高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

「高知白バイ事件」真相究明の集い。

110828-51.jpg

傍聴してきました。

会場について出会う関係者さんに挨拶もそこそこに石川先生より「スライド装置のケーブルがない」とのことで、お使いでPC屋さんにパシリ(笑)
なんとかテレ朝報道特集の録画ビデオ視聴の時間内に買い物は間に合いました。

110828-50.jpg

その後には石川先生の事故鑑定報告があり、警察側の提示した証拠の瑕疵や矛盾点などの詳しい説明に初参加の傍聴者の方も状況がよく理解できたとのことでした。

その後、弁護団長の生田弁護士から話がありましたが、
片岡さんの過失として
・運転免許取消しの行政処分に異議申し立てをせずに受け入れたこと。
・初めて呼ばれた検察庁で(見覚えのないスリップ痕写真を見せられた時)
 指印を押してしまったこと。
・相手側からの賠償金請求の民事訴訟に反論してない(当時の弁護士と役場に任せた)こと。
などが指摘されました。

 人情味の厚い片岡さんの場合、事故で自分は過失がないけど相手が亡くなっているから免許取消しぐらいは仕方ないだろうと受け入れたことはよく理解できるし、指印を押さないと恫喝や脅迫めいた威嚇で家に返してもらえないことも日常茶飯事らしいが、それよりもあり得ないスリップ痕写真を見せられ気が動転してしまったのも仕方ないかも知れない、また民事賠償については弁護士もおり、仁淀川町名義のバスゆえ保険名義も町名義だから弁護士と仁淀川町に対応を任せてしかりと考えてのことだった。

しかし、世の中の仕組みはそんな人情では動いてないわけで、冷静でシビアな対応ができないと悪の罠に簡単にはめられるものだということを生田弁護士は語られました。

また、上記の片岡さんの3つの過失全部において自分の事故での過失をすべて受け入れている(ふうにみえる)ことから、刑事裁判になってから無罪だと主張しても裁判官の印象としては「無罪と主張するなら今までの3点においても反証すべきで、それをしてないのに今更自分は無罪だと主張してもオカシイでしょ?」と考えるのも当たり前だという厳しい内容もありました。

確かに改めて聞けば生田弁護士の言われた事もよくわかります。
片岡さんも頷きながら聞いておられました。

また最初の刑事裁判での弁護士の対応のまずさもいくつか話されました。
更にそれだけでなく裁判のあり方(公判が始まった後で出される検察側の資料や鑑定書を独断で採用することはあってはならないなど)の不審点なども説明がありました。

やはり不可解な裁判であったことは間違いないようです。

さらに生田弁護士より

<豆知識として>
(読まれている皆様は御存知の方も多いかとは思いますが、)法治国家であるゆえ相手に悪用されれば落とし込まれる。書面に署名などする時に疑問や違和感を感じた場合、誰かに相談するとか弁護士に相談するとか、いわゆるセカンドオピニオンを考慮するべきで、毅然と「待ってください」と告げその場で安易に署名をしないなど、自分を守るべきであるとのこと。


結びに、
・公務員はお上ではない、市民が使いこなすこと。
・裁判官に正しい判決をしてもらうには注意喚起をし、積極的に興味をひくこと。
・無罪は自然とはもらえない、必死になって勝ち取る努力がないと有罪にされると思え。
・すべてが自己責任(法律のシロートであることは考慮されない)
・無罪を書かざるを得ない裁判にすること(上記2番目と重なる)
などの要点をお話いただきました。

最後に質疑応答がありましたが、予定時間をオーバーするほど内容が濃い会でした。

ずっと白バイ特集を組んでくださってる瀬戸内海放送の山下さんらも参加してくださってました。
高知では香南市のケーブルテレビで瀬戸内海放送が視聴できるようですので、香南市の方は要チェックですよ。
 
    
<御注意>
この記事の一部または全部の引用は特定の許可をした方を除きお断わりしています。(窃盗と同様にみなします)
また引用許可をしている方、記事の一部引用(片岡さんの過失のみなど)は読まれる方に誤解を与える恐れがありますので当Blogを参照リンクにするなど注意してくださるようお願いします。

特に匿名巨大掲示板などに記事の一部を盗用し、自身の日頃の生活における不満の鬱憤晴らしや他人を誹謗中傷することで自身が偉くなったかのようなマスターベーション的発言などの滑稽な行為は世間の笑いものであることを自覚しましょう。

当Blogに関する反論は当Blogのコメント欄でのみお願いします。ただし出入り禁止とした方はもちろんお断わりします。
また私の権限でコメントを削除する場合もあります。 
  
  
    

PageTop