれに対して何とか言い逃れをしようとアクションを起こせばしめたもの。すなわちそれは対話であり動きであり、それが法廷の中でなくても、公開で再審をし内容を争っているも同じようなものだと思うようになりました。そしてそれを多くの国民がネット上であっても見てくれ考えてくれ、異議をとなえてくれることで大きな波紋の広がりとなってくれることが非常に重要なことだと考えています。
 

kochiudon | URL | 2010年04月08日(Thu)23:29 [EDIT]


JP2 様
路線バスの件は、さらに掘り下げて記事にしたいと用意しています。
それにあちらさんがどういう反応をするのか?とっても楽しみですが、
動いても動かなくても各々の意味を持つわけで、所詮は逃げるしかない
立場になった真の犯罪者は非常に不利な立場だということです。
人質も無事に帰ってきた今、じっくりと追いつめるのみ。
こそこそとゴキブリのごとく逃げ回らなければならないのは1年4ヶ月どころじゃない。
 

kochiudon | URL | 2010年04月08日(Thu)23:36 [EDIT]


懲役32年、執行猶予4年

 斬馬です。警察人生32年。定年より4年早く辞めました。
懲役32年の経験から、私は、初めから、ただの批判や人情話なんかは、何の役にも立たない。と、・・・
「下品な」言い方でした。

 これです。「上」のやり方。
糞が困るのは、タダ一つ。
アクションからくる、「自分たち」の「形と体裁の崩壊」これしかない。

これだけです。ほかにない。
たたき壊し破壊する。天誅あるのみ。

糞は、腹の中では、自分の姿を知ってます。だからこそ、形と体裁を守る為には何でもやります。
これに、従順に素早く(何も考えない)動く現場の兵隊のみを珍重する。

ただ、逃げる時は、現場に全てを放り投げ、自分だけは脱出用ロケットでジャンプする。

斬馬 | URL | 2010年04月09日(Fri)09:11 [EDIT]


見てる人あり

生徒がバスを降りて道渡ってる時から後方赤コーン設置後に片岡さんとされる人物乗車後まで同じ場所で全状況を見てる警察の人がいますよね。こちらLMさん記事参照。

http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-252.html

クリック拡大の一番上の写真は生徒横断中。三番目はバス後方赤コーン設置後の運転席人物乗車中の写真。この時間帯ずっとこの警察の偉い風人物はここにいて全部状況を見てる。路線バスもこの人の目の前を通過したのか? 路線バスが事故バスの後方を通過するとなると、通れるといってもさすがにぎりぎりだろうから警察が誘導したんじゃないかな?

こっちにも写ってるし。ちょうど乗用車がバスの後に回り込むところありますが、これ見てもバスもなんとかいけそうですね。でもぱぱっとはいかないから、路線バスの運転手はその時のこと覚えてるはず。路線バスは角曲がってきたものなら話は別なんですが。 
http://kochiudon2.blog105.fc2.com/blog-entry-195.html

片岡さんの乗車前の状況と何時乗車したかも具体的に見てるわけですし、とりあえずこの人に聞いたらいいのかも。

JP2 | URL | 2010年04月09日(Fri)09:30 [EDIT]


斬馬 様
さすがですね、斬馬様から学んだ事がたくさんあります。
>初めから、ただの批判や人情話なんかは、何の役にも立たない。
おっしゃる通りですね。遅ればせながらこれからは視点を変えて
「形と体裁の崩壊」・・・自滅していただきましょう。
 

kochiudon | URL | 2010年04月09日(Fri)10:20 [EDIT]


JP2 様
片岡さんが頬杖をついている写真に大型ダンプ?が左に切り込んでるのが写っています。この大型もバスの後ろを通っているということで、バスも当然ながら通れたわけです。
 
見ていたであろう偉いさんは聞いても発言しないでしょうね。
当日の路線バス運転手については、すでに連絡がとれる状況で・・・・との事。
(今はここ関係者にOKもらってないので書けません)
 

kochiudon | URL | 2010年04月09日(Fri)10:30 [EDIT]


もし法廷だとこうなりますかねw

弁護士「これらの写真からして、生徒降車直後から運転手乗車までの時間帯、あなたは事故車バスのすぐ後にいて事故車バスとあなたの間を通過する他車両の状態を見ていたことは事実ですね。」

証人「そうです。」

弁護士「では、この写真のあなたのすぐ前に写っている大型トラックはこの後どうなりましたか?」

証人「バスの後方を通過し走り去りました。」

弁護士「ではこちらの写真に写っている路線バスはどうでしょうか? この撮影の直前に事故車バスの後方を通過しているのですが、その状況をあなたは確認しているはずです。見ましたか?」

ときたら、このお偉い人はどう言うのかの予想w

予想1「大型トラックと同じように通過しました。」
予想2「通過したのかもしれませんが覚えていません。」
予想3「答えたくありません。その必要は無い。」

2でしょうねw 法廷で3はまずいですよね。1もまずいのかなw

kochiudonさん
>今はここ関係者にOKもらってないので書けません

では、この件続報をお待ちしております。わくわくですw

JP2 | URL | 2010年04月09日(Fri)11:01 [EDIT]


第三者
一枚の写真に、片岡さん と 存在するはずのない路線バス が写ってますから、片岡さんは合成ですね。

目撃隊員
一枚の写真に片岡さんと路線バスが写っておりますが、路線バスは合成ですが 片岡さんは合成ではなくて本物です。

裁判官
第三者だからといって片岡さんは合成という主張に信用性があるわけではない。
目撃隊員だからといって片岡さんは本物という主張に信用性がないわけではなく 信用性がある。
再審請求却下。

(・ω・) | URL | 2010年04月09日(Fri)22:14 [EDIT]


私のさっきの少々ふざけたコメントごめんなさい。
今度はさっきのよりは有り得そうなバージョン。

第三者
走ってるはずのない路線バスが写ってるから片岡さんは合成ですね。

合成写真を作成した警察関係者
路線バスは合成ですが、片岡さんは合成ではなくて本物です。

裁判官
写真作成者本人なら、どの部分が合成で どの部分が本物かが 分かる。第三者には分からない。
写真作成者本人である警察関係者の証言は信用性がある。
よって、片岡さんは合成ではなく 本物であると認められる。

こんな展開も有り得るんじゃないかと思えるほど、裁判官は警察・検察・科捜研の言うことは何でも採用するよね。

(・ω・) | URL | 2010年04月10日(Sat)02:40 [EDIT]


さらに別バージョン。

片岡さんが合成であるのが証明された場合。

裁判官
事故直後にスリップ痕を撮った写真はないようであるが、スリップ痕はバスの急ブレーキ痕と認められるのであり、当然 バスのブレーキ痕は事故直後からあったものである。

(・ω・) | URL | 2010年04月10日(Sat)14:56 [EDIT]


JP2 様  (・ω・) 様
数々の力作ありがとうございます。
こういう事を裁判で言わせるためにも再審を受理せざるを得ない状況に
持ち込むことが先決です。
再審の舞台でこういう判定をしてくれれば、今度は国民もメディアも
黙っていないでしょうね。そうなることを願います。
 

kochiudon | URL | 2010年04月10日(Sat)21:42 [EDIT]