高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高知白バイ事故の本、ついに出版!

今や有名Blogとなった 高知白バイ事件=片岡晴彦収監中 で高知白バイ事故の本発売のお知らせが載りました。


      高知白バイ事件が1冊の本になりました。

                     ついに出版!!
                   200911030349578af.jpg

ずっと事故の取材と特集を組んでくれているKSB瀬戸内海放送の山下さんの著作です。

  発売は11月16日 出版 ソフトバンククリエイティブ だそうです。

   クリック→  現在 アマゾンで先行予約受付中


内容紹介 (Amazon.co.jpより抜粋引用)
----------------------------------------------------------------
◎ジャーナリスト 大谷昭宏氏推薦
白バイは“黒バイ”か
地方局記者が執念で迫る

「これです」
被告の支援者が数枚の写真を取り出した。
路面には黒々とした二本の筋。
裁判で有罪の決め手となった、スクールバスの「ブレーキ痕」だ。

「このブレーキ痕は、警察が捏造した疑いがあります。これは冤罪ではありません。警察組織の犯罪です」

――二〇〇六年三月三日午後二時半頃、高知県旧春野町(現高知市)の国道五六号で、高知県警の白バイと遠足中のスクールバスが衝突し、白バイ隊員(二十六)が死亡。
バスの運転手、片岡晴彦さん(五十二)は現行犯逮捕された。
同年十二月には業務上過失致死罪で起訴され、翌二〇〇七年六月には禁固一年四カ月の実刑判決が高知地裁で下された。
その後、高松高裁、最高裁と判決は覆らず、二〇〇八年十月、片岡さんは獄中の人となった。

香川県と岡山県を放送エリアとする地方テレビ局「KSB瀬戸内海放送」。
同局の報道記者である著者のもとに突然、見知らぬ男性から電話が掛かってきた。
男性は、「この裁判は作られたものだ」と訴えた。
事件が発生した高知県のマスコミは、どこも耳を貸してくれない。
藁をもすがる思いで、かすかなつてを頼って県外の地方局の記者に連絡してきたのだ。

この一本の電話をきっかけに片道三時間半、著者の高知通いの日々が始まった。
法廷の場で結審されたとはいえ、不可解な点が多々ある高知「白バイ衝突死」事故。
本事件の闇を徹底的に追った渾身のルポルタージュ!

◎テレビ朝日『報道発 ドキュメンタリ宣言』の放送で大反響!
------------------------------------------------------------




■この本を読まれてオカシイと感じた方は再審請求署名に御協力をお願いします。
      こちら → 支援する会HP
カンパについても支援する会HPでのみ受け付けています。
                      注:他にはありませんので御注意を!

 
  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ザ・スクープ    検察庁の実体

布川事件38年目の真実~ダンボール9箱に隠された無実の証拠~

今から39年前、代用監獄につながれた桜井昌司さんは、捜査官に読まれないように暗号をまじえて、こんな獄中日記を書き残している。
「嘘を話せば命があり、真実を話せば死さえもある。戦争よりひでえや…」
ある日突然、身に覚えのない強盗殺人容疑で逮捕され、無期懲役の実刑判決が確定してしまった桜井さんと杉山卓男さん。自白は強要されたものだとして無実を訴え続けている。

再審開始という“開かずの扉”を開かせる鍵は、検察倉庫に眠っているダンボール9箱に
ある。事件から30年以上たって、検察が「見当たらない」としてきた “無実の証拠”がついに姿を現した。
そして、そこには真犯人の存在を示す証拠も検察によって隠され続けていたのである。

動画


http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/asx/scoop_060305-03_0300.asx

jbh | URL | 2009年11月06日(Fri)00:12 [EDIT]


動画見ました。これも酷い!
昔から検察は犯罪者だったんですね。
 

kochiudon | URL | 2009年11月06日(Fri)02:05 [EDIT]


「飯塚事件の死刑残念」と中井氏 昨年10月の執行に疑念

 中井洽国家公安委員長は5日、福岡県飯塚市で92年に女児2人が誘拐、殺害された「飯塚事件」で久間三千年元死刑囚=当時(70)=の刑が昨年10月に執行されたことに絡み、再審で事件が見直された可能性もあったとの考えを示し、執行を「残念」と述べた。国家公安委員長が執行された死刑に疑念を呈するのは異例。

 同日の国家公安委員会終了後の記者会見で、久間元死刑囚の遺族が「有罪証拠とされたDNA鑑定は誤り」として再審請求したことについて考えを聞かれ、答えた。「捜査や裁判の経緯を尋ねてみたい」とも話した。

 中井氏は、久間元死刑囚への執行が過去には避けられていた国会開会中だったと指摘。開会中の執行を回避していれば「(足利事件で無罪が確実になった)菅家(利和)さんの事件のような可能性もあったんじゃないか」と述べた。

http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110501000465.html

※国家公安委員会に何が起こったのか。

民主党が政権を取ってから国家公安委員会委員長が変わっている!!。

委員長
中井洽
なかい ひろし
昭和17.6.10(67歳) 平成21.9.16~ 拉致問題担当大臣(現)
法務大臣(平成6年)
民主党常任幹事会議長
民主党拉致問題対策本部長
民主党副代表
自由党副代表
衆議院議員(現) 三重県第1区 当選11回

*現職の民主党の国会議員がなっているのである。

http://www.npsc.go.jp/profile/index.html

jbh | URL | 2009年11月08日(Sun)06:10 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年11月10日(Tue)22:20 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

68位。あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇 。

アマゾンランク68位です。

謎の2メートルのブレーキ痕「高知白バイ事件」龍馬の土佐の高知で 2009年11月06日(Fri) 19:59


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。