高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

擦過痕?いえ作家痕ですが何か?

もうネット上でも有名になった白バイの擦過痕らしき白い痕跡。
090729-50.jpg
バスと衝突して逆L字方向に方向転換している想定となっている。(一体のボディーでありながらかつ同じ時間軸で痕跡の形状がかなりバラバラなのはオカシなことですが)

そもそも擦過痕とは路面と車両などの双方が摩擦により削られたりして、それぞれお互いの痕跡がついたものであり、その時、硬いものは一方を削ったり形状に損傷を与えることが多い。(100%解説ではないが御容赦を)

この事故のケースではステンレスメッキの白バイのバンパーやマフラーなどが路面にその痕跡を残しているとされている。メッキ金属などはメッキ皮膜や金属が削れた粉、一方では路面の小石や舗装材などの粉砕粉などが混じることになる。
そして、バンパーも路面もお互いが削れているのが普通である。

白バイについている擦過痕はこんな感じらしい。(まだ他にもありますが省略)
090729-55.jpg

そして路面の状態は、一番上の写真である。・・・・・・・が、どうも違和感がある。

これを簡易に立体的に見えるように加工してみると下のようになった。
単に高いのか低いのかだけが区別できるので、わかりやすいかも知れません。
090729-51.jpg

不可思議なことに路面は一切削れていません。それどころか路面の低い所を埋めるように白いものが覆っています。(これがチョークと言われているものですね)
090729-52.jpg

他の部分の拡大でも同様です。
これを見て思い出しました。人間も擦過傷をうけると、最初は皮膚が削れますが何日かすると皮膚に瘡蓋(カサブタ)ができて逆に盛り上がります。まさにその状態なのでしょうか?(笑)
090729-53.jpg

そしてもしやこれはホンモノの擦過痕?と思えるところがありました。いかにも金属のサビっぽい色も混じっている部分です。
090729-54.jpg
しかし、これは違うようですね。
時間経過による酸化現象というようにも見えましたが、残念な事にここで擦過した方向は写真では向かって右から左方向ということになりますが、この酸化痕は左右方向への線状痕ではないようです。

そしてこれらを観察すると削れたのは白バイのみであり、路面は一切削れてないようです。なんと丈夫な路面なんでしょうね。あれだけ白バイが壊れたんですから白バイは勿論としても、
路面が一切削れていないというのはオカシイでしょう?
拡大して観察しても舗装に使われている小石すべてが削れていません。

まぁ、いくら何でもそりゃありえませんわ。
どう見てもチョークで描いたと見るほうが自然でしょう。   作家 痕ですな。
さすがに路面を意図的に傷つけるのは器物損壊?になるでしょうし、ためらった?
いやいや、それどころの犯罪じゃない重大な犯罪を謀略し行なっていたんだから思い切って路面も削るべきだったんですよ。その辺がケチで小心者だということでしょうけどね(藁々)

どっちみちココは衝突地点ではないということ、スリップ痕同様に跡形も残ってない。

オマケ:翌日事故現場に行って事故の痕跡を探した者は誰一人として擦過痕や
     スリップ痕らしき痕跡を見つけることはできなかったそうですよ。
     (その当時、バスのスリップ痕のことは誰も知らされていなかったが
      あれば絶対に見つけたでしょうね)

  
 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。

「バスは白バイを引きずってないので、本物の擦過痕はない」

ですね。

2メートルの偽タイヤ痕をなぞったチョークを無視し、チョーク痕(ニセ擦過痕)を採用するとは、まさにやりたい放題。

鉄馬 | URL | 2009年07月29日(Wed)12:40 [EDIT]


メジャーの上側に黒い影がずっとついています。普通に考えるとわずかな段差があり、その境目にメジャーを置いて、段差の影がメジャーにあたったような錯覚をしてしまいます。
メジャーのめもりの5の下に黒い丸が見えます。ぼこっと穴があいているように見えます。

実は、太陽が右下から照っています。上下さかさまに見てもらえますか?

メジャーの上の影はメジャー自身の影でした。
黒い丸は穴ではなく、その右下にある白い石ころの影でした。

ということで、私の分析はこちらです。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/keima_tokin/vwp?.dir=/82c8&.src=ph&.dnm=6579.jpg&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/keima_tokin/lst%3f%26.dir=/82c8%26.src=ph%26.view=t
コマーシャルしてしまいました。すみません。

esper | URL | 2009年07月29日(Wed)14:00 [EDIT]



これは わかりやすいです。

  国賠並びに再審請求資料に推薦しておきます

  

 lm737 | URL | 2009年07月30日(Thu)00:28 [EDIT]


「作家痕」

座布団にま~い!

しかしこの作家先生の創作能力、貧こ~ん!!

PPM | URL | 2009年07月30日(Thu)10:54 [EDIT]


鉄馬 様
支離滅裂な擦過痕、CGで重ねてもボディーの擦過部分と路面の痕と合致しないの笑えないですね。
あれだけステンレスが削れて路面は平気、ダイヤモンドでできているかも・・・・発掘しようかな。
 

kochiudon | URL | 2009年07月31日(Fri)01:25 [EDIT]


esper 様
遠近感の錯覚にさえ注意すればひっくり返すと見やすいですね。見慣れない方はそれもありですね。

kochiudon | URL | 2009年07月31日(Fri)01:27 [EDIT]


lm737 様
同様にスリップ痕もやってみると、凹部分もベットリとスリップ痕が塗られているのがわかるでしょうね。

kochiudon | URL | 2009年07月31日(Fri)01:30 [EDIT]


PPM 様
座布団5枚ためたら、JU○Tシ○テムズ捏造お絵かきセット進呈???
 

kochiudon | URL | 2009年07月31日(Fri)01:33 [EDIT]


警察と検察の癒着関係は許されるのか?

オンブズマン活動と高知県警報償費問題

 県警報償費問題の疑惑追及に、高知検察庁がどう関わったかの興味深い記事を見つけたのでお伝えします。レポートは、著書『権力犯罪』『日本の警察の正体』『警察幹部を逮捕せよ!-泥沼の裏金作り』で知られる大谷昭宏さんです。彼は、道新や高新の記者を取材し、裏金疑惑追及の成功の鍵を分析しています。県民として、高知検察庁と県警との癒着関係を見逃すことはできませんね。
 「高知新聞で孤軍奮闘しているのは、県警担当の若いキャップ、竹内誠記者。発覚したのは2003年の5月。県警捜査一課の捜査員9人が2002年4月から半年の間に計196万円を受け取り、捜査協力者27人に報償費を支払ったことになっていたが、実は当該の捜査員には1円も渡っていない。それどころか、この点は北海道警と一緒で、支払ったとされる協力者は実在していても、住所はでたらめ。電話帳から抜き取った名前に、別の人物の住所をくっつけたと見られるのだ。この不正支出を疑わせる内部文書と、当の捜査員の証言を元に、高知新聞は7月からキャンペーンを展開する。もちろん県警本部は高知新聞の報道を真っ向から否定。県議会の追及に対しても「出所不明の文書で作成意図がわからない」と突っぱねた。ただ、高知の事件で突起すべきは、市民オンブズマンの動きが鋭く、いち早くこの9人の捜査員を詐欺罪などで高知地検に告訴、地検もこれを受理したことである。ところが、そこでとんでもないことが起こっていた。2004年3月、高知地検は告訴に基づいて捜査員9人の一斉事情聴取を行った。金をもらった覚えのない捜査員がありのままを話すべく検察庁に出向くと、なんと検事の横に座っている検察事務官は自らの後輩である県警捜査一課の若手刑事。県警、地検の間で若手捜査員に検察事務官の実務研修を数日間させる制度があることに目をつけ、この日に研修をぶつけて事務官席に座らせたのだ。いくら猛者の刑事でも「私は金を見たこともない。幹部が使ったとしか思えない」と証言しようものなら、その若手を通じて幹部に筒抜けになる。ありのままなど話せるわけがなかったのである。見え透いた子供じみた、とからかわれようと警察権力はここまでやるのだ。さらに問題なのは、こんな傍若無人な権力の横暴は、私が竹内記者を取材するまで、朝日、毎日、読売といった全国紙からも、NHKからも全く伝わって来なかったことだ。高知にいるこれらのメディアの記者は入社3,4年の若手が多いと聞いた。志を持って入社したはずのそれらの記者は若くして、こんな事態に何の憤りも感じないのか。権力とはここまで傲岸不遜なものなのだ。だからこそ、ジャーナリストはその権力と真っ向から闘う気概を持ち続けて欲しい」
高知検察庁が白バイ事件の真相を封殺した経緯も同じ。悲しい現実!私の告訴、告発も同じ運命になるのでしょうか? 告訴係の土居さんは動揺しています。
 
参照:ジャーナリストの条件「職業としてのジャーナリスト」筑紫哲也編集 岩波書店

山下 安音 | URL | 2009年08月08日(Sat)15:47 [EDIT]


山下 安音 様
貴重な資料ありがとうございます。
癒着ですね、県警+検察、そして高知新聞やテレビ局なども・・・(仲良く呑み会やってるし・・え?嫌々つきあってる?)、またそれ以外のテレビ局などは見ざる言わざる聞かぬフリなんです。そういう話題には露骨に嫌な顔をされます(呆)
 

kochiudon | URL | 2009年08月10日(Mon)16:11 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。