高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

甲23号証が鍵を握る?

先日の「この写真を探しています」という記事の内容の続きです。

「スリップ痕とともに被告人運転車両に乗っていた生徒らが降車する様子」が写った写真が本当に存在するのか?

question23.jpg
          (本記事の内容とこの写真は直接の関係はありません)

高知地裁の判決の理由文にこういうくだりがある。

(2)スリップ痕の由来について
   本件の証拠、とりわけ、当初は弁護人が自ら請求し、後に検察官も請求した
   写真撮影報告書(甲23号証)を観察すれば、その中には、スリップ痕とともに
   被告人運転車両に乗っていた生徒らが降車する様子
や、スリップ痕とともに
   被告人が被告人運転席に乗車している様子などが撮影されている写真がある。

(3)路面擦過痕の由来について
   前記写真撮影報告書(甲23号証)の中には、路面擦過痕とともに被告人運転
   車両に乗っていた生徒らが車内にいる様子
や、路面擦過痕とともに被告人が
   被告人運転車両運転席に乗車している様子が撮影されている写真がある。
   そして、これらの写真が撮影されたのは前記のとおり本件事故の直後であり
   被告人が逮捕される前であることが明らかである。


だからスリップ痕や擦過痕は事故直後から存在していた=捏造ではないということを言っているのだが、私達はこの写真を見たことがない。

スリップ痕や擦過痕と一緒に写った生徒達の写真があったら検証してみたい。
(未公表の事も含め)私の知りえる範囲での時系列検証に大きな参考となるのは間違いない写真です。もしかしたらこれぞ合成の極みという興味深い答えが出るかも知れない・・・。

さらに・・・・高知県警自ら異例の会見と称する記者会見で「片岡被告がスリップ痕を指差した写真がある、裁判所から帰ってきたら見てもらえばいい。」と言った交通部長の言葉、まさか交通部長は忘れていませんよね?それっていつになったら見せてくれるのですか?



     ↑   1人でも多くの方の目に留まるようにBlogランキングへ登録しています。
          1日1回の応援クリックよろしくお願い致します。 m(_ _)m
 

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。