高知に未来はあるのか?

明日は我が身!ありえないスリップ痕:犯罪者に仕立てられ刑務所へ送られた人がいる。警察・検察・裁判所・報道らすべてがおかしい土佐の高知。 龍馬も泣きゆうぜよ・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昔からある姑息な白バイの取締り

もうかれこれ30数年前のことになる。(いったいお前は幾つや?)
国道55号線(通称:南国バイパス)の南国市大ソネから高知市介良へ続く直線でのこと。
当時はバイパスができる途中でこの道沿いは田んぼばかりの見通しの良いところだった。今でこそ店舗が多く立っているが、当時は一軒もなかった。
南国市から高知市へ自動二輪で走っていると吾岡山のふもとあたりで白バイに捕まってる原付を横目に、気をつけなければと指定制限速度50kmのところを55kmで真面目に走っていた。
(10%はメーター誤差範囲として事実上違反を問われることはまずないという根拠から。)

そして2km近く走ったとき、ふとバックミラーを見るとさっきの白バイがピタリと後ろにいるではないか!
え???1kmぐらい走って確認した時はなにもいなかった。なんで?どこにいた?いや、絶対に脇にも後ろにもいなかったはず、だってこの野原は隠れるところはどこにもないから、さっきの白バイ以外にいるはずがない。しかしなぜだ?????

数秒後、赤ランプが点灯。。。。 止まれ!!  止まった。。。なに?
「そこから制限速度40kmですよ、14kmオーバー。」わずか15m違反走行して捕まった。
(15m走行とキップに記載されてた、54km/hは秒速15m・・・わずか1秒の違反走行だ)

なんと不覚。。。。。なぜ白バイが後ろにいたのか考えてる数秒で、制限速度は50kmから40kmへ変わった地点へ達したのだ。達した途端に赤ランプだから速度認定方法にも疑問はあるが、それはさておく。(赤灯点等状態で○○m以上追尾しなくてはならない・・・などと細かいことは今更いいません)

地図を出して距離を測り計算してみた・・・・(計算というほど高度なものは不要だが)
見通しできる1km後ろには白バイはいなかった。そしてそれから1km走る間に追いつかれた。その間ずっと自分は時速55km(メーターを何度も見ていたので確実)
ということは自分は1kmを走る間に、白バイは2kmを走ったことになるので速度も2倍だから55×2=110km/h。
白バイは赤色灯もサイレンもなしに時速110kmで飛ばしてきたことになる出だしのロスと追いついた時の減速のロスを考えると最高速は140km/hぐらいは出していたのは容易に想像できる。
これって危険な運転とちゃうの?制限速度で走ってる二輪を2kmも時速100km以上の速度で追いかける必要性がどこにある?単に取り締まることが目的で、めったに通らない獲物として追いかけたんだろ?その適法性を説いてほしいものだ。
ただ・・・・・こちとら学校をサボって遊びに行く途中だったので反論もせず素直に青切符をいただいたが(笑)

今思えばどうやって追いついたか聞けばよかった~~~~。
やられたよ。交通機動隊 西森○ウ○ 30年以上経っても忘れてないよテメエの名前は。
それ以来、名前を見ないところをみるとたいした昇進もしてないのか?覗きでもやって懲戒免職になったのか?それとも俺の知らない偉い雲の上の人になったのか?

まあ要するにテメエの違反事実も一生俺は忘れないということだ。

交通部長さん、けっこう昔から高知県警の白バイは無茶なことやってますけど~~!
雨が降り出したのでサイレン鳴らして急いで帰った(国道32号線)とかね。
まだまだあるで~~~~~~~こういう記憶力はいいのよね。
 
20080719182052zas.jpg STOP冤罪!
 訴えもむなしく無実の片岡晴彦さんは不公平な裁判で禁錮1年4ヶ月が確定しました。

追記:某BBSで、この話は作り話だと発言している方がいるようですが、何の根拠も無い
    自分勝手な配慮のない発言であり記事に対する誹謗中傷でもあります。
    私は記事に虚偽を書く理由もなくその必要性もありません。
    それぞれをお読みになればどちらが正しいか否かおわかりになると思いますが、     
    責任の所在も無い虚言や誹謗するような書き込みは御遠慮いただきたいものです。
   

   

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。