高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高知地方検察庁に問う (前半)

最近の出来事をちょっとおさらいしてみましょう。
-------------------------------------
議 決 の 趣旨 
 本件不起訴処分は不当である。
検察審査会の判断
  本件不起訴記録及び審査申立書を精査し。慎重に審査した結果は次のとおりである。
(1)検察官は、衝突現場の写真撮影報告書及び実況見分調書添付の写真及びネガフィルムを
   鑑定、分析するなどの捜査を行う必要があると思われる。
(2)検察官は、衝突現場にはバス車内の同乗者のほか野次馬等もいる中、ねつ造しうる状況
   ではなかった、という先入観を基に捜査の結論に導いているのではないか
(3)バスの同乗者などの供述も参考にする必要があると思われる。
(4)申立人が実施した走行実験による鑑定結果に対して、検察官は別の専門家による検証を
   踏まえ、反論を行う必要があるのではないか。
(5)被疑者を特定するための捜査を行った形跡が認められない。

 以上の様に、当検察審査会が指摘した事項は、検察官において、改めて検討したとしても、新事実の発見やその証明がなされるかどうか、期待されるところは少ないかもしれない。しかしながら、それでもなお捜査が尽くされていないという感を完全に拭い去ることはできず、検察官の判断は市民の感覚として納得できない。
以上の点から、検察官の再考を求めるため、上記趣旨のとおり議決する
  平成21年1月28日                  高知検察審査会  印
-------------------------------------
この議決に対して高知地方検察庁は・・・・・
20090208-51.jpg

そして平成21年2月23日報道・・・結果は、 不起訴(嫌疑なし)

公言した通り、議決を踏まえて捜査をしたの?・・・・・

1.写真及びネガフィルムを鑑定、分析した様子は無い。
2.(不明)
3.同乗者などに再度事情聴取等を行なうなどのことを行なった様子は無い。
4.走行実験などを行なった様子は無い。
5.(不明)

どう考えても 何ひとつ議決を踏まえた様子は無い。 のです。

ところが何を思ったのか蛇足コメントとして、
「スリップ痕はバスが急ブレーキを踏んでできたもので、
                 偽造を認める証拠はない。」


ということは、4に該当する実験を行なったのかも知れません。
まさか2で指摘されてる先入観で発言していませんよね?

とにかく警察でもない裁判所でもない検察が「バスのスリップ痕だ」と断言したわけです。

ではバスのスリップ痕であるという証拠があるのでしょうか?
数々の問題点を抱えたスリップ痕、私の示す疑問にすべて答えられるはずですよね?

                                    (次回後半へ続く)

 

     ↑   1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

稀代のと伝統の「※▼」(カタカナ2文字か漢字2文字。ア行で始まってもよし)

>別の専門家による検証を踏まえ、反論を行う必要があるのではないか。

これはですね、空ぶかしに来る人達と一緒で、文章の意味が理解できないのかもしれません。

「偽造を認める証拠はない」と念仏を唱えてれば、別の専門家に検証を頼まなくても、検証を元に反論しなくても、誠意をもって仕事したと、自己満足してます。

検察審査会に出向き「市民の感覚で理解していただけましたか?」と評価してもらわなと。そこまで知恵が回らない。

いろいろ計算ずくでやってるのかもと思ってましたが、ただ、ひたすら「※▼」というのが判ってきてしまいました。

世界の白バイ組み | URL | 2009年03月02日(Mon)01:08 [EDIT]


世界の白バイ組み 様
う~ん・・・・そういうことなら※▼でもわかるスリップ痕講座
「ココが変だよスリップ痕」をやらなければなりませんね~。

kochiudon | URL | 2009年03月02日(Mon)09:32 [EDIT]


>スリップ痕はバスが急ブレーキを踏んでできたもので、偽造を認める証拠はない。

しかし、検察も写真しか見てないわけでしょう?その写真もオリジナルではないネガから焼かれたものという疑惑もあります。警察の取調べは被疑者にスリップ痕をその場で確認させていませんね。
そうやって幾度も蓋をしなおしたつもりでも、この疑惑への追求の勢力はおさまりませんよ。

esper | URL | 2009年03月02日(Mon)12:36 [EDIT]


esper 様
その通り! そもそも現場検証にはスリップ痕をみせてないという
「捜査の不備」があるのです。
通常でしたら、その不備により罪を問えない場合すらあるわけで、
さらに起訴内容と相反する証言も多いというのにも関わらず強引に
有罪へと持ち込んだこと自体がオカシイ所業なのです。

>この疑惑への追求の勢力はおさまりませんよ。

 同意、絶対に手を緩めません!
 

kochiudon | URL | 2009年03月02日(Mon)13:12 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

犯人

始まり A氏:今度通達文があったから訓練しよう。 B氏:危険な訓練ですねえ。どこでやりましょうか。 A氏:あそこがいいですね。 B氏:そうそう、あそこね。 A氏:では、Bみんなを取りまとめて訓練をたのむ。 B氏:了解しました。では、みんな、x月x日からあそこで訓練

人間を踏みにじる警察「高知白バイ事件」龍馬の土佐の高知で 2009年03月01日(Sun) 22:45


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。