高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

書けなかったスリップ痕

初めての方はこちら参照してね → 高知白バイ衝突死事故(Wikipedia)

不思議に思わないのか?
合理的説明もできないのに検討すらしない。
これが公正な裁判といえるのか?

まぁ犯罪者の一味なら、そりゃしない(できない)だろうが、やってることが世界の常識から
完全にズレているから騒がれているんだよ。

以前に何度か書いた後輪スリップ痕不存在の謎。
状況的には衆人環視の中で歩道に近く野次馬も多い位置になるので書くのを断念した、あるいはどうせ有罪にすることが裏で決定しているのだから一応衝突部分近くの写真が形式的にあればいいとしたのか、とにかく後輪のスリップ痕は存在していない。

これが後々で大きな問題になることを予測していなかったのだろうね。

警察自身が厳選して出してきた証拠写真にも後輪の後ろ地面はウッカリ写りこんでいるわけで、確実にスリップ痕が存在しない事を証明している。

例えば、指差し写真として話題になった1枚にも。
100325-51.jpg

        T字マーク付近に一切バスの後輪スリップ痕が存在しない。
100325-52.jpg

さらにバス後方からの1枚
100325-53.jpg

ここにも・・・存在しない。
100325-54.jpg

急ブレーキで後輪だけスリップ痕がつかないことはなく、逆に前輪よりも後輪のほうが長くつくのが普通であると交通事故鑑定人は断言しています。そして同じバスを使い、更に違うバスも使って幾度も行なった実験でも結果は同じなわけで、前輪が1mのスリップ痕をつけるブレーキなら後輪は2mぐらいついているというのが常識のようです。

これについて説明できる者は裁判所にも検察にも科捜研にも誰一人として居ないばかりでなく、証拠としての採用を頑なに拒んで却下を繰り返す。都合の悪いことについては逃げている、これが裁判所の実体です。

来る2010年4月16日に言い渡される国賠訴訟の判決も言う事は決まっています。
判決までに一ケ月半以上もかかるはずがありません。何ら検討しなければならないことはないのです。すなわち意味のない引き伸ばし。
この民事裁判、当初は被告である高知県警が応戦やる気満々だったのに、原告から生徒達の上申書が出たとたんに意気消沈、裁判所も急に刑事の再審請求が先ではないか?と逃げに転じました。

さすがに子供を巻き込み、嘘に嘘を塗り重ねるのには気が引けたのでしょうか?都合が悪くなればケツまくって逃げる、これが高知県警の実体です。 

異論あるならキッチリ裁判やりましょうや。


そして、取材はたくさんしても文才が無くデスクに却下されてるのか?一向に新聞記事にならないような取材しかできない記者なんかをスパイで来させるのはやめてさ、一緒に楽しくスリップ実験しませんか?

とにかく2010年4月16日に終結判決が出れば上記の通り逃げたという事です。
そりゃ順序が違う?判例がない・・・? いえいえ、そんなことはないはずだよ。

どちらが正しいか?もう国民はわかっているんです。
願わくば高知県民にもっと事実を知ってほしい。


 
過去記事   なぜない?後輪のスリップ痕
さらに詳しい
監視委員長様のBlog  論より証拠のスリップ痕


 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいリズム・いいステップ!!!

 警察が一番・嫌がり・警戒してるのは、このリズムです。
口論や人情話をいくら並べても、屁とも思わない。そんなタマではない。
 この衝撃とアクション・波動の輪。連続打撃。連打。

 警察の不祥事とは、マスコミに出るのが不祥事。出なければ、何があっても不祥事ではない。
「出なければ」→いくら、何が、あろうが・我関せず、清く正しく美しい組織です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・口は弁護士・心は詐欺師・歩く姿は、ボケ桜。

 警察の言い分が正しければ、即、証明できる事故です。何がなんでも、やってもらいましょう。
逆に、それを実行しなければ全部ウソだ。
コレほど単純な画策工作は、北朝鮮の軍事裁判以下です。世界に発信しよう。

斬馬 | URL | 2010年03月25日(Thu)15:38 [EDIT]


斬馬 様
まともな事が通用する相手とは思わないほうが正解ですね。
しかしながら手続きは法に副って行なわなければならないから、
それはそれなりの方(弁護士さん等)がやってくださるわけで、
法的知識もない庶民の私は、私なりの庶民感覚での常識でできる
役割を通したいと思います。もちろん自分は決して人に自慢できる
人間でもないですが、この事件は絶対に許せない。


kochiudon | URL | 2010年03月25日(Thu)21:31 [EDIT]


こんばんわ。

バスは運転したこと無いのでわからないですが、車のブレーキは四輪同時に効きますよね。

前がロックしたら後ろもロックしますよね。

片多康裁判長、柴田秀樹裁判長、津野修裁判長、そして池明善裁判長。四人とも、後ろだけブレーキ痕がつかない車を見たことがあるのでしょうね。

それにしても、写真に写っていればそれは証拠という裁判官が日本に四人も居るとは。

鉄馬 | URL | 2010年03月25日(Thu)23:10 [EDIT]


鉄馬 様
実際にブレーキ実験をしてもしっかり4輪ともつきますね。
それと4人の共通点が見た目でもありますね。
それは眼力がなくうつろなんです。お仕事が忙しく
お疲れなんでしょうかね?お気の毒に・・・・
 

kochiudon | URL | 2010年03月25日(Thu)23:41 [EDIT]


ビニール・ハウスの思いで

 ビニール・ハウスを知らない人います???園芸よう~温室栽培促進装置(←自己流の言葉・信じないで)
昔・キュウリのビニールハウスが数十メート切られる事件が多発しまして、やっと犯人を捕まえ書類を提出しました。(略式です)
その時、裁判所のエライ人から呼び出しを受けまして、何事か?と、ビックリして駆けつけると、エライ人が私に
    「君ぃ~~ビニール・ハウス・・で・なんだね??」・と、。
御質問がありました。
 たまぁ~げた。~ビニール・ハウスを知らない。とは、ついぞ思わず。使用方法・意義・目的なんかは何もしてなかった。
 私は、おかしいやら・腹立つ・やら。無言で吉本興業の寛平チャンの「アヘェ~」をやりまして、大至急、写真を撮影・焼き付け・現像・プリントと急ぎ、「写真説明しました」。
その時、押収した・・~裸の女が両足を、おっ広げた写真も、ついでに持っていって
  「やる時、解らないでしょうから、ヤル前に見てください」
と言ってやろうか?・・~とも思いましたが。
家族の事を考えると何も出来ず。やはり、焼酎で終わりました。
 
ヤクザが涙流しながら「組をやめます」「家には女房と子供が・・・」なんて~言ったら、刑期を短くするアホを裁判後、
私と一緒に大笑いしながら刑務所へ見送ったヤクザ屋サンが何人いたか?メデタシ・メデタシ。
 美しい国で出世するには、小学校入学時から他人を押しのけるぐらいの受験勉強が大切です。酒なんか、とんでもない。

斬馬 | URL | 2010年03月26日(Fri)10:51 [EDIT]


斬馬 様
う~ん、そんなんじゃ~いくら庶民の言う世間の常識を力説したところで、
異星人がやってる裁判に話が通じるはずがないですね~~。
 

kochiudon | URL | 2010年03月26日(Fri)14:37 [EDIT]


民事訴訟の国賠訴訟の第一審の地裁は、刑事で敗訴した加害者は民事で事実関係を争えないとして原告不適格と判断されたそうで、門前払い判決が濃厚ですが、
片岡さんは白バイ隊員の遺族に対して民事で争ってるのではないので、原告不適格という判断には疑問もあります。
下記のケースは、最高裁まで原告適格を争って最高裁で原告適格が認められて、地裁に差し戻されて実質審理が開始されたケースですので、再審請求の準備でお忙しいとは思いますが、国賠訴訟のほうも最後まであきらめずに頑張ってください。
民事で争う前に再審請求しろって言われたって、国賠訴訟は再提起は時効になってできないし。
↓↓↓
http://www.asyura2.com/0505/genpatu3/msg/139.html
住民らは85年9月に提訴。当初は原告適格が争われ、最高裁が92年9月、住民側全員に原告適格を認め、審理を福井地裁に差し戻した。
実質審理に入った差し戻し後の1審は請求を棄却したが、2審は「安全審査にミスがある以上、放射性物質が放出される具体的危険性を否定できず、重大な違法がある」として許可を無効と認めた。

(・ω・) | URL | 2010年03月29日(Mon)00:19 [EDIT]


(・ω・) 様
いつもコメント・アドバイスありがとうございます。
具体的には生田弁護士先生が考えてくださっているので
最善の方法をとられるかと思います。
今回の(も?)高知地裁には期待していませんから次の
手段に取り掛かることに専念ですね。
(もう先生は考えておられるようですが)
そしてそれを伝えない地元新聞社などは無視して我々の手で
情報発信をしなければなりません。
 

kochiudon | URL | 2010年03月29日(Mon)09:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。