高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

裁判所から取引を持ちかけられた?

御無沙汰しておりました当ブログですが、もちろんやめたわけではありません。
関係者にもコンタクトを取ってないまま動静をずっと見ておりました。そういう意味では本日ここに書く内容は一般の庶民であるひとりの者が感じた純粋な印象であると言えましょう。

さて、去年暮れから裁判官が興味深い取引ともとれる提案をしてきているようですね?
今さら何で?と色々と疑ってしまいますが、拾った情報から主旨を考えてみると・・・

車道入口を③、第二車線(原審で衝突が起きたとされた位置)を④、最終的にバスが止まっていた位置を⑤として書いていきます。(操作捜査資料より)

140303-51.jpg

「原審(片岡さん有罪で禁錮1年4ヵ月)」
③から右をよく確認せず道路に出て④で白バイと衝突し、
スリップ痕をつけながら⑤までバスが白バイを引きずるように動いた。

「片岡さん側の主張」
③で右を確認し出て⑤で停止し左からの車をやり過ごしている時に白バイが衝突、
スリップ痕がつくはずがない。

「今回の裁判所提案」
③から出て④で停止中に白バイが衝突し、その影響で⑤まで
スリップ痕をつけながらバスが(白バイとともに)動いた。


おやおや?④でバスが停止していることを認めると?
そうなると、バスは無過失とか無罪になるかも知れませんね。解釈のしようで優先道路を塞ぎ往来妨害をしたとも言えないわけではないですが、これは右折を前提として優先道路がクリアであることを確認の上で道路に進入した訳で有って、誰もがそうすることであり往来を妨害をする目的で無かったことは明らかなので、仮に過失を問われたとしても禁錮1年4ヵ月なんてことは絶対に有り得んことな訳です。

しかし今になって何故?
警察の画像解析の権威でもある三宅教授の解析が影響したのか?(何としてでも証拠写真の真実味に疑念を持たれた三宅先生には公の場に出てほしくない、だから折衷点を見出して飴を差し出して"警察の捏造犯罪を隠したい" 。そしてネット上で延々騒がれるこの事件に終止符を打ちたいのではないか?
常識的な目さえあれば、この事件に関して警察の出した証拠や鑑定は完全に破たんしていることは誰にもわかっている、ただ最後の砦である司法がかろうじて皮1枚で喰いとめ警察の威信を繋ぎ止めている(つもり)、しかしもうそれも限界が来ていることは否めない。
だから今回の提案となったのでないかと思ってしまうわけである。

バス側には停止していた事を認め、過失がなかった(少なかった)ことにしてやる、その代りにスリップ痕は本物であり警察は証拠の捏造などは一切していないということにしたいということか?

そんな提案に対して片岡さん側は急な展開によく意図がわからず困惑されたようですね。
その後、ご丁寧にフローチャートまで作っていたという裁判官から説明を聞いたとのことですが、差し出された飴に手を延ばしそれを認めれば再審が開かれ無罪かそれに近い結果が出るかも知れない、しかしこれは事実と違うと突っぱねると再審の扉は開かれない可能性は大きい。
しかし事実でないことを事実と認めることは・・・・

そもそも今までの非公開の三者協議?というやつが30回以上って内容は裁判と変わらない。非公開のメリットは検察側の主張する破綻した辻褄の合わない証拠など恥を公然に晒さないで済むということだけでしょう。そして検察側だけが都合のいい部分だけをつまんで勝手にメディアを呼びつけて書かせる。アホらしくてやってられんわね。

この提案については、当初から取材をしてくださり特集を組んでくださっている高知県でないテレビ局の番組がありますので御覧ください。
またYouTubeでも見ることができます。



さてこの取引、片岡さんの過失をなかったことにし、その代わりスリップ痕は捏造でなく本物だとして欲しいということだと仮定して・・・・・

以前から私が何度も何度もしつこく書いていることなのですが・・・・・

これどう説明するのよ?

140303-52.jpg

スリップ痕の外側が202.76cm、中心が190.17cmなのでタイヤ1本の接地幅は
わずか12.59cmとなります。
ふつう軽四貨物車タイヤの狭いやつでも14.5cm前後あるんですよ、おかしくない?
バスのタイヤ痕にしては狭すぎませんか?空気をパンパンに入れてもならんでしょ?

バスがスリップしたとかいう以前に、あの 黒っぽい筋は

バスのタイヤとは無関係で合致しない!んです。

これは捏造もなく正確に測定した事実なんでしょう?       

まぁ所詮は田舎の仮想研でしかない?



  
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

PageTop