高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

もうひとつの裁判:高知白バイ衝突事件の民事裁判

高知:白バイとスクールバス衝突事故の民事裁判について、仁淀川町が被告側他に経過を説明するとのことで行ってまいりました。
080826-11.jpg
   (間もなく説明会が始まるところ、撮影は冒頭の部分しか許可されませんでした)

すでに刑事裁判では最高裁までもが不埒な判決を支持して実刑が確定しているので重い空気の中、メディアはテレビ朝日のカメラが見えていました。

恥ずかしながら民事については自分自身は保険屋がそれ相当の支払いをするのだろうし、さほど重要視してなくて興味がなかった(失礼)のですが、支援者さんのある方がとても関心を示しており何があるのだろう?と思っていました。しかしすべてを聞き終えて、何となくそのこだわった理由がわかったような気がしました。恐ろしく腐った巨悪組織の裏で繋がった糸が見えたような気がしましたが、ただ今後の活動のこともあり詳細は割愛させていただきます。

結果として町側と支援者側で確執があった部分も解け、今後は町と住民として助け合い協力をしていくというような感じの良い結果になったようで安心しました。

また最初、説明の前に支援者からKSB瀬戸内海放送のDVDで”2008/07/29 高知白バイ衝突死⑨ ”隠された”生徒の調書”を見て欲しいとのことで町側の方々に見てもらったのですが、私は意地悪く観察をしていました。

DVDが始まりしばらくは、画面を見ている人が少なく 「え?この人達・・・」と思ったのですが、当時バスに乗っていた学生の発言部分になると全員が画面を食い入るように見つめ聞いていました。
やはり皆さんのほとんどが子供を持つ身ですから、子供さんの心情については気がかりだったのでしょう。この光景を見てちょっと一安心。。。
職の立場は公的で歯がゆい発言しかできないのでしょうが、個人としてはやはり人情を持つ一人の人でほっとしました。
 最後のほうで学生のお母さん達が、町側の方々はどう思ってるのかと尋ねられましたが、公式の場であっても地元の人達ばかり(私を除くけど)、個人的な意見として断ってでもホンネを話してくださればお母さん達も少しは救われる気持ちになったかと思います。子供だけじゃない、その子供たちを案じているお母さん方も子供たちと同じように心に傷を負ってるのです。誰かそれをわかってあげて欲しかったな。

最後に、片岡さんは残して行く奥様のことを大変心配されていました。
今回の刑事裁判では大変不本意で納得のいかない結果ですが、ある意味一つの区切りが訪れたことで、今後は町も何ら遠慮することなく住民のことを考えてあげられるようになったはずですから、無実の罪で留守にする片岡さんの御家族のことを気遣い助けてあげてください。
どうぞよろしくお願いします。

冤罪については絶対に風化させません!必ず天罰が下ります!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する