高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スリップ痕の苦しい言い訳

2008年9月、全国からの批判・苦情に耐えかねて高知県警が行なった、ワケワカメな
異例の記者会見 がありましたよね。あれって県警の苦肉の策だったのか?
火に油を注いだようなもので大失敗でしたね。

そんな会見を高知新聞は、こんなにかいている。(下図の紙面:クリックで拡大)
090820-53.jpg

被告側は時速10km程度のあの状況で1m余りのスリップ痕はつかないと、実験を行なって反論しているのに対して、当時のK交通部長(キッパリ否定しながら目が泳ぐ小心者さん)は・・・・
「実際のバスは白バイを巻き込み走行しており状況が違う」と反論。
              090820-52.jpg


それを言い換えると、バスが白バイを巻き込まない場合であれば被告側の実験のように長いスリップ痕はつかないことを認めているということでもある。

ただ今回は白バイを巻き込んだから・・・・これってどういう理由でスリップ痕が長くなるの?

考えてみた。
スリップ痕が長くなる要因として、この事故では白バイを巻き込む(別の会見ではからみあって・・・)ということが主な原因。すなわちバスのタイヤの接地圧が弱くなり制動距離が伸びたということになる?

ではなぜ接地圧が弱くなった?それは白バイとからみあった・・・・ということは少なからずバスが白バイに乗り上げた状態に近い状況となりバスのタイヤの接地摩擦力が低くなったということですよね。(だんだん県警の嘘につきあって書いてる自分がバカバカしくなっている・・・笑)

そして結果的にバスの重量の一部が横倒し状態の白バイに乗っているということです。
すると・・・・・白バイは自重だけでなくバスの重量も加算した重さが道路と摩擦していることになり、バスの横にある白バイの擦過痕どころじゃない深い傷がバスの重心範囲内についているはずです。 

ところが・・・・・・・(下図:青い線より下に深い擦過痕があるはず)
090820-51.jpg

バスの下には何ら擦過痕はありません!

それっておかしくないか?私の方程式によれば・・・・・
バスの一部自重+白バイの自重=バスの下に擦過痕 のはず。

なぜバスの重さがかかってない右横にL字型やバナナ型の擦過痕がクッキリとあるのに、バスと白バイの重みが重なったバスの下には何も擦過痕がないのだ?
(L字擦過痕が風によりボヤケてしまったのは今回スルーして突っ込みませんから大丈夫だよ)
さらに言えば、バスの左前輪スリップ痕は右側よりも長い・・・白バイを巻き込んでないタイヤのほうが長いのはオカシくないですか?バスの前半分全体が左右均等に白バイに自重をゆだねたとしか思えない左右の長いスリップ痕。しかし擦過痕はバスの重心の外側にしか存在しないって・・・・

さぁ、説明してもらおうじゃないですか。


苦し紛れに嘘を塗り重ね、ドツボに自ら嵌る高知県警・・・・ 実に見苦しい高知の恥!
  
 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

高知白バイ事件 事故現場交差点進入のポイント

進入道路を見てみると右側がカープになっている。その為、右道路から車両が走行していない時点になる時がある。その時が交差点進入のポイントである。
片岡さんの運転していたバスは道路前に停止して交差点進入を、待っていた。その時に女子学生が、バスの中の写真を前後二枚の撮っていることからして、いちべつ、して進入してないのは、明らかだ。
私は、この交差点の右折を実査しているが、右側から来る車両は見えてから約10秒で交差点に来る。
バスが右折地点の停止位置までに約5秒で到達する。
そのため、進入したら、前方と対向車線の車の流れを見ながら運転する。
対抗車線の車も見えてから約10秒で交差点を通過する。
対抗車線の車も見えても交差点進入は、何ら問題ない。右折が危険だと思えば止まればよいだけのことである。
対抗車線の車両が二車線目を譲ってくれれば、停止することもないが、ダラダラと走行され二車線目を譲ってくれなければ、停止しているしかない。
スクールバスも、そのような状態になり停止したものと思われる。約1分間停止していたようであるが、あくまでの感覚の約1分間であり実際は約30秒かも知れない。
ここの道路は走行しやすく、感覚で約60kmで走行していると思っても、メーターを見たら80kmであることは、たびたびである。特に危険を感じたことはない。


見えてから約10秒で交差点に来る・・・など数字を入れているが、実際の運転ではハンドルを握れば直感で危険性等を判断していることはドライバーの方なら判っていただけるものと思う。

動画

http://www.youtube.com/watch?v=env02mRZKKE

jbh | URL | 2009年08月20日(Thu)13:25 [EDIT]


お見事。
おっしゃるとおりですね。

高知新聞は県警の会見のみを記事にするとはどういう立場なのでしょうか。

片岡さんも乗員も怪我をしていないという物証を評価できないのか?
真後ろ直近で見ていた校長先生の証言を警察検察裁判所のように嘘吐き呼ばわりするとは。

せめて最低限、冤罪(犯罪)被害者の主張「実際のバスは止まっており、白バイを巻き込み走行することは不能だ」は併記するべきではないでしょうか。

捏っちゃん | URL | 2009年08月20日(Thu)19:15 [EDIT]


こんばんわ

最近よく見る論調の中に凹損の付き方の説明が出来ないというのを良く見る気がします。
その論調では白バイはほぼ垂直状態からバスの前面に当たったのだという推測であると思うのです。
そうすると、まあ話は以前にもあったので堂々巡りですが・・・
白バイのさっか痕の説明がつきませんよね?
バス前面と路面とで挟んで、サッカ痕が付かないという事の、事故状況の説明が何等なされていません。
取り合う必要もないのですが、どうでしょう?
この記事からもそれを読み取って頂きたいですね。

そもそも何の辻褄も合わないのでw

niyodojin | URL | 2009年08月20日(Thu)21:46 [EDIT]


jbh 様
普通これを見落として道路に進入できんでしょうね。
 

kochiudon | URL | 2009年08月20日(Thu)22:27 [EDIT]


捏っちゃん 様
記者を捉まえて聞いても、警官を捉まえて聞いても
「担当外じゃないから知らない見たことない」と逃げを
打つばかり。これも似たもの同士の体質ゆえかな?
こういう時だけは自分の意見も持たない機械らしい。
 

kochiudon | URL | 2009年08月20日(Thu)22:30 [EDIT]


niyodojin 様
こんばんわ。おっしゃるようにそもそも辻褄の合わない
嘘ばかりを継ぎ合わせた事故形態にしてしまったから
矛盾だらけボロだらけ。
こんな嘘ばかりの証人証拠を見てもマトモな裁きのできない
裁判官も結局グルでしかなかった。
国賠訴訟ではチットは公平な裁判をしてもらいたいもの。
しかし普通に考えたら、かなり警察側の嘘は露呈しており
これに加担する弁護士も半分嫌気がさしているのでは?と
思う今日この頃。
それでも金のために嘘を押し通すんでしょうかね?
誇りも正義感も捨て・・・。胸元の天秤が泣きますよ。
今のうちに辞退したほうがいいのでは?と思うのですが。
 

kochiudon | URL | 2009年08月20日(Thu)22:39 [EDIT]


こんばんわ。

仙波さんが言っています。

裁判官は非常に世間の目を意識します。

が、注目されない裁判ではテキトーに仕事するそうです。

世間の注目を集めるとテキトーなことはしにくくなるそうです。

・・・

というわけで、日本中の視線を国賠に集めましょう。

鉄馬 | URL | 2009年08月21日(Fri)00:36 [EDIT]


鉄馬 様
絶対にこの事件を風化させていはいけません。
今度の裁判官が常識あるまともな人であることを願います。

そういえば今朝も女警官を横に乗せて速度違反しながら
平然と走るパトカーを見ました。ネェちゃん乗せてるからって
いきがるんじゃねえ!そこ40km/hじゃろが?香美警察署よ。

kochiudon | URL | 2009年08月21日(Fri)08:53 [EDIT]


>バスの下にさっか痕がない・・

非常にいいところに気付かせてくださいました。

私も衝突の始まりから終わりまでの不明瞭さに大分悩まされているのですが、また一つ、ヒントが見つかったような気がします。

いずれにせよ、白バイの左側面の損傷状態からすれば、白バイはその大半が一度はバスの下にもぐりこまなければならないはずだと思っていますので、その場所(路面)が無傷というわけにも行かないはずですよね。

で、その時のさっか痕が現場に残された物だとすれば、バスの位置がスリップ痕の位置とはかみ合わない事になってしまいますよね。

いや・・ホント・・・おかしなことだらけで・・。

あびすけ2号 | URL | 2009年08月25日(Tue)02:44 [EDIT]


あびすけ2号 様
これだけの激しい衝突でバスの下に擦過痕が一切ないのはオカシイですよね。もちろん破片も一切無い。
しかも停止状態のバスと白バイの位置関係を見ても一緒に3m近く移動するにしては、白バイの重心がバスの進路より外にあるので無理。
白バイが途中から置いていかれフロントタイヤあたりにバスの右前輪が乗り上げるのが普通だと思います。
ほんとにオカシなことだらけ。

kochiudon | URL | 2009年08月25日(Tue)09:00 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対怪しい「市川隊員」の証言。市川隊員の速度目測は重大なあやまりか。その四(加筆)

・時速10キロメートルを目測するのは非常に困難? 高知県警の写真によりあった2メートルのブレーキ痕により、衝突地点は歩道から5.5メートルの地点。 速度を目測するには、二つの地点を通過する時間で測るのだろう。 百歩譲って、最低でもその距離は1...

謎の2メートルのブレーキ痕「高知白バイ事件」龍馬の土佐の高知で 2009年08月21日(Fri) 00:11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。