高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

バスのスリップと誰が決めた?

今一度、証人尋問調書のスリップ痕に関する部分を整理をしてみましょう。

検察官は
①タイヤのところに黒い筋が見える。 (証人同意)
常識的に見てこれはスリップ痕(ブレーキ痕)であると思われる。 (証人同意)
だからバスはブレーキをかけた(=動いていた)と主張。 (証人は否定

では私達も常識的に考えてみましょう
①ここは日常的にバスと同じように車が横ぎる場所です。(同意でしょう)
②タイヤのところに黒い筋が見える。 (同意です)
③常識的に見てこれはスリップ痕(ブレーキ痕)であると思われる。 (同意です)
しかしバスがブレーキをかけてできたものか、あるいは他の車が横断中に
  つけていたブレーキ痕だったのかは調べないと判別できない
。 (これが常識なのです)

ではそのスリップ痕らしきものはバスのものかどうか?

バスのものではないと考えられる証言・証拠など。
①複数の証言によれば(元)被告の運転するバスは止まっていたと発言。
②左右のスリップ痕の間隔が位置により異なっており(逆ハの字)物理的に無理。
③検察主張の衝突地点とスリップ痕の位置に合理的な説得力がない。
④交通事故鑑定人が出した鑑定もバスのスリップ痕とは言えないという結果。

検察側主張のスリップ痕がバスのものであるという証言・証拠
①対向車線を走ってきていた白バイ隊員がバスが動いているのを目撃したとのこと。
②スリップ痕がバスの右タイヤ下から後方に延びているからバスのものである。

さてどちらが説得力あるでしょうね?

ブレーキ痕らしき黒い筋がもともとあったという可能性はないのか?
たとえば・・・・・・・それをつけたのは違う時に違う車だったのかも知れない。そうでないという証拠はどこにもないのである。
090913-50.jpg
そうでなくとも、ハの字型スリップ痕はオカシイわけで、更にタイヤ幅とスリップ痕の幅も違うのであるから、バスのものではないと考えるのが常識的ではないのか?そして状況証拠としても証人の証言、破損部品の散乱状況などからしてもこの停止していた地点が衝突地点であると考えるのが常識なのである。

タイヤの下にスリップ痕が見えているからサイズが違おうが関係ない。結果は捏造でも何でもこれが物的証拠であるとした検察と裁判官には呆れるね。

じゃあこういう状況だったらどうしたんだろう?
090913-52.jpg

①常識的に見てこれは何に見えますか?
  う・・・うん○ですか?
②タイヤの下にあるということは車がうん○をしたということになりませんか?
  ・・・・・・

ふざけているのではありませんよ。要するにタイヤの近くにあったものがスリップ痕じゃなくて、うん○だったらそれはバスのものだと断定できますか?ということです。
検察はこのスリップ痕が他の車がつけていたものではなく、その寸前までそういうものはなくて、このバスのものであるという証明を何ら行なってないまま、常識という名の憶測でしか判断していないということなのです。被告側はスリップ痕の長さや形その他の要素、そして証言まで含め、このバスがつけたものではないということを検証し実験もして主張していたのに、「被告はいわれのない憶測で罪から逃れようとしている。」などとほざいていましたね。それで裁判官は「反省の色がない。」と・・・。

果たして憶測で大事なことを蔑ろにしているのはどちらなんでしょうかね?
その言葉・・・・ここで、そっくりそのままお返ししておきましょう。

実験すれば嘘が露呈するからできない高知県警、国賠訴訟での言い訳は用意してる?
   
 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。

仙波さんの本にこう書いてました。

怪しい「証拠」- 高知白バイ事件

 私には、隠蔽・捏造の事実があったかどうかは分らない。だが、高知県警が初歩的なミスを犯していることは確かだといえる。それは県警が片岡さん立会いのもと、事故直後のブレーキ痕を証拠写真にとっていないことである。

 殺人事件でも交通事故でも、もっとも肝心なのは証拠の任意性を確保する事だ。わかりやすくいえば、あとで「証拠を偽造した」と言われないように、事件・事故直後の現場に被疑者を立たせ、血痕やブレーキ痕に向けて被疑者本人に指差しをさせたうえで、その写真を撮ることである。これは捜査のイロハの「」だ。

 いまはデジタルカメラで合成も可能だが、とにかくそうしておけば、裁判になったとき、警察側としては強気に出られる。ところが高知県警は、それをしていない。事故から何ヶ月もして、いきなり問題のブレーキ痕だけが移っている写真が警察側の証拠写真として出てきたというから腑に落ちない。

 警察官なら誰でも、ブレーキ痕など簡単に捏造できると知っている。

・・・

鉄馬 | URL | 2009年09月13日(Sun)10:19 [EDIT]


>③常識的に見てこれはスリップ痕(ブレーキ痕)であると思われる。 (同意です)

③-b しかし拡大写真を見ると凹部にまで水性液体が流れ込んでいることが判り、通常人はこれを油性のスリップ痕とするものは居ないだろう。(激しく同意です)

捏っちゃん | URL | 2009年09月13日(Sun)15:40 [EDIT]


鉄馬 様
そうですね。最初に現場に被疑者を立たせ、ブレーキ痕に向けて被疑者本人に指差しをさせたうえで、その写真を撮っていれば「捏造」という言葉は出てこず、バスのものか否かが焦点になっていたでしょうね。
大きな手落ち「捜査の不備」です。普通ならこの不備のぶんマイナスなのですが、この事故の相手が警察官だったというのが問題で、結果捜査や裁判に大きく影響を与えてしまいました。
 

kochiudon | URL | 2009年09月13日(Sun)20:44 [EDIT]


捏っちゃん 様
そうですそうです、この写真を第三者が事情を知らず見れば本物のスリップ痕なのかな?と思うのは仕方ないですが、拡大して窪みを見れば偽物であることが一目瞭然です。
間違いなく液体スリップ痕です!高知県警はこんなことは日常茶飯事でやってるんでしょうね。この事件の地裁公判中に現場から2kmぐらいのところでも高知県警の白バイは民間人の車と事故を起こしています。その時は白バイのスリップ痕を消すのに必死だったとのことです。目撃者がしっかり見ています。まさか裁判中に事故しちゃったんで県警のバカ隊員も上司に大目玉を喰らい困ったでしょうね。
これも高知新聞に出なかったっけ???
 
 

kochiudon | URL | 2009年09月13日(Sun)20:51 [EDIT]


もちろん 出てません

 出るわけが無い。というのも その公判中の白バイ事故の報告書さえないのですからねぇ・・事故はなかったこととして処理されているとしか考えられない。

lm737 | URL | 2009年09月13日(Sun)23:06 [EDIT]


lm737 様
やはり・・・そうでしたよね。
好き放題に事件を消したり変えたり、権力を自分のチカラと勘違いして信用がおけないクダラナイ組織に成り下がってしまったという愚の骨頂。先生先生とおだてられ付け上がる世間の常識や礼儀すらわからない先生方も同じ。
何とかに刃物、警察に拳銃、どうも根本から根性を叩き直さなければ、己の見っともない姿に気づかないでしょう。
議会で質問してくれた民主さん、話を聞いてくれた社民党首さんら新政権の踏ん張りに期待したいところですが・・・・。
 

kochiudon | URL | 2009年09月13日(Sun)23:35 [EDIT]


ちっょと宣伝になりますが、高野猛氏のTHE JORNALのよろんずというコーナーにわたしのコメントが掲載されました。誤字脱字もそのままですが。気が向きましたら、ぜひコメントを。

THE JORNAL トップ
http://www.the-journal.jp/

よろんずコーナー
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2009/09/post_15.html

鉄馬 | URL | 2009年09月13日(Sun)23:36 [EDIT]


仮定

③常識的に見てこれはスリップ痕(ブレーキ痕)であると思われる。 (同意です)

これは、ブレーキ痕を議論するに当たっての仮定です。
これがブレーキ痕と証明されたわけではない。
そう、「思われる」わけですよね。

その仮定の上に立って、
 10km/hで2mもできちゃった
 ハの字になっちゃった
 よりくっきりつくはずの後輪のブレーキ痕はない
 時間によって伸び縮みする
 不思議なおたまじゃくしの頭
 イロハのイの本人の確認がない
なんて素敵な話がてんこ盛り出てきたけど、

「そんなことはあるはずがないとはいえない可能性は、必ずしも否定できない」
という、お得意の論理(というより単なるレトリック)によってスルーし、

だからこの写真は証拠として信用(採用)できる。
(つまり仮定は正しかった)

これでどんな仮定も正しいと証明できる。

でもこれで本当に証明されたこととは、
 裁判なんてとても信用できるもんじゃない
ということだけなんですよね。

高知白バイ事件=
   白バイ自爆事故
  +警察の証拠捏造事件
  +裁判所警察言いなり事件

何だと改めて思います。

ひげおやじ | URL | 2009年09月14日(Mon)00:11 [EDIT]


鉄馬 様
PR活動?ありがとうございます。
私もコメントしてきました。

kochiudon | URL | 2009年09月14日(Mon)11:51 [EDIT]


ひげおやじ 様
もしタイヤのところに犬の糞があったら、高知では車の持ち主が逮捕される可能性大でしょう。駐車中もうっかり夜中に野良犬が来てしないよう柵をとりつけるなり対処が必要かと。

しかしどこかから警官が糞を持ってきて(あるいは自前で?)置く可能性もないとは言えないことも無きにしも非ずで否定できないとは言えないのが心配です。(意味わからんし)

kochiudon | URL | 2009年09月14日(Mon)11:57 [EDIT]


こんばんわ。

コメントどうもありがとうございます。

あそこには工作員が来ないようですね。(そのうち来るのかな?)

鉄馬 | URL | 2009年09月16日(Wed)00:07 [EDIT]


鉄馬 様
おかげさまで日頃200前後のアクセス数が、その日は521も
ありました。
それをきっかけに考えてくださる方が増えたと思います。
ありがとうございます。
 

kochiudon | URL | 2009年09月16日(Wed)07:00 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

逆らった裁判官は冷や飯。

天木直人のブログ 2008年05月03日  福島重雄元裁判長ふたたび  私は5月1日のブログで、長沼ナイキ基地訴訟で違憲判決を下した当時の福島重雄札幌地裁裁判長が、朝日新聞に投稿した事について書いた。  今度は、その福島裁判長をインタビューした記事が、5...

謎の2メートルのブレーキ痕「高知白バイ事件」龍馬の土佐の高知で 2009年09月15日(Tue) 23:50