高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

来年から本格的な対決!?

禁錮1年4ヶ月を言い渡され、高裁も最高裁も門前払いで現在服役中の片岡さん。
その刑も出所まであと2ヶ月を切りました。状況的には刑期短縮で仮釈放があってもよいのでは?と期待をしていましたが、国賠訴訟を起こしていることから仮釈放は認めない方向で目一杯刑務所に収監されているようです。
その間、全国で警察官が犯罪を犯しそして甘い処分を受けそのほとんどは依願退職という手で逃げています。ひき逃げをしても甘い処分、痴漢をしようが窃盗しようがすべてあま~~い処分ばかり。その一方では善良な市民が停止中にぶつけられても実刑の執行と納得のいかない話ですな。
060303-1.jpg

来年(2010年)2月下旬には晴れて片岡さんが出所してきます。これから後はもう何も恐れるものはありません。この先ずっと恐れて逃げ回るのは警察です。
当然のことながら真の犯罪者をあばくために一生かけてでも追い込みをかけるでしょう。異動しようが退職しようがその罪は消えません。果たしてそれだけの覚悟があってした事なのか哀れにも思いますがやったことは事実で仕方ないこと、事実が露見し県民の信頼を失おうが知ったことではありません。
それよりも犯罪者が善良な市民を逮捕したり裁いたりする仕組みこそがおかしいのです。

---------------------------------------
さて現在、片岡晴彦さんは刑務所にいますが、支援する会は高知白バイ事件の再審のために
署名活動中です。十万人(以上)の署名が必要と思われます。

皆さん、時速10キロメートルで2メートルのブレーキ痕の写真を主張する高知県警が
おかしいと思ったらぜひ署名をお願いします。

第三者を含む二十数名の証言が嘘だと言い張る裁判官に疑問を感じたらぜひとも署名を
お願いします。

目撃したとする白バイ隊員一名の証言は穴だらけで辻褄が合わないことが多くあります。
おかしいと思ったらぜひ署名をお願いします。

事故の翌日には綺麗サッパリと消えるバスのスリップ痕があるのか?おかしいと感じたら
ぜひとも署名をお願いします。

署名はこちらから→ 片岡さんを支援する会HP「再審請求への署名活動」
---------------------------------------
事故の概要をお知りになりたい方はこの本がお奨めです。
「あの時、バスは止まっていた」
200911030349578af.jpg  高知「白バイ衝突死」の闇
                           著者:山下洋平氏(KSB瀬戸内海放送記者)

   お近くの書店で発売中です。 特に 高知県民の皆さん!明日は我が身ですよ!!

 
 
     ↑   1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんわ。

高知県警は全面対決姿勢らしいので、小池明善裁判長、水を差す事は止めて欲しいですね。

鉄馬 | URL | 2009年12月29日(Tue)22:06 [EDIT]


鉄馬 様
そうですね、高知県警は全面対決すると言ってましたね。
もちろん仕掛けた原告(片岡)側もトコトンやるつもりですから
何ら問題はありません。
双方がやる気なのに裁判所が水を注せるはずがない。

ところが何がまずいのか裁判所が逃げ腰という不可思議な
事態?のようです。
まぁここまで騒がれ本まで出版されてはヘタに警察の肩を
持つのも大変なんでしょうね。ろくな反証がないわけだし
まともな裁判すれば被告の負けは見えているんで(大笑)
 
1月からじっくりと拝見しましょう。
 

kochiudon | URL | 2009年12月30日(Wed)00:08 [EDIT]


2007年12月13日 不可解な仁淀川町議会での執行部

この日の町議会では片岡さんからの「争いたい」という申し出に同調しなかった町執行部の対応を巡って紛糾した。

○藤崎富士登町長
町が民事裁判で民事裁判で事実関係を争わないということは、刑事裁判での検察側での検察側の主張を認めるとか、証言をしてもらった方々を無視するとかになるとは考えておりません。
○大野教育長
町長と事故現場を確認しようと思って、中央分離帯まで行きまして、現場はどこだろういうことで探しました。当時、バスのスリップ痕が問題になるという頭は全くありませんでしたが、スリップ痕の記憶は私にもありません。
○某議員
証言して下さった方々を大事にする意味でも、原因究明が必要ではないか。
○藤崎富士登町長
証言者の言われることを否定はいたしません。けれども、裁判の結果というのは、これが真実かどうかは別として重く受け取らなければならないということを申し上げるわけでございます。
○別の議員
不当な高裁判決に抗議すべきでは?
○事実は、片岡さんの言う通りだと思う。心情的には気の毒だが、町としては、争う立場にない。
○大野教育長
見たまま、ありのままの証言を取り上げなかった裁判に、私も非常にショックを受けました。けれども、裁判は裁判の結果であると。その認識でとらえるしかない。

こうして、被告の一方が事実関係を争い、もう一方は争わない、といういびつな形での民事裁判がスタートした。

※私見
「民事裁判で事実関係を争わない」「金額だけ争う」とは異常な感じがした。私の会社務めでも、裁判は何度もあったが、こんなことはなかった。
事実関係とは、この場合、訴状では「片岡さんが運転するバスが安全確認を怠って車道に進入し、白バイを跳ね飛ばした」となっている。
普通、事故があった場合、保険会社に連絡し、保険会社どうしで話し合い難しい事故でも保険会社からの裁判での「判例」を基に双方納得し、交通事故では裁判をしたことはなかった。
これでは、まるで、保険会社に強引に承諾させるために裁判をした感じがする。
2chで保険金○○と言われても仕方があるまい。

jbh | URL | 2009年12月30日(Wed)12:12 [EDIT]


jbh 様
いつもありがとうございます。
以前、町の説明会の傍聴に行ったことがありましたが、
本音と建前、色々な思いの入り交じった説明会だったと
いう感じで煮え切らない印象だったことを思い出しました。
 

kochiudon | URL | 2009年12月31日(Thu)20:00 [EDIT]


今年はお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

鉄馬 | URL | 2009年12月31日(Thu)21:59 [EDIT]


鉄馬 様
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2010年1月1日0時に更新します。
 

kochiudon | URL | 2009年12月31日(Thu)22:34 [EDIT]


今年はお世話になりました。

来年もよろしくです。

2010年1月1日0時に、また来ますv-14

i_2_me | URL | 2009年12月31日(Thu)23:57 [EDIT]


i_2_me 様
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
 

kochiudon | URL | 2010年01月01日(Fri)00:21 [EDIT]