高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

犯罪者の心理

高知:白バイとスクールバス衝突事故の被告・弁護人が、平成20年3月4日にスリップ痕を捏造した警察官を刑法第104条(証拠隠滅等)の容疑で高知地方検察庁に告訴し、受理されていたのですがその結果が出ました。

以下支援者さんのBlogより引用(支援者さんのBlogはこちらから
-----------------------------------------------------------------
本日 午前9時から15分間。片岡さんが県警を『証拠隠滅』で告訴していた事案の捜査報告が地検にて説明がありました。
 本来なら文書でだが今回は特別に口頭でも説明させていただくと地検の捜査官は言ったようです。
(「させていただく」?「してやる」の間違いじゃないかい。)

 片岡さんの提出した証拠では不十分で捜査ができない 

いやぁ おどろきました。
捜査報告が聞けると思っていたのですが捜査していないのですね。
今回の告訴は捜査以前の問題ということと地検は判断しました。
書類審査で不起訴と決定されました。

 ここも門前払いか!

-------------------------------------------------------------------
それについて私のコメント:
お疲れ様でした。予想通り・・・いや予想以前の問題(結果)でしたね。
ずいぶん引っ張っておきながら捜査ができるかできないかを決めるのに
こんなに時間がかかるのでしょうか?それなら受理するなと言いたい。
やはり時効を狙っての引き伸ばしということでしょう。汚いわ!

>本来なら文書でだが今回は特別に口頭でも説明させていただくと・・

これについては、実際に本人に会って顔色(様子)を見たいのだと思います。
まさかここまで抵抗するとは思ってなかった、そして後ろめたい立場にいる
検察としては気になって仕方ないのでしょう。
裁判で結果が出たと言っても世間がこれだけ騒ぎ、心理的に追い詰められているのは
どちらなのかハッキリしたわけです。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ちゅうか・・・・・・捜査ができるはずがないのです。
以前のBlogへも書きましたが、
・正当な理由がなく受理をしないわけにはいかない。
・受理すれば捜査をしなければならない。
・捜査をすれば実験等を行なうことが十分考えられる。
・実験をすれば真実が明らかになる。
・真実が明らかになれば警察としては非常にまずい。
・そうなると・・・・検察・裁判所などすべての威信が失墜する。
・そしてまだまだ関連したところへも余波があります。
それよりも田舎の弱いちっぽけな住民(注)に泣き寝入りしてもらったほうが組織も
自分らの老後も安泰・・・・             (注)=表現が汚くてすみません。

なんか「風が吹いたら桶屋が儲かる」式の話になってしまいましたが、今までこれだけ世間から疑念を持たれるようなことをやってきているだけに、今さらマトモな捜査をするはずもないと思っていましたから、やっぱりな・・・としか思いませんでしたけど、「門前払い」・・・その手できましたか。

>本来なら文書でだが今回は特別に口頭でも説明させていただく・・・

なぜ御親切に特別扱いしたのですか?
そんなことをする必要ないじゃないですか。
要するに「またBlogなどで騒がれたくない」からですか?「当事者の顔色を探りたかったのですか?」そんなことしなくとも尾行はお手のものでしょう?別件でも某議員→警察幹部に頼まれ交通事故被害者をわざわざ尾行するぐらいの県警ですから。おまぃらは御用聞きか?(笑)県税を個人の個人的な依頼のために使って動けるんなら俺らも納税者だ、雑用を頼んでもいいってことになる。(大笑)

まあまだまだ色々知ってるが余談はさておき、普段と違うことをすると余計に疑念を抱かせてるってことが、わからないんですかね?
習ってるはずなんですがね犯罪者の心理、それと同じなんですよ。
交通部長異例の会見もしかり、よほど気になって仕方ないのがよくわかりますけど、何もやましいことが無ければ堂々としてればいいものを
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する