高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

捏造の核心を突く解析書

先日、「却下」となった国賠訴訟。
---------------------------------------------------------------
2月2日、高知白バイ事件の国賠訴訟口頭弁論が高知地裁で、午前10時より開廷しました。

 205号法廷の傍聴席(48席)は半分くらい埋まりました。記者席に座った人は一人。定刻に裁判が入廷して、開廷前の代表撮影が終わり、被告代理人4名(内弁護士2名)が入廷後に裁判長が開始を宣言した。

 開廷宣言は言語明瞭だった裁判官の声が急に聞き取りにくくなる。

 「原告提出の77号証、78号証、79号証・・・その他にもいろいろ出していますが・・これらの証拠は△$дп★ёЩ〇ので却下します」 △$дп★ёЩの部分は声もさらに小さくなってごにょごにょと口ごもっていました。

 終了後に前のほうにいた人に聞くと、△$дп★ёЩ〇の部分は「調べる必要がないから」ということです。

 10名以上の生徒の上申書や部品の位置が移動していることなど、刑事裁判では提出されなかった証拠も調べる必要は無いとの判断です。判断理由は当然述べてはくれません。

 その後すぐに判決日が言い渡されました。4月16日です。
-------------------以上、LM737様のBlogから引用----------------------

実はこの裁判には交通事故鑑定人の石川先生による25ページにも渡る綿密な解析書も添付されていました。許可をいただいてないので公開はできませんが、部分的にひとつだけ自分自身がやってなかったことを引用させてもらいます。(全部読むと凄い沢山の矛盾を突いています)

科捜研は倒れた白バイの接地部分に色分けをしています。ピンク・黄色・緑・青など。そしてそれがどういう動きをしたのか図面を描いています。(白バイのシルエットは私が足しました)
100217-51.jpg

それを踏まえて、色分けされた白バイボディーの各部分と路面の擦過痕とされているものと重ねて比較する作業です。
(下図が交通事故鑑定人である石川先生の資料から抜粋させていただいたもの)
100217-52.jpg

さて、絵を重ねるには基準となるものが必要です。この図は白バイの右後ろバンパー(青)と長い擦過痕を重ねて基準としています。(A)
するとどうでしょう?
他は黄色の一部を除き全然一致しないばかりか、動いたとされる方向とは全く無関係な方向へ多数の擦過痕モドキがあるのが見てとれます。
結果を言えば、衝突し方向転換し白バイのボディーにより路面についた擦過痕とは言い難いシロモノなのです。要するに偽物であるということ。

車の速度や衝突によるベクトルなど、もっともらしく計算したかのような科捜研の資料も反発係数を無視した結果ありきでこじつけた偽物であることが他のBlogでも解説されています。 ・参考Blogこちら

要するに高知白バイ事故は嘘ばかりの捜査資料で不当な裁判を行なっており、こういう突っ込みに対して科捜研も警察もきちんとした説明ができず「最高裁で判決が下っている」と言って逃げることしかできないのです。
国賠裁判もマトモにやりあえば負けることがわかっているし、警察も裁判所も犯罪を犯したことを認めざるを得なくなる事が確実なので門前払いで逃げました。こういう解析書も読んだ上で却下したのなら、提出された25ページにも渡る解析書の内容の間違いを指摘できて当たり前でしょう。裁判官は説明できますか?
当時の学生達の上申書に対して、あなた達裁判官は「君達はこういう理由で嘘をついているのだ。」と彼らを目の前にして真正面から言い切れますか?どうですか?できないでしょう?

学校ぐるみで裁判所見学に行って質疑応答でもやりますか?申し込みがあったら断るわけにはいきませんよ、前途ある学生の社会見学なのですからね。真摯にお答えしてもらいましょう。
  
 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これ見た限り現実的にバイク停止位置とL字サッカ痕(青)の関係は図面と全く合ってませんし。路面を引掻いた箇所は途中から離れちゃってます。マフラーの先の真下ぐらいでとっくに終わってます。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/25491120.html

と言うよりも、L字サッカ痕を付けたバイク箇所が図面の箇所にはならないでしょう。L字サッカ痕の延長上に図面の箇所が来ようがないじゃないですか。

JP2 | URL | 2010年02月17日(Wed)23:58 [EDIT]


へへ うどん屋の大将、今日はまた一団と熱いですねぇ。

 ところで後5日で片岡の叔父貴が帰ってきやす。

 先は長くなりそうだって旦那が言ってやしたが、お付き合いよろしくお願いしやす

政 | URL | 2010年02月18日(Thu)00:07 [EDIT]


JP2 様
そうですね。仮に100歩譲って青と黄色の最初(下)が正しいとしても90度進路が変わって以後は青に平行に擦過痕がつくべきですよね。(途中で浮けば消えるとしてもね)
ところが青(バイク)が直線的に移動しているのに途中の擦過痕はあらぬ方向に向いて沢山ついている。じゃあそれって白バイが一旦バラバラになってまた自動修復したというのか?要するに警察の主張はまったくの嘘でこれはデッチアゲ犯罪であるということです。
 

kochiudon | URL | 2010年02月18日(Thu)00:25 [EDIT]


政 様
お久しぶりです、いよいよ帰還まで残り5日ですね。
また片岡さんの元気な顔を拝見しに行きたいと思います。
そして一生つきあいますよ。これから尻尾を巻いて逃げ回る
輩の滑稽な姿をこの目で見て笑ってやりたいですからね。
 

kochiudon | URL | 2010年02月18日(Thu)00:30 [EDIT]


深さ・・は、どうでしょう?

 衝突後、白バイを引きずった?
と、言う・のであれは、・・・

 白バイの重量から考え、「かなりの擦過痕」が「深く」
路面に彫り込まれる・・彫るとの表現方法は、妥当ではありませんが、
 大重量のバスが、大型二輪車を引きずる様に停車したのであれば、路面の擦過痕は、少なくとも、並の「痕跡」ではない。
 「痕跡」は「深い」はず。で、ないと、「引いて、持って、行けない」

斬馬 | URL | 2010年02月18日(Thu)09:44 [EDIT]


斬馬 様
おっしゃる通り、引きずって路面が掘れた痕(ガウジ痕だったと思う)があってもおかしくないけど、翌日に片岡さんの関係者が現場を見に行って何も痕跡を見つけられなかったし、実際そのガウジ痕も存在していなかったようです。
もちろん事故鑑定人もそのことに触れ指摘し記述していました。

kochiudon | URL | 2010年02月18日(Thu)13:15 [EDIT]


L字痕の不思議

思い出しました。この件、昔、高知BBSの頃に一回あって、その時結論出てたんでした。サッカ痕延長上で接触箇所がズレそうだとかいう話より、もっと決定的なことだったw すっかり忘れてましたよ。

こうです。

バイクをバス進行方向に引きずった軌跡を示す唯一のサッカ痕、いわゆるL字痕ですが、これは、このサッカ痕を路面に刻んだバイク箇所の最終停止位置よりかなり手前で終了していることが、バイク後方からの写真により明白である。ということは、L字痕終了位置より、バイク車体はさらに先まで移動したにもかかわらず、その区間でバイク車体が路面に接触している箇所が存在しないということである。これはおかしい。もし、金属箇所は浮いたのだがタイヤが路面に接しているということであるなら、タイヤ痕が残ってるはず。一切の痕跡がない。

JP2 | URL | 2010年02月25日(Thu)01:42 [EDIT]


JP2 様
そもそも警察の証拠が嘘ばかりなんですから、どう考えても
辻褄が合うはずがない。
警察はこの先、ずっと逃げるしか手段はないのです。
バカな事をしたものです。後悔しても遅いけど自業自得。
 

kochiudon | URL | 2010年02月25日(Thu)09:05 [EDIT]


ご相談

JP2さんお久しぶりです。その節はお世話になりました。
うどんさん。相変わらず鋭い分析ですね。
その他の皆さんおじゃまします。

ほかでもありませんが、私のブログでいろいろ書いているとおり・・・

http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/02/post_a63f.html

検察庁が本腰を入れて動き出したようです。そろそろ証拠を揃えて、検察に説明に行こうと思います。うどんさん・LMさん、私と一緒に行きませんか?

要するに、高知地検に対し、警察庁と闘い、裁判所を納得させることの可能な資料を渡しに行くのです。私の解説では足りません。これまでのみなさんの調査結果を検察にぶつけてはどうでしょう。国賠の地裁では却下された証拠資料も、地検には出す事が出来ます。

この告発について、弁護士・鑑定士も含めた協力体制を構築し、片岡さん自身の告訴に準ずるものと考えて闘うことを、私は切に望みます。皆さんのご協力をお願いします。
弁護士・鑑定士とも相談して(勿論片岡さんとも)、そちらの方針を決めてください。

できれば、この件で、近いうちに、LMさん・うどんさんらとお会いして、ご相談したいのですが、どうでしょうか?JP2さんは遠いのですよね?また、メールでいろいろ教えてください。

高知市内なら、私が運営するカフェルームがはりまや町3丁目にありますので、貸し切りにします…(20名程度まで入れます)。

以前、片岡さん本人には『高知事務所として使えば?』と申出ていたところですから、遠慮も料金も要りません。飲食する場合は持ち込みでも結構です。毛布があれば寝ることも可能です。白バイ事件が解決するまでいつでも使用可です。

この欄のメールまでご返事ください。電話は支援の会事務局長が知っています。いつも唐突に要件のみで失礼します。こんな奴ですから・・・

藤島 | URL | 2010年02月25日(Thu)09:39 [EDIT]


藤島 様
御丁寧なコメントをいただき恐縮です。
私としては当然ながら片岡さん達の活動を補助的に応援する立場と捉え
自分の都合のつく時間に限定し、その中でできる範囲のお手伝いが
できればという姿勢でおります。
またこれから先は再審請求に向けての動きが弁護士先生を中心に活発にあると
思いますし、現在優先的に情報をいただき公開を容認していただいているBlogでの
情報発信は善しとしても、それ以外の活動については法的知識も無い私にとって、
かえって御迷惑をおかけすることにもなりかねません。
御提案の件については支援団体様(弁護士先生他)経由での要請があれば、私に
可能な範囲でのお手伝いをさせていただく考えはありますが、ここで私個人判断で
お返事は差し上げかねますことを、どうか御容赦願いたいと存じます。
これからもなにとぞアドバイス等の御教授よろしくお願い致します。
 

kochiudon | URL | 2010年02月25日(Thu)10:52 [EDIT]


そうですね、生田弁護士経由で話を進めましょう。うどんさん。気疲れさせてごめんなさい。

もともと、今月初めに生田先生と会った時に『みんなで協力体制を築いて欲しい』『市民活動の高まりが必要』と相談されたことから、問題を整理する為にブログでの解説も始めたのです。。。

今、私は、このページ↓

http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/02/post_9a1a.html

下段のこの部分↓の対応を進めようと考えています。どうぞ、皆様のご協力を戴けますように・・・

第1.事故発生までの問題

第2.事故発生後の処理問題

第3.死亡警察官の遺族に対する1億円支払問題
 真実は、警察庁と県警総ぐるみの保険金詐欺である。詐欺事件での裁判が別途必要。→ 支援者と生田弁護士に相談する。 仁淀川町への補償金に関する調査が必要。今後の課題→ 住民監査請求のような対応方法の検討

=====
生田弁護士とは、ちょくちょく電話やメールでやりとりしています。

スイマセンが、今後の連絡に使いますので、うどんさん。LMさん。SP2さん。それから、今此れをみているのかどうか分かりませんが、itagakkieさん。この欄の私のメールまでご連絡戴けませんでしょうか?
以前もらっていたのですが、PCを再インストールした際に飛ばしてしまいました。お願いします。

みんなで協力体制を作りましょう。再審請求の壁は遥かに高いですから・・・

藤島 | URL | 2010年02月25日(Thu)19:04 [EDIT]


藤島 様
>再審請求の壁は遥かに高いですから・・・
そのようですね。よほど覚悟を決めて取り組まなければ・・・ですね。
私もチームを乱さないよう会の動きに合わせるべく注意したいと思います。
 

kochiudon | URL | 2010年02月25日(Thu)22:48 [EDIT]


藤島さん

運転手顔、赤クリアパーツ等路面散乱物の状況などは、ごく一般的な判断から合成写真としか考えられない代物ですが、バス背景の合成に関しては、以前にesperさんから厳しいご批判を受けており、私としてはパースペクティブのあり方が異常である印象は拭えませんが、より詳細な検証が必要であるのは事実と考えています。この件ではネット上の解像度の低い映像では限界があります。まず警察からネガを出してもらって、専門家によって適正な検証をしてもらうしかない段階と思われます。運転手顔合成など他に十分明瞭な偽装露呈がある以上、ネガでの公平な検証は本来避けられないはずです。コーナー付近の家のポール本数が合わないことでも合理的な見解は一切出ていませんし。

しかし日本の司法検察は論理無関係でやってるらしいので、一般の理屈が通用するのかどうか。

JP2 | URL | 2010年02月26日(Fri)17:02 [EDIT]


JP2さん お久しぶりです

その節はありがとうございました。

enzaixさんのところでのesperさんとのやりとり見ました。いや~ 皆さん熱いですね。08年11月ですか、スイマセン。私他人のブログは此処とLMさんのをたまに見るくらいで、知りませんでした。

此処に使いたいので↓esperさんの許可をもらいたいのですが、

http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/02/post_a63f.html

彼のHPかブログなどあれば教えてください。

それにしても、白バイ事件関係の人は、科学的証拠には詳しいけれど、警察・検察・裁判所の「事情」は知らないみたいですね。「やろうと思えばやれる・・・けどやらない。。。」これが司法機関の「事情」です。

私の告発にしても、要は、告発を受理させれば良かったんです。証拠はあまり詳しいことは要らないんですよ。検察は、県警が証拠を捏造したことは解っているんです。やろうと思えば、私の証拠など無くても、いつでも県警職員を起訴出来ます。親告罪ではないですからね。。。でも、知らないふりをしている。なぜか?


検察は、今のところ、警察を敵に回すより、片岡さんの「チーム」をあしらった方が簡単だからそうしているのです。力関係で、「警察>検察>チーム」の構図を崩して、「警察>検察<国民」の関係をつくれば、初めて検察は動きます。だが、今のチームでは無理です。これは、前弁護士にも言ったのですが、解らなかったようでしたから、私は、引きました。壁に跳ね返されるまでは、理解出来ないだろうと思ったからです。

当時、私には検察に告発を受理させることが可能な流れが別件を通じてあったので、とりあえず、告発状をねじ込んだのです。検察も「起訴はあり得ないが、一つでも選択肢を多く持つ」という判断で受理したのでしょう。厭なら、受理しませんからね。私は父の事件から30年以上警察・裁判所と対峙し、先夫のやり方を見てきました。皆さんが感じている憤りや不満は解りますが、相手は尋常ではない連中です。

後で、私のブログで詳しく説明します。ここでは長くなると悪いので。。。 
私は、SP2さんと、うどんさんを信頼しています。今後ともよろしく。

私に対するチームからの信頼は、今は無理ですが、徐々に得られるでしょう。再審請求の厳しさ、司法の汚さを私はこの身体で味わってきました。その経験が要ります。要らないで解決するなら、それはそれで喜ばしいのですが・・・

藤島 | URL | 2010年02月26日(Fri)19:06 [EDIT]


藤島さん始めまして。以前メールを送ったことがありましたが、無視されたような記憶が・・・。

私の写真の分析は↓にあります。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/keima_tokin/lst?&.dir=/82c8&.src=ph&.begin=9999&.view=t&.order=&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/keima_tokin/lst%3f%26.dir=/82c8%26.src=ph%26.view=t

JP2さんお久しぶりです。

ポールの数が合わない点ですが、その2本のポールは画面の奥にあるのではなく、手前にある建具店のトラックに立てられたものではないかと私は推測しています。

理由1.その2本のポールは鉛直に沿っていない。トラックの荷台に立てられた直径5cmぐらいのものと考えるとトラックの荷台に垂直であり、納得できる。

理由2.その2本のポールだけピントが甘くぶれた感じがする。手前の直径5cmくらいのものが車の荷台で振動していると考えると納得できる。

ことばが乱暴になったことはあやまります。すみません。藤島さんもJP2さんも気持ちは私と同じです。今後ともよろしくお願いします。




esper | URL | 2010年02月26日(Fri)19:43 [EDIT]


最近は単純に考えています。

限られた材料では証明が困難な項目にこだわるより、一番確実で誰が見ても偽装にしか見えない運転席人物の顔の修正偽装だけで十分w これだけでネガ出す責任あり。ネガ出たらより細かい項目の真偽を進めればいい。県警はネガ出す準備あると公発言したはずだし。

藤島さんの言ってる理由どおり、司法検察をまともに信じてる国民は皆無でしょう。子供たちにもそういう教育をすべきです。ウラがあるんだ、無防備じゃだめだ、とね。そのための非常にいい材料じゃないでしょうか。子供にも分かる材料満載でしょう。

未成年者からこういうことを何度か言われております。

「こんなコピペでどうして裁判が通るのか?絶対インチキだって誰だって分かるはずでしょ? 」

現実はそれがそうじゃないのだということを子供らに説明することが非常に難しいのです。何しろ彼らの国への信頼を根幹でくじき、強い不安を与えてしまうわけです。しかし、そういう教育が必要だということが現実です。

JP2 | URL | 2010年02月26日(Fri)20:51 [EDIT]


おじゃましました

esperさんはじめまして。

良ければ、ご提示のアルバムのフォトを私がブログや検察説明で使用する許可を戴けないでしょうか?

使用するさいには「支援者又は esper さん作成」とします。ヨロシクお願いします。

JP2さん 子ども達にリアルな社会を教えるのは逆効果だと思います。あくまでも「原則はこうで、違う場合もあるので注意が必要・・・」程度でどうでしょうか?

それから、此れをご覧のみなさんへ、私は支援する会とは別行動しています。いつも一人で行動し、勝手に信頼を投げかけています。自分の信念に基づいて行動しているだけです。

その点ヨロシクお願いします。

藤島 | URL | 2010年02月27日(Sat)00:00 [EDIT]


藤島さん

>子ども達にリアルな社会を教えるのは逆効果だと思います。

半分ご安心ください。先ほどはブラックユーモア半分で書きました。半分です。残り半分はどうなんでしょうね。そういう積極姿勢の必要があるかもしれませんね。

「警察司法検察、こういう組織を純朴に信じたがばかりに、はめられてとんでもない目にあうことがあるんだ。相手を信頼して調書にサインして、それがもとで罪をおっかぶせられて、それ以後裁判では一切話も聞いてもらえない。そういうことがいくらでもあるのだ。お前たちも気をつけろ。迂闊に信じてはならない。」

こんなことを大人からまともな顔で言われたら、この先、この国の何を信じて生きていけばいいのかとなっちゃいますよね。

しかし、実際は高校生ぐらいになるとこちらが教えるまでもなく、ほぼこの国の実態は把握済みかもしれませんよ。彼らの方がドライに捉えてる観がありますし。

私、かつて女子高校生にこう詰め寄られました。

「日本というのは、文化や福祉とかにはたいした援助もやらないで、それは自腹でやるのが美徳だとか思わせて、意味もない公共事業とか、役人の利益になることには税金どんどん使って、借金何兆円も積んでいる国ですよね。私たちはこんな国でこれからどうすればいいのですか?」

勘のいい子供たちの方が危機のリアルさをよく把握してるわけです。

JP2 | URL | 2010年02月27日(Sat)01:00 [EDIT]


片岡さんは、事故現場から撤去されて近くの駐車場に移動されたバスの運転席に座らされて30分ぐらい警察に写真を撮られた。
なぜ警察は駐車場に移動されたバスの運転席に片岡さんを座らせて写真を何枚も撮ったのか?
生徒たちがバスから降りて片岡さんが逮捕されて警察署に連行されたあとの駐車場に移動される前の事故現場の無人のバスの写真に、駐車場のバスの運転席の片岡さんを合成したのでは?
事故現場のバスやその背景の景色をいじる必要はない。駐車場に移動されたバスの運転席に座らせて撮った片岡さんだけを、事故現場の無人のバスにハメ込めばよい。

(・ω・) | URL | 2010年02月27日(Sat)01:17 [EDIT]


失礼しました

JP2さん

スゴイ哲学少女を知っているんですね。
>「日本というのは、文化や福祉とかにはたいした援助もやらないで、それは自腹でやるのが美徳だとか思わせて、意味もない公共事業とか、役人の利益になることには税金どんどん使って、借金何兆円も積んでいる国ですよね。私たちはこんな国でこれからどうすればいいのですか?」

・・・ 私に、この的確な指摘が出来るかどうか自信がありません。日本の未来は、この一点において明るいのかもしれない。良い刺激をうけました。ありがとうございます。

それから皆さん・・・

皆さんが何を知らないのか解りました。これで今回は失礼します。皆さんが善良な国民で、チームが限りなく努力していることは理解しています。そのうえで、批判・反省しなければならないこともある。

うどんさんのところを荒らすことになるので、ここでは遠慮します。今日中に私のブログで意見を述べます。なお、白バイに関してはブログで批判などを受けるようにしておきます。

ありがとうございました。勉強になりました。皆さんこれからもがんばって下さい。

藤島 | URL | 2010年02月27日(Sat)06:21 [EDIT]


藤島さん

前方でのkochiudonさんとで出てる結論どおりじゃないですかね。一般国民としては、当然本体である生田先生の進める現訴訟の動きをまず見てるわけです。まだこの訴訟の結論出てませんし、それ以後の主軸の動きも分からない。片岡さん自身の意向も分からない。そういう状況で、藤島さんの刺してる告発に生田先生側弁護団がどういう立場をとってるのか、全体構図が世間側には不明瞭なわけですよ。そうである限り、一般国民側個人が独自に判断立てて枝道側を主としてどんどん動くというのは通常ありえないでしょう?

貴ブログを読む限り、生田先生との連携上にあるとのことですので、そのラインによる本体との関係における的確な総体構図の提示が重要かと思いますよ。それがあって、初めて一般国民側はスタンスとれるということです。藤島さんとしては、いきなりこちら様でつっこむよりも、生田先生のラインからでも、まずは片岡さんとその正規支援組織と懇談して頂いて、その内容を掲げて一般国民側に自己の戦略のポジションを説明して頂く、というのが筋じゃないでしょうかね? 

JP2 | URL | 2010年02月27日(Sat)08:52 [EDIT]


そのとおりですね

JP2さん
いろいろありがとう 感謝します。

藤島 | URL | 2010年02月27日(Sat)10:17 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。