高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

怪文書で人を裁いていいの?

先日の続き。岡山県警倉敷署男性警部補が、交通事故の調書作成時に当事者の署名や指印を捏造(ねつぞう)した疑いについて岡山県警のコメントは・・・・

「調書の内容に捏造はなく、
         当事者の処分内容に影響はなかった」


いやいや、そうじゃないでしょ?もしかして公文書というものがおわかりでない?
こんな無知ばかりかよ、日本の警察レベルは・・・呆!

調書取られた本人が認めてないものは例え内容が現実と符合しても公的には意味のない
ただの怪文書ですよ。
署名も捺(指)印も他人の物?そりゃ公式書類としての体を成してない捏造物。
三文判じゃなく指紋印の必要な文書なら、尚更厳正な書類であることを意味している。

高知の白バイ事故の証人調書も署名筆跡も似せているが違うらしいし、
指紋も全く本人の物とは違うとか。さらに供述記載も本人に読み聞かせた
内容とは異なり捏造されている疑いが強い様子。

こんなんで裁判できますか? これで有罪と言われて納得できますか?
ここまでやればウッカリミスなどと言うものではないでしょう。
高知県警はこうまでして隠さなければならない何かがあったのだろうが、だからといって善良な一県民に罪を擦り付ける行為は絶対に許されるべきではない!

どちらが嘘をついている?刑務所に入るべきはどっち?

賢い国民の皆様はすでにおわかりでしょうけど、一番本人らが自覚していない。
嘘・隠蔽そして開き直り。国民からはとっくに愛想つかされてるのに。


来年にも行なわれる国賠訴訟裁判でジリジリと高知県警の実体を炙り出してくれるのを期待しています。もうここまで全国的に知れ渡った事件、さすがの高知地方裁判所もいい加減な裁判はできませんよ!
しかし公判開始までに準備の時間がかかるんやね。きっと困ってるんやろうね・・・・・

今年から裁判員制度も始まったものの、こういう実情じゃ正しい裁判は望めないのではないでしょうか?国民裁判員にも冤罪の加担をさせかねないのでは?はと危惧します。
そしてまずは取調べで恫喝したり髪を掴んだり蹴ったりと暴行傷害を平気でやるような警察の腐りきった体質を一掃することから始めるべきでしょうね。裁判員制度はそれからのこと・・・・・。
 
 
     ↑ 1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 

PageTop