高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スリップ痕 V.S お絵かき

何度みても何故こんなことをしたのだろうと情けなくなる。
幼稚園児のいたずらか?

もちろん同じバスで同一種のタイヤによる実験です。
向かって左が事故現場の左前輪のスリップ痕       右が実験による左前輪のスリップ痕
20100215-51.jpg
タイヤの溝を思わせるスジが色反転しています。事故現場のスリップ痕らしきものはタイヤの溝の部分と思われるところが黒くなっています。そりゃ 有り得ん でしょう。
お絵かきの場合、塗らない溝を造るより黒いスジを入れるほうが簡単ですからね。
またスリップ痕の幅も全然違うんですね。現場のは軽四輪のタイヤ幅ぐらいです。


では、前輪でこれだけスリップ痕がつくブレーキをかけた場合、後輪はどうなるのか?
実験でみると、前輪50~60cmに対して後輪は100cm以上ついています。
20100215-52.jpg
鑑定人の先生によると、これは前輪が白バイと絡もうが絡むまいが関係なく後輪のほうが強く印象されるとのことです。ところが事故現場には後輪のスリップ痕が一切ありません。例え状況が違うとしても前輪が1mからのスリップ痕がついた場合、後輪は2mぐらいあってもおかしくない。
(さすがに衆人環視の中で衝突地点から何mも離れた歩道近くで2m×4本ものスリップ痕は書けなかったんでしょうね。衆人環視の中でできないと言ってた警察の真意は後輪のことだったのか?)
もちろん事故から1年数ヶ月も経って地裁判決にタイミングを合わせて出してきたテレビ局や新聞社の写真にも後輪のスリップ痕は一切ないのである。現実ではありえないスリップ痕であったということをメディアが証明してくれている。(ええ、もちろん皮肉も含んでます)

そしてもうひとつ、話題になったオタマジャクシ痕。
どうもそういう現象は起こることがあるらしいですね。というのは上のスリップ痕の写真を見れば右後輪の先端(停止地点)が濃く見えます。

さすが警察もプロ、スリップ痕先端が濃くなることを知っていたのでしょう。
20100215-53.jpg

ところが、やりすぎちゃいましたね。ヘタな知識が墓穴を掘ったのでしょう。

実験のオタマジャクシはスリップ痕の中に収まっています。(当然でしょうね)
ところが事故現場のオタマジャクシは・・・・・

スリップ痕から内側へはみ出しているんです。 (両輪ともね)

明らかに警察が書き足した絵でしかないでしょう。

合理的な説明ができるわけないオカシな痕跡、公判で返答に窮した警察側証人に裁判官は「何かの液体が飛んでタイヤの下に染みこんだものでは?」と助け舟を出しました。
警察も裁判官もグルであることが明らかになりました。

しかしなぜそれがスリップ痕からズレているのか?液体なら周辺にも飛んでないとオカシイことも何ら説明できていません。なぜなら両側タイヤの下方だけを水鉄砲で狙い撃ちしなければ限局的に濡らすことは不可能であるし、狙ったとしても周辺に液体飛散が一切ないことは現実には有り得ないなのですから。
高知地裁に水鉄砲持参してやってもらってもいいかもね。

こんな裁判しかできない高知地裁と、組織の不祥事を隠蔽する為に嘘で県民を犯罪者に仕立て上げた高知県警を絶対に許せません。
 
おっと、それらに媚を売り尻尾を振ってるマスメディアも同罪だよ。

  
 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

高松高裁では、udonさん指摘の事項をこんなこといってますね

 『スリップ痕の由来について確かに原審では一部事実認定に間違いがあるが、スリップ痕の存在に疑問を呈するものではない」(LM737意訳)

 シバタヒデキ 現富山地裁所長の笑顔 ↓
 http://webun.jp/news/E200/knpnews/20091227/8168
 

lm737 | URL | 2010年02月14日(Sun)22:49 [EDIT]


lm737 様
やはり高裁でもアノオタマジャクシは変だということを認めて
いたのでしょうね。しかしながら警察捜査(この場合は操作)に
追従して、事を面倒にしたくなかったというのがホンネなのか。
地裁の判断がおかしければ突き返すのが当たり前ですけどね。
他のチカラが働いていたのかも知れません。
 
 
 

kochiudon | URL | 2010年02月15日(Mon)09:09 [EDIT]


ド・しろうと

 どう見ても、このお絵かきは、しろうと・・ですよ。スリップ痕は、事故当事者のウソを。くつがえす・最も重要な物証です。時速何キロで、どれだけの(長さ・幅など)スリップ痕が着くか詳細なデーターがあり、事故直後に自分の悪いことは決して言わない当事者のウソをスリップ痕を基にタダしていくわけです。携帯用のデーター(スリップ痕の長さと、車の速度)を現場の警察官はポケットに入れており、確かめながら、相手とやりとりするわけです。ひき逃げなんかになると、夏や冬の過酷な季節でも夜中でも、道路にへばり付いてスリップ痕と格闘したものです。それが、ウソでもこんな「お絵かき」をするヤツは現場を知らない、出世コースのアホしかできない。

斬馬 | URL | 2010年02月15日(Mon)11:23 [EDIT]


斬馬 様
そうですよね、事故処理にあたっては換算表なども持っているでしょうし、
逆に使えばそれを基に?cmのスリップ痕を描けば速度を決めれることになる。
事故の一報から検討し事故形態を決め、携帯電話で指示しお絵かきさせても、
20分程度はあるから不可能ではない。というかマスコミが来るまでに仕上げる
意味でもそれぐらいのうちに済ませなければならなかったわけです。
他の案件でもなかなかそういうのは慣れてるらしいですから・・・ちょいちょいと。
地裁判決の頃には、これまた弘岡近辺で白バイ引きずってスリップ痕を工作
していたらしいですし、そんなことしていいの?としっかり見ていた県民がいる。
 

kochiudon | URL | 2010年02月15日(Mon)13:55 [EDIT]


ものすごく、単純かも?

 白バイなんかの交通機動隊の仕事は、交通違反の「切符処理」が主な仕事で、交通は交通でも、事故処理・道路からの微物採取など、本格的な事はやってない者がほとんどです。全くいないか?と言えば100%の自信はありませんが、私は見たことがない。交通機動隊から→一般の交通課(事故処理)の道が普通です。
 私のブログ「悪魔と踊ろう」の初期の段階の「隠蔽」と同じく,ガキ大将が、「見るな」と両手で覆い隠した程度のモノかも?・・・ 
 いずれにしても、勝負は、スリップ痕とネガだと思います。
「隠蔽」の最も大事な事は、時間の引き延ばしで、論理の検証を逆手に取れば、いくらでも、時間稼ぎができます。
 その為に刑務所送り、そして満期出所の流れをつくった様な気がします。昔と同じやり方で。アホはインターネットから広がる世の中の「波」が、まだ全然わかってない。

斬馬 | URL | 2010年02月15日(Mon)16:54 [EDIT]


斬馬 様

>アホはインターネットから広がる世の中の「波」が、まだ全然わかってない。

このBlogを始めて間もなく、見に来ていたんですよ県警のIPアドレス晒して(笑)
アクセス解析ということも知らなかったんでしょうね。知識皆無ですから特殊な掲示板などにも勤務中に平気で書き込みするわ、ネットでエッチなこと誘って断られてるやら、バカの見本市みたいな職場です。
それをBlogで晒されてからはさすがに県警IPでは来なくなりましたが(笑)
それでもまあ見事に反応してくれますからまだ見に来ていることは確かですね。

これ下まで読んでみてください↓ 他にも探せばあります。
http://kochiudon2.blog105.fc2.com/?q=%A5%B2%A5%A4
 

kochiudon | URL | 2010年02月16日(Tue)00:15 [EDIT]


昔の名前で出ています

これ下まで読んでみてください↓ 他にも探せばあります↓→・


 「下」まで読みました。私「悪魔と踊ろう」と全く同じです。昔、相撲取りが歌ってヒットした歌謡曲、~ホステスが昔の名前(源氏名)で店に出ているから、またヨリをもどして~と歌った ・「昔の名前で出ています」と言う歌があった。マ~この程度。
  私のブログは、出してから半年位で県警の中で、知れ渡り、インターネットが判らない輩の為にコピーDVDも出回ったそうです。
 たぶん、そうなる、と、見越して、読み返しもせず、誤字脱字お構いなしで、コピーで投稿しました。が、やり方が解らず写真の入れ方も手探りで、今、見れば。ガチガチの余裕のないブログです。
 
 この「白バイ事故」の流れ、最初から「隠蔽」の為の流れ、刑務所・満期出所が「昔の名前」の通りです。
 私なら、最大限に片岡さんを持ち上げた。それで時間稼ぎをすれば終わる。
 アホは「昔」の通り刑務所に入れた。これが、最大のアヤマチ。
 これだけ「隠蔽」に執着するとは、~・つまり、根本(スリップ痕・ネガ)に問題・無理・矛盾があることは、専門家である、県警様が一番良く御存知と言うわけですよ。「これは、アカン」と、・・~アホがポーカーフェイスでカードを配った。で、・・刑務所の時間をくれ、卵を暖める時間をくれた。・・・アホの贈り物や・・コレをひっくり返し、結果を出せば。アホがなんと「報告」するか?!!それが、イヤだから「自分の足元」だけを守る。
 現場の警察官の迷惑は、知った事じゃぁ~ない。・・・・・「知るか~クソバカ」の型。・・「昔の名前で出ています」






斬馬 | URL | 2010年02月16日(Tue)09:55 [EDIT]


斬馬 様

>私なら、最大限に片岡さんを持ち上げた。それで時間稼ぎをすれば終わる。
> アホは「昔」の通り刑務所に入れた。これが、最大のアヤマチ。

確かに、提案のほうが数年後を考えれば警察にとっては良かったのかも知れませんね。一時は言われても数年後には沈静化という「時の流れに身を任せ」ていたほうが賢かったでしょうね。(善し悪しはともかくとしても)
公判途中でスリップ痕は「以前についた違う車のものに偶然乗っていた可能性があると思われる」と捜査ミスとしておけば「捏造」などという言葉も出てこなかったでしょうし誤魔化せたかも知れません。
しかし選択肢を間違えた、それは自業自得というもの。例え裁判所が門前払いを続けても、これからずっと言われ続けるのを我慢するしかないでしょう。
 
罪を隠すに新たな罪を犯しよっちゃぁいかんぜよ。
 

kochiudon | URL | 2010年02月16日(Tue)13:58 [EDIT]


写真になると紛らわしい

上から2番目の写真(20100215-52.jpg)で、スリップの最後が本当に黒々するですね。勉強になりました。
それにしても仕事とはいえ、警察もスリップ痕の写真うつりを研究して狼藉に及んでいたとは・・。恐れ入りました。

ただ、仕事が雑だったので失敗しましたが、あれでスジもそれらしく入っていて、濃くなったりせず、また黒い部分もはみ出していなかったら本物だと誤魔化されてしまいそうです。
事件からいろいろ教訓を得ましたが、それにしても「写真」は怖いですね。ひとの人生が狂わされてしまうことになるんですから。

「写真はあくまで記録であって、証拠には成り得ない」という新しい判断でも出さないと、これからデジタル化がますます進みオカシナ事件がどこかで起きそうだと不安です。修正できないカメラシステムを導入するとゆってますが、そんなものはすぐに破られますからね、余計に心配です。


hal | URL | 2010年02月17日(Wed)19:44 [EDIT]


hal 様
いつもありがとうございます。
そもそも悪いことをしていなければ修正できないカメラシステムなど不要なのですが、目に余る下手な改ざんを頻繁にしているということから、そういう対策案が出たのでしょうか。
しかしおっしゃる通り技術の進歩はイタチごっこで、すぐに意味のないものになる可能性は高いと言えるでしょうね。
正義感もモラルも期待できない腐った組織そのものに一番問題があるわけですから、余計な切り札を与えてしまうことにもなりかねません。改ざんできないシステムだから動かぬ証拠だとまた嘘をつかれ冤罪になる可能性は否定できないわけで・・・・。
 

kochiudon | URL | 2010年02月17日(Wed)21:50 [EDIT]


揮発性ブレーキ痕の正体

ABS車でブレーキ痕の先端部が少し濃くなるのは、5km/h以下になってABSがカットされて付くものです。急ブレーキで5km/h以下になるのは停止直前の一瞬ですから非常に短いブレーキ痕しか印象されません。

多くの事故処理を行っている警察ですから、経験上このことを知らないはすがありませんよ。その事実を無理矢理ねじ曲げたのが調書です。

「オタマジャクシ」はタイヤ下の部分を塗り足したのは明らかです。時間が経過したら、今度はブレーキ痕より薄くなったていますから。

後輪のブレーキ痕がないのは「歩道に面しているから塗れなかった」という考え方は的を射ています。

タイヤ溝がないブレーキ痕なども含め、県警がブレーキ痕を捏造した状況証拠が揃いすぎています。県警はこれら全てにキチンとした説明ができるでしょうか?M技官のような偽証や詭弁でしか返せないでしょうね。恐らく。

監視委員長 | URL | 2010年08月28日(Sat)09:47 [EDIT]


監視委員長 様

>ABS車でブレーキ痕の先端部が少し濃くなるのは、5km/h以下になってABSがカットされて付くものです。急ブレーキで5km/h以下になるのは停止直前の一瞬ですから非常に短いブレーキ痕しか印象されません。

なるほど、そういうことで最後のところが濃くなるわけですね。
後輪は衆人環視ゆえ塗れなかったのは自信がありました。
だから塗りたくても塗れずで、裁判でも後輪については一切触れて
いません。結果ありきの出来試合のような裁判であったわけです。
もちろん仰るように技官も合理的な説明は無理でしょう。
高知県警は説明できますか?できるわけない。
これでも高知新聞は片岡さん側の主張は茶番だと言えますか?
言えるわけない。
 
 
 

kochiudon | URL | 2010年08月28日(Sat)21:22 [EDIT]