高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

金高堂本店、残り2冊

「あの時、バスは止まっていた」 -高知「白バイ衝突死」の闇-

売れ行きは予想以上なのかも知れません。
昨日、27日金曜日に高知市帯屋町に行ってみたところ・・・・・・・・・・・・
091128-50.jpg
アーケード街で酒盛りの真っ最中!(爆)

さすが土佐の高知です。  いやいや、本題は違います。本屋さんの状況調査。

金高堂本店へ入ってみると・・・・・・・・・・・・・・・・http://www.kinkohdo.co.jp/
091128-51.jpg

                     残り2冊でした。

どこのどなたでしょう???
本の紹介をすると苦情の電話をしてくるお方が居るらしい。。。
もちろん非通知ですよね?そして公衆電話も駆使ですか?


ところが・・・・・・

普通の方なら気づかない、あるいは知らない「キーワード」を使ってるらしい。

どうも一般の方ではない内情をよ~く御存知の方のようです。
匿名でもバレバレですよ~~~!!!
 


余計な言葉(キーワード)を言わなきゃ バレなかったのにね・・・・

  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さすがガチンコジャーナリスト。
よくまとまった本ですよね。
裁判根底を通るものの考え方は単純明快であることを再確認しました。

地裁から最高裁までの裁判所のスタンスは、

「ちゃんとスリップ痕がある。
運転手が運転席に乗っている。
警察の証拠が捏造であるはずはないので、
その真偽など調べる必要は無い。
運転手有罪。」

ですねw

よって証拠が偽装だと証明されたら根本から全部崩壊。
まぁ一個でも偽装が確定すれば
それ以外も全部説明義務が発生しますので。
パソコン利用での顔の貼り付けとか(笑
その時司法はどうするか。

「警察が証拠を捏造するという前提はなかった。」

確実にこういう展開のはず。

というか、それ前提に判決出してるってことですよね。
おかしいと分ってるくせに、
これだけの決意で押してくる警察検察に
逆らって判決出しでもしたら
先行き諸々の事でどうなるか分らない。
さてどうすればいいか。

「こういう位置を確保しとけばどっちに転んでも
自分たちに責任はこない。」

とそういうことでしょう。
まさにくされ司法ですよね。

JP2 | URL | 2009年11月28日(Sat)22:43 [EDIT]


JP2 様

>一個でも偽装が確定すれば・・・

そうです、たとえば現存するものとして最近話題になった調書なんかバッチリでしょうね。
ヤバいと思い改めるなら、スリップ痕などは他の車がつけたところの上に、たまたまバスが乗ったのをバスのものと見間違えたとでも言い訳できたし、私はBlog上でもそれを勧めてあげたのに意地を通したことで二進も三進も行かなくなった高知県警他ですが、調書はうっかりミスでもなく被告がすり替えたとか他人のせいにも出来ない確信的犯罪なので言い訳は一切できません。すなわちこの調書の鑑定結果を裁判で認めたらすべてTHE END!
二審から今の国賠まで門前払いをしてきた、あるいはしようとしている理由はひとつ、「まともな裁判を開くと負ける」ことがわかっているから開きたくないのでしょう。
 
  

kochiudon | URL | 2009年11月29日(Sun)07:39 [EDIT]


愛媛白バイ事件

12月2日(水曜日)AM11:00~

愛媛県議会で阿部悦子議員が白バイ事件を取り上げてくださいます

質問内容の一部紹介・・・

県警に質問いたします。

この白バイ事件の経緯を見てみますと、県警のいくつもの不公平が明らかになっています

*当事者の少年には事故の捜査内容を非公開としながら、事故を起こした白バイ隊員には、逐一情報提供がなされて「供述書」が作成されています。
刑事訴訟法47条には、「捜査記録は公判前には開示しない」ことになっているはずです。にもかかわらず、白バイ隊員は捜査記録を見ています。

愛媛県議会の模様がライブ中継でご覧になれます。

http://www.pref.ehime.jp/gikai/frame/framelive.htm

http://blogs.yahoo.co.jp/toshikazu2355/30776764.html

jbh | URL | 2009年11月29日(Sun)16:18 [EDIT]


皆さん,こんばんは。

>本の紹介をすると苦情の電話をしてくるお方が居るらしい。。。

何処に対して苦情を言うんでしょうか?
山下さん? 出版社? 書店? 支援する会?
片岡さんの家族? 校長先生? 元生徒?
ネット支援者? 保冷所さん?(無いか・・・)

やはり何らかの事情を知っている方でしょうね。
この事件とは関係なくとも,○○の部分を知っている人とか。

ところで此処のBlogに,裁判所方面からの訪問はありますか?
もしあるとすれば,若手の所謂「かけだし裁判官」達なのかな。
(あくまで想像です)

taka_19682002 | URL | 2009年11月29日(Sun)20:37 [EDIT]


jbh 様
愛媛県警も高知県警も・・・・・・
こりゃ四国に未来はあるのか?とBlogタイトルを変更しないと・・・
 

kochiudon | URL | 2009年11月29日(Sun)21:51 [EDIT]


taka_19682002 様
今はどこそこに苦情が来たのかは明かしませんが、
電話した当の本人が一番おわかりでしょう。
当然ここも見に来ておいでですから。
 
だから次はあの言葉は使わないでしょう、
というか正体がバレたからには電話もやめるでしょうね。
もちろんマトモな神経があればですが・・・
 

kochiudon | URL | 2009年11月29日(Sun)22:06 [EDIT]


kochiudonさん

現場写真も調書も何一つ客観的な検証が成されていないというすばらしい事実がありますね。裁判所は「警察の主張は調べるまでもなく全て正しいからその必要は無い」というものの考え方ですからそうなってます。

と考えるべきところですが、「あの時、バスは止まっていた」を読むと、必ずしもそうとは言えないことが分ります。裁判所は証拠の客観的調査を自前で行ってると確実に判断できる箇所がありますね。

34ページ「裁判官の助け舟」です。

スリップ痕の状態の不可思議を弁護側から追求されて、検察側証人は客観的な説明が出来ず発言を躊躇してます。

「ゆっくりしたスピードで移動してきたバスが、そこで急ブレーキをかけたとして、今あなたが言われたような一メートルとかのスリップ痕がつくことはあり得るんでしょうかね」

弁護側のこの質問に対して、実況見分調書作成K警部補の証言は、

「今の御質問に答えるとすれば、私の個人的な意見を言うようになりますけども、そうなるとちょっと・・・」
「実際スリップ痕がついておりましたので、私は現場のそういう事実を客観的に記録して、実況見分調書を作成した、それ以外言えません」

であり、すなわち調書作成者でありながら「スリップ痕が着く客観状況については説明できない」と述べており、しかも「別途に個人的見解はある」と言ってるのです。

弁護側
「普通こんなスリップ痕はあるのか」
K警部補
「あまり見たことはありません」

普通に考えて、裁判官が客観事実を把握するためには、事故処理のプロであるこの証人が「個人意見を別途持っている」としてるのだから、それを述べさせるのが当たり前です。ところが裁判官は自ら「ぬれていた部分が乾いた」という事実断定を行いその時証人が意図していなかった見解を誘導しています。これは厳しい。あり得ない。

あり得ないけれども、裁判官がこの誘導を行ったということは、裁判所が独自に客観調査分析を既に行っていたという事実以外ないでしょう。そうでなければ、何の根拠もないのに裁判官が証人の発言を誘導し、以後の恣意的な裁判展開を導いたということ以外にはなりませんのです。

この裁判官の行為は裁判記録から削除されてるそうです。削除できるような内容ではないですよ。また高裁判決はこの箇所の「不手際」を修正してうまく逃げとおそうとしてるわけです。逃げられませんね。客観的出版物として記録が残ってますから。




JP2 | URL | 2009年11月30日(Mon)16:00 [EDIT]


JP2 様
まさに仰るとおり、そこは非常に重要なところですね。
私もこの展開を知り「裁判官も捏造に加担した犯罪者であることを確信した」部分でしたから。
公正な立場の裁判官の所業としては、ありえない(あってはならない)助け舟だったわけです。
これも記録にないからとシラを切るつもりなんでしょうかね?
そしてとことん毒を喰らわば皿までも・・・・一生国民を欺くつもりなのでしょうか?
 
 
 

kochiudon | URL | 2009年11月30日(Mon)16:12 [EDIT]


kochiudonさん
この事実は衝撃ですよね。端緒から真摯に事件を追っているジャーナリストの法廷記録ですから重いです。

ところで、もしこれが殺人事件であればこういうことですよね。

弁護側
「普通この状況でこのような不自然な血痕が出来ますか?」
鑑識官(証人)
「普通の殺傷事件ではあまりみたことがありません。個人意見はありますけども述べられません。」
裁判官
「被害者を移動させた時に流れた血液が乾いて濃くなったのでしょう。」
鑑識官(証人)
「そ、そ、そうです。」
裁判官(判決)
「被告有罪」

こんな裁判官がいると思いますかw いるんですね。

JP2 | URL | 2009年11月30日(Mon)16:36 [EDIT]


JP2 様
これから先はジャーナリストも嘘つきにしてしまわなければ
裁判官として尊厳を保てなくなりますね。
そして次々と嘘つきを増やしていって・・・・終いには国民の80%を
嘘つきと称してでもまだ居座るぐらいの覚悟ができているのでしょうか?
 

kochiudon | URL | 2009年11月30日(Mon)21:06 [EDIT]