高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

検察も裁判官もグル

高知白バイ衝突死事件、公判では証人に対し色々と質問がなされている。

■平成19年2月22日■これは事故を対向車線から目撃したという白バイ隊員のもの。
100208-51it.jpg

   バスの後ろ側のスペースについて、 「歩道に乗り上げれば通れます。」
   (普通車ぐらいの車なら速度を落として行けば普通に通れる状況だということ)

では、次に・・・

■平成19年4月3日■今度はバスの後ろにいた校長先生と検察とのやりとり。(116~123省略)
100210-50.gif
100210-51.gif

なぜにこうまでしてバスの後ろに検察がこだわるかと言うと・・・・・

事故が起こる前にバスの後ろを車が通過していると、警察側には非常に都合が悪いのです。すなわちそれはバスが止まっていたということになるから。

だから検察も必死だったんです。2月の公判で身内の目撃白バイ隊員が普通車なら通れると発言した事も忘れたのか、校長にしつこく1.9mしかないと絡んでいるのです。

さて、目撃隊員と校長先生の証言に微妙な食い違いがあるのですがわかりました?
白バイ隊員:歩道に乗り上げれば通れます。
校長先生:歩道に乗り上げた感じはなかった。

では現地が実際にどうなっていたかというと・・・・
090707-51.jpg
公判の状況から写真のピンク色が正解だったようで、路側帯と残った車道を合わせて1.9mだったようですね。
そして歩道は・・・・全然段差がありません。そうなんです。ここは車道・路側帯・歩道を白線で書いて仕切っているだけなのです。だから段差は全くなく、校長先生が検察官のしつこい絡みに対して「私は見たままを言っるだけです!」と断言した通りだったのです。少なくとも校長先生は嘘をついていませんでした。
一方の目撃白バイ隊員は「歩道=段差がある」という既成概念で話をしていたことがわかりますが、普通車なら通れるという目測だけは正しかったようです。
別の角度から本当にバスの後ろを通るに充分な広さがあったかどうか?検証してくださったBlogがありますので御覧下さい。→再検証-高知白バイ事件
追記:Blog管理人さんが更にわかりやすい記事を作成してくださいました。感謝。こちら

それらに比して検察官は必死で「1.9mしかないのに通れるわけがない」と言わんばかりに校長先生を追い込んでいる様子がわかります。これら現場の写真も証拠として見ているはずなのにです。

追記:この記事に関して強烈な補足情報をLM737様がUPしてくださいましたので、合わせてお読みいただけると高知県警の意図したことが見えてきます。→ こちら

しかしながら校長先生は動じなかった。 そこで検察官は質問を変更。

結果、裁判長はこの件については触れず「校長としての立場として不祥事から責任逃れをするための虚偽の証言であるから信用できない」と切り捨てたのです。校長先生の見た状況説明とバスの中に居た生徒達の説明と合致していたにも係らず却下したのです。

今でも胸を張って生徒達の前でそう言える?

あと13日で、警察・検察・裁判所の犯罪の犠牲になり1年4ヶ月も人間として生きる権利を奪われ刑務所に拉致されていた片岡さんが帰ってきます。
県庁前・県警前・裁判所前を凱旋パレードしてもいいのではないでしょうか?
最敬礼で迎えてくれ、花束の贈呈・裏金から慰労金ももらって当然かも知れません。

支援者・・・・・え?裏金をもらえばヤツらと同じ?   ごもっともです。
高知県警・・・・道路占有使用許可は致しません。   ごもっともです。
 
良かれ悪しかれ司法制度に従い国民としての義務は果たした片岡さんです。
これからコソコソとゴキブリのように逃げ回るのはどなた達でしょう?

  
 
        1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

バスの後ろを通っている写真があるのに、検事の質問は異状としかいえません。
仮に、あの場所で、バスの後ろを通過できなかったら、どのような状態になるのか考えて質問しているのでしょうか。
傍聴人のほとんどが、現場を知らないと思っているのでしょうか。


jbh | URL | 2010年02月10日(Wed)19:01 [EDIT]


検察官は都合がいい話にでっち上げるためならな魂も売る連中ですから。
・郵政不正事件で証言が翻った件
・高知地検検事が自白強要http://bit.ly/c9U12E

小沢資金問題の報道で皆が気がつき始めています。

最近bit.lyの使い方覚えて♪

監視委員長 | URL | 2010年02月10日(Wed)21:03 [EDIT]


まいどです。
ご紹介ありがとうございます。
恐れ入りますが、リンク先はこちらhttp://i2meneo.blog10.fc2.com/blog-entry-163.html
のほうへお願いできれば幸いです。v-436

i_2_me | URL | 2010年02月10日(Wed)21:19 [EDIT]


jbh 様
検察官は「1.9mしか通れる間隔が空いてない」とまで、言っているのです。
誰が見ても嘘だとわかります。
誰が正しく誰が嘘をついているのか、国民はしっかりと見極めなければ
なりません。そして小さなことでも、できることを行動に移して
ほしいと願います。
こんなくだらん裁判をされて刑務所に放り込まれるなんて。
明日は本当に我が身かも知れません!
  

kochiudon | URL | 2010年02月10日(Wed)21:52 [EDIT]


監視委員長 様
密室での取調べも相当ひどいらしいですね。それだから取り調べの可視化に
反対するわけですわ。
権力を傘にきて偉そうにしてるだけ、裸にすりゃただの・・・(以下自粛)
 
ツイッター、まだいまいち理解できていません(汗)
 

kochiudon | URL | 2010年02月10日(Wed)21:58 [EDIT]


i_2_me 様
どうもありがとうございます。追記というカタチで追加させていただきました。
すごくわかりやすいので有り難いです。
 

kochiudon | URL | 2010年02月10日(Wed)22:00 [EDIT]


この件で私以前書いた延長でもう少し整理してたんですよ。前回はちょっと検察側の意図を浅く見て言ってました。検察としてはこういうことのはずなんですよね。

(a)証人はバスの最後部と自分の車の間を他の車が通過したとするが、1.9mの隙間では通過できないはずだから、証人の主張は虚偽である。

(b)事実は、急発進直前のバス車体は歩道から駐車場の一部までをふさいでいたのであるから、証人の車はさらにその後にあった。証人の車とバス最後部との間に、たとえ他の車が通過できるだけの間隔があったとしても、車道からその位置まで他の車が入り込み通過するのは現実的に困難である。

(c)よって事故前にバスの後を他の車が通過できた事実はない。

このような理屈で校長の証言を論破しない限りダメなはずです。検察は法廷での屁理屈で(a)を押し通すに成功したけども、しかし現在(a)は完全に成り立ちません証拠写真が確固となっておりますので、(b)を成立させなければならないわけです。そうなると現実的に校長の車の位置関係が重要!

補足
もっとも、バス正面が歩道内に収まってた時は、他の車両は普通に車道を通過しますよねw 何の問題もなく右車線側を通過してるでしょう。運悪く白バイだけが時速10キロのバスに横あたりされちゃったということになりますか。

JP2 | URL | 2010年02月10日(Wed)23:18 [EDIT]


こんばんわ。

なぜ高知県警は「バスが動いていた」と、こだわるのか。

止まっていても動いていても片岡さんの罪は変わらないというなら、なぜそこまで「バスが動いていた」ことにしたいのか。

やはり停車中のバスに白バイがつっこんだのは、過失が相当大きいのでは。

そんな思いがずっと消えません。

鉄馬 | URL | 2010年02月10日(Wed)23:26 [EDIT]


 関連記事掲載しました

 http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-256.html

lm737 | URL | 2010年02月11日(Thu)00:02 [EDIT]


JP2 様
そうですね・・・と私も思っていましたが、昨日LM737様が関連記事をUPしてくださり、それを読ませていただいて、検察は独自に起訴するための捜査をしたのではなく、県警の指図で動いているのではないかと思いました。

どっちみちこれらの事実を総合すれば、まともな人間ならどちらが嘘かわかるはずで、当然再審で無罪になるのが当たり前でないといけませんが、さてどう出るのでしょうね。

kochiudon | URL | 2010年02月11日(Thu)00:55 [EDIT]


鉄馬 様
高知県警が隠したいのは「公道での違法な高速走行訓練の指示と実施の事実」
そのためには悪に手を染め県民を陥れてもでも手段は選ばないということです。(もはや公僕じゃない)
通常なら白バイ90:10バスの過失割合になるでしょうか?それを0:100としたのですから無理も無理、あちこちに矛盾が生じたんですよね。

サルでもわかる捏造や嘘の数々、都合が悪ければ無視して逃げを決める。
しかしそれは国民の目には 滑稽にしか映りません。

kochiudon | URL | 2010年02月11日(Thu)01:04 [EDIT]


lm737 様
公判のやりとりと傍聴記録、そして証拠提出のタイミングなど合わせて考えてみると、これは非常に重要な事であることがわかります。
貴重な情報に感謝致します。

*こちらを読まれた方、是非ともLM737様の記事を合わせてお読みになってください。
 

kochiudon | URL | 2010年02月11日(Thu)01:08 [EDIT]


2010/02/10

高知白バイ衝突死⑳ 間もなく出所 家族の思いは・・・

動画  02/10に放送されています。

http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7

直接最新版 
高知白バイ衝突死⑳ 間もなく出所 家族の思いは・・・
を見るアドレス

http://www.ksb.co.jp/newsweb/meta/ko10021001.asx

jbh | URL | 2010年02月11日(Thu)20:06 [EDIT]


jbh 様
情報ありがとうございました。
 

kochiudon | URL | 2010年02月11日(Thu)20:31 [EDIT]


※ほんの一瞬ですが動画を2:06で止めて運転席の窓を見てください。
開いています。
そして
高知白バイ事件=片岡晴彦収監中のブログの
下書き
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-248.html
の一枚目の写真が開いています。
運転席の窓は駐車場に入れるまで開いていたのではないでしょうか。

jbh | URL | 2010年02月11日(Thu)22:03 [EDIT]


国賠の記者会見の席でこの元校長先生も顔を出されました。校長先生の証言はバスの後ろを数台の自動車が通り抜けたということで、これについては事故の前なのか後なのかの議論はありえるとしても、検察の「1.9mしかないので通り抜けることはできない。」というのは明らかに間違っています。

jbh様。バスの運転席の窓が開いているのは、片岡さんが乗っていない時ですね。もし片岡さんが事故現場でバスに乗っている時に窓を開けていたら、少なくともさっか痕は見えていたはずなので、警察の事故形態の捏造に気がついていたはずですよね。
警察も、窓を開けて指差しさせていれば、被疑者は擦過痕の存在を知っていたはずといえますよね。つまり、片岡さんがバスに乗っていたときに窓を開けなかったことは、警察側の不可解な捜査といえると思いますね。

警察の調書に片岡氏の未憶えのないニセ供述とサインのものがあります。これを徹底的に追求すれば、高知警察の調書捏造が暴露され、攻勢に転じることができると思います。

esper | URL | 2010年02月12日(Fri)10:24 [EDIT]


土佐藩斬り込み隊

 私の先祖は、戊辰戦争で、切り込み隊士として参戦したらしい。
 要は、それが一番でしょう。

 今からは、寒い日・生ぬるい日・暑い日が交互にやってくる季節になります。必要以上に外気に注意して、必ず「首」を取ってください。

斬馬 | URL | 2010年02月12日(Fri)10:24 [EDIT]


jbh 様
時系列をたどると、生徒が避難した直後の一枚には運転席に片岡氏が見えず、次の写真には片岡氏が運転席で足元に手を伸ばしている写真があります。それから後で運転席にいる写真を何枚も撮られたという構図になっており、最後の方に運転手が窓を開けて外の警官と話をしている写真になります。この窓開け写真が片岡氏かどうか判別不明ですが、その後片岡氏は逮捕連行され、バス運転席の窓は向かい側の駐車場までずっと開いたまま移動されたものと推測します。
 
*文中説明に非公開の写真の状況が出てきているかもしれませんが御了承ください。

kochiudon | URL | 2010年02月12日(Fri)11:09 [EDIT]


esper 様
>もし片岡さんが事故現場でバスに乗っている時に窓を開けていたら、少なくともさっか痕は見えていたはずなので、警察の事故形態の捏造に気がついていたはずですよね。

この場面で運転手が片岡氏であるかどうか判別がつきにくいのですが、話し相手の警官は運転手の視界をブロックする位置にいますので痕跡は見えないようになってます。(意図的?)
そしてさらにもう1名が近くに立っています。(この警官はブロックにはなっていませんが。)
私の受けた印象としては白バイを撤去する寸前でバスをバックさせるために警察関係者が座っているように思えるのです。(あくまで印象)
服の模様も似ているようにしていますがシルエットがどうも片岡氏と違うように感じるのです。
 

kochiudon | URL | 2010年02月12日(Fri)11:25 [EDIT]


斬馬 様
私自身は支援団体でもなく何ら力はありませんので、片岡さんや支援団体が再審請求や今後の動きをBlogその他の協力で応援するぐらいのことしかできませんが、間違っていると思うことはズバリ書きたい、発言したいと思っています。
斬馬様におかれましても今後ともアドバイス等よろしくお願い致します。
  

kochiudon | URL | 2010年02月12日(Fri)11:31 [EDIT]


いつもキレのある視点での記事、感心して読ませていただいています。

さて、
http://i2meneo.blog10.fc2.com/blog-entry-163.html

の図面ですが、基図にさらに手を入れてみましたので、ご覧いただければと思います。

こちらです↓
http://hachiman-kumori.blog.so-net.ne.jp/2010-02-12

あびすけ2号 | URL | 2010年02月12日(Fri)16:41 [EDIT]


校長先生は自分の車で土佐署へ行たようなので、時系列を作って見ました。
12月12日に事故現場から土佐署までの時間を計った。
通過時間であるが
事故現場通過12:28:50 土佐署通過12:40:20
差額時間11:30
であるが、事故当時より道路は改善されている。
通過時間であるので、これに乗り降りの時間、調室までの時間等を加味すると約15分、往復で約30分というところであろうか。
そうすると
15:04 緊急逮捕 
15:05頃 事故現場発
(15:15頃 ちなみに校長等、自分の車で事故現場発)
15:20頃 土佐署取調室着 
(ちなみに校長等は15:30頃土佐署着)
16:00頃 片岡さんを乗せ土佐署発事故現場へ
16:15 事故現場着
すると土佐署の滞在時間は約40分ということになる。
その間
土佐署では片岡氏を署の一室で一人待機させた。再び現場に連れ戻されるまで何も聞かれなかった。

※つまり片岡さんがバスに乗っている写真に校長先生の車がないのなら、おかしいことになる。片岡さんより先に土佐署に行たことになる。
私は校長先生の車はどんな車かしらないので、支援者等は確認してもらいたい。
警察も校長先生の車は盲点だろう。

jbh | URL | 2010年02月12日(Fri)16:54 [EDIT]


あびすけ2号 様
さすがです。内輪差までキチンと書かれているし驚きました。
この図面により普通車なら余裕で通れることが強調されました。
 

kochiudon | URL | 2010年02月13日(Sat)20:30 [EDIT]


jbh 様

>片岡さんがバスに乗っている写真に校長先生の車がないのなら、おかしいことになる。

そうですね、おそらくおっしゃる通りだと思うので運転手が居る写真に校長先生の車がないといけないですね。
ゆっくり見てみます。

kochiudon | URL | 2010年02月13日(Sat)20:38 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年02月14日(Sun)01:21 [EDIT]


  あびすけ様

  日頃のご無沙汰失礼しています。
  
  また 面倒なお願いをすることがあるかもしれませんが、そのときはよろしくおねがいします

 校長の車の件

 あるはずの車が無かったり、いないはずの校長が証拠写真に写っていたりする。

 野次馬のつもりで合成したら校長だったのか>高知県警

lm737 | URL | 2010年02月14日(Sun)01:31 [EDIT]


LMさん

>あるはずの車が無かったり、いないはずの校長が証拠写真に写っていたりする。

片岡さんがバスに乗ってるとされる時間帯に、校長の車が本人が留めたはずの位置にない写真があるとなると、これは相当おかしいですね。校長自身が写ってる写真もあるということですね。興味深い。写真をパソコンでいじってるのは一般常識で判断して確実性かなり高いわけですし。ネガからの科学的な究明が必要です。

JP2 | URL | 2010年02月14日(Sun)15:58 [EDIT]


あびすけ2号さんのこちらの図面を利用して、検察主張であるところの事故直前のバスの停止位置に、図面上のバスを移動させてみました。
http://hachiman-kumori.blog.so-net.ne.jp/2009-07-23

その結果、その状態ではバス後輪は駐車場と歩道の境界線より駐車場内部に入ってることが分かりました。バス最後部はさらに駐車場内部となります。この位置にバスが停車している場合、校長の車はかなり駐車場内部に停車していたのでなければなりません。校長証言での、歩道付近で停車という事実は、検察見解上ではありえません。

JP2 | URL | 2010年02月15日(Mon)20:04 [EDIT]