高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

週刊女性 6月16日号「高知白バイ事故・捏造事件」

週刊女性 6月16日号に「高知白バイ事故」の記事が6ページにわたって掲載されました。
まだ御覧になってない方は、是非ともごらんください。
20090606-51.jpg

先日足利事件のニュースが大きく報じられたばかりの週刊女性発売であり、警察・検察・裁判所の実体を考えるには良いタイミングかと思います。

明日は我が身!

あなたも冤罪に巻き込まれず無事に一生を終えれるという保証はどこにもありません。
全国あちらこちらで起きている冤罪、これが現実の日本なのです。

高知白バイ事件再審請求署名活動中です。  詳細は→支援する会HP

 
     ↑   1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

死法

この社会、司法状況では近々、月刊シュウカンなんていう訳のわからん題名の本が出版されそうです。

ここでごく当ッたり前田のジョウシッキーを口にしている面々は、真っ先に収監される対象ですので、創刊号、今月の収監者に名を連ねる事になります。

罪状は、女性週刊誌購入、ブログに書いた、署名をした、風呂場で裸になった、敵意を持った視線で警察の建物を見た、警察官に異を唱えそうな顔をしている、等。

道交法だと、右折をしようと考えた、パトカーより大きな車に乗っている、警察車両の前を走った、司法警察員が目障りだと判断した車両に乗っていた、なにがなんでもお前は有罪である、等。


PPM | URL | 2009年06月07日(Sun)21:21 [EDIT]


PPM 様
なるほど、私もその本の創刊号の片隅に載りそうな気がしています。
御殿場事件のごとく何もしていなくとも突然逮捕、第三者のアリバイ証言など
全く聞く耳もたれずに効き目なし。
偶然に何百キロ離れた防犯カメラに写っていたとしても採用されず。
冗談じゃなく、すでにこんな世の中だということですね。
 

kochiudon | URL | 2009年06月07日(Sun)22:03 [EDIT]


一事が万事

kochiudonさまへ。

こんにちは。
いつも訳知りで端折ったことを書き込んでいるぱーふぇくとぱーちくりん問題児です。

>その本の創刊号の片隅に載りそうな気がしています。
これはまたご謙遜を、片隅ではなく特集大枠で(冗談)、なんて事にならないようにわたくし。
辛口なのはさておいて日常周囲には、気配りモノ配りのPPMと呼ばれております。
目論見は社会的影響力の維持のため、無駄かなと思いながらも、不利な証言が出ないように(はっはっ)。

>冗談じゃなく、すでにこんな世の中だということですね。
そうだと思います。
御殿場事件一例で冤罪事例のほぼすべてを言い尽くせます。
白バイ事件も然りです。

これらは冤罪被害者の問題でありますが、それ以上に、「わたしの問題」です。

犬のお巡りさんよ、老鼠を馬鹿にしよったら金玉食いちぎられるぜよ。

PPM | URL | 2009年06月08日(Mon)14:47 [EDIT]


PPM 様
なかなか脅かしてくださってありがとうございます(笑)
真実が真実として認められない世の中、明日は我が身かも知れません。
なにかあれば刺し違える覚悟がなければ自分の主張はできないと思っていますよ。

いまテレビで無実を訴える女性の番組をやってます。
検察官いわく「事件をほじくり返して警察や我々(検察)を敵に回すと・・・」
この渡りってフィクションドラマじゃないなと実感しています。しかし残念なことはドラマで真実をあばこうとしている一刑事がなかなか現実には居ないこと。ここだけはフィクションのようですね(苦笑)
 

kochiudon | URL | 2009年06月08日(Mon)20:40 [EDIT]